最近のトラックバック

にほんブログ村

  • にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
  • にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ

2011年12月オイル

  • 201112_oil09
    オイルの夜のコース

2011年11月ランデブー・デ・ザミ

  • 07_20111106_cake
    休日に楽しんできたランチの写真です。

2010年03月フジハラビル

  • 09一階から二階への階段
    「モルグ街の白昼夢」を見たビルの写真

2010年02月菅原院天満宮

  • 15御産湯の井
    三月歌舞伎座の「菅原伝授手習鑑」の 成功とご無事をお願いに行きました。

2010年02月護王神社等

  • 11土御門内裏跡の碑
    京都散歩での護王神社の写真等

2010年02猫三昧

  • 13造形芸術大学の子
    20日に京都造形芸術大学の階段でモデルになってくれたニャンズ。 ひたすら猫三昧ですな。

2010年02月京都散歩

  • ラルゴのある小道
    雪が降ったり止んだりの京都散歩の写真です。

2010年01月京都文化博物館

  • 13文化会館金庫室
    京都の文化博物館に映画を見に行った時の写真

2010年01月京都ハリスト教会

  • 10鐘
    京都散歩で見つけた京都ハリスト教会の写真

2010年01月オピュームのランチ

  • 08_カフェムース
    オピュームのランチの写真です。 美味しかったです(^^♪

2010年01月国立劇場他

  • 12舞台の上のにらみ鯛
    初春の国立劇場と文楽劇場の写真です。

2009年11月彦根散策

  • 15ひこにゃんの石像
    昨年のクラブSOJAのイベントの時に 彦根をぶらぶらした時の写真です。

2009年07月神輿洗い

  • 16これでお終い
    神輿洗い(終)を偶然に拝見できたので、 暗い写真が多いけど雰囲気だけでも。

2009年07月二条大橋のニャンズ

  • お母さん猫3
    二条大橋のたもとで遊んでたニャンズ。 人懐こくて、遊んでくれたけど、痛かった(+_+) でも、すっごく可愛かったので許す(*^_^*)

2009年06月の上吉さん

  • お皿のアップ
    引っ下げまぐろに釣られて上吉さんでお食事。

2009年06月京都国立博物館

  • 28同じく床の風景
    京都国立博物館へバロックコンサートを聞きに行った時の写真。博物館と帰り道の散歩のときの写真も少し。

2009年06月オピュームで

  • 04オピュームの入口
    オピュームで開かれたリュートの演奏会の写真。 ご出演の井上さんも写ってますよ。

2009年06月銀座ミニ散歩

  • 10_大わらじ
    あまり天気がよくなかったのだけど、 少しばかりの散歩の写真。

2009年05月霊山寺バラ園

  • Rose09
    霊山寺で咲き誇っている薔薇たち。

2009年05月上池院

  • 10お庭の風景
    高野山・上池院ので昼食とお庭

2009年05月高野山

  • 特急「こうや」
    高野山散歩のメモ写真。 雨だったので、あまり良くないが致し方もなし。

2009年04月大阪倶楽部

  • 14大阪倶楽部
    テレマンの演奏会に行った時の 大阪倶楽部の様子を撮ってきた。 紳士の社交倶楽部だからね、 誰かに連れてきてもらわないと 普段は入れない。

2009年04月オードブルと楽しむ山崎

  • 16_デザート
    4月11日「オードブルと楽しむ山崎 2009"春”」のイベントの写真です。工場内も写してきました。

2009年03月造形する猫?

  • Cat07
     京都造形芸術大学の階段でであった猫たち。 可愛くて、大人しい猫(こ)たちでモデルしてくれた。

2009年02月中央公会堂

  • 04正面から入った所
    この写真はまんぼうショーを見に行った時の 中央公会堂の写真。何度みてもいい建物だ。 今回は内部の写真も載せている。

2009年春の花々

  • 八重山吹
    春の一日に見かけた花々 きれいな花を見ているだけで幸せ気分。 とてもお天気の良かった11日に、出かけて 撮ってきたけど、載せるのが遅くなった。

2009年02月中之島界隈

  • 10水晶橋
    まんぼうショーを中央公会堂に 見に行った時に写してきたもの。

2009年02月根来寺

  • 寒緋桜
    根来寺に行った時の写真です。 桜は五分咲きといったところ。 雨もよいだったのが残念

2009年01月蛸長と近辺

  • 団栗橋からの眺め
    初詣のお初天神の写真と 蛸長さんの写真を何枚か。 おでんが美味しそうに見えると 良いのだけれど。

2009年01月10日の散歩

  • 01浅草寺風景
    浅草公会堂の近所をぶらぶらした時の写真

2008年12月朽木の風景

  • 07安曇川駅
    なんと暮も押し詰まった30日に 温泉に入りに行ってきたよ。

2008年11月伏見稲荷大社と伏見桃山

  • 杉玉
    伏見稲荷t大社と、伏見桃山を訪れた 時の写真です。壱の峰まで行きましたよ。

2008年11月伏見稲荷で出会った猫達

  • 枯葉が寝床だって
    伏見のお稲荷さんに行った時に 出会った猫達。 いじめられないのでしょうね。 近づいても全然平気でした。

2008年11月光のルネッサンス2008

  • 19三井ビルのツリー
    光のルネッサンをふらふらと めぐって見た時の写真集

2008年11月大ビルのお稲荷様

  • 07壁面のランプ
    近所の大ビルのお稲荷さまとビルの写真

2008年11月一期一会の茶会

  • 芸妓さんの襟
    サントリーの一期一会のお茶会に参加した時の写真です。 お茶会の様子と、祇園閣の見学の様子を載せました 表紙は全然関係ないけど、きれいな実があったので。

2008年10月東京散歩

  • 東京タワー
    連休にぶらぶら歩きした時の写真

2008年05月10Wのクー君

  • カゴの隙間から
    10Wギャラリーでのクーの写真

2008年05月白州と食

  • 本日の献立
    白州蒸留所での「白州と食」というイベントに参加した時の オードブルの写真です。

2008年05月白州のイベント

  • 帰りの上諏訪駅内の足湯
    5月末に山梨の白州蒸留所を訪れたときの写真です。 参加したイベントの写真は「白州と食」に載せてます。

2008年04月サントリーと京料理

  • 替わりチーズ
    4月13日に参加した「サントリーと京料理」のお料理

2008年03月高台寺・夜咄の茶会

  • 香合
    三月八日に参加した高台寺の夜咄の茶会の写真

2008年03月食遊懐石 萬亀楼

  • 部屋の床の花
    食遊懐石の最後、三月のお店である「萬亀楼」さんでのお料理

2007年10月宇和島のうろつ記

  • 春雨亭を別の角度で
    宇和島を少しだけ散歩したときの写真です。

カテゴリー「読書」の35件の記事

狂言兄弟

 図書館で「狂言兄弟 千作・千之丞の87年」という本を借りてきた。お二人の晩年の狂言を何度か拝見して、すごいなぁ、狂言ってホントに面白いと思った。
 狂言の面白さをこのお二人から教えていただいた気がする。

 残念ながら千之丞さんが逝き、千作さんも後を追うようにして逝かれてしまった。劇場や能楽堂などでも、ロビーに出てこられて気軽にお話を伺うことが出来た。

 お二人の幼少時からの思い出や、舞台の事、お二人の性格の違いなどがインタビュー形式で書かれている。編集は宮辻政夫さん。この人は仁左衛門さんの「花のひと 孝夫から仁左衛門へ」なども出されている。

 内容については読んでもらうしかないが、茂山家の家族やお弟子さんたちとのことも書かれているし、狂言の好きな人なら、興味深く読める本だと思う。

 今も千五郎さんを当主として、家族やお弟子さんたちとともに上質の舞台を見ることが出来る。これからも結束して舞台を努めて行かれるのだろう。

 最近は舞台にはご無沙汰しているが、機会があればまた見に行きたいと思っている。

 表紙がいい感じでしょ。

Photo

図書館から借りた本

 前回は「ヴァチカン物語」を借りて読んだのが良かったので、とんぼの本シリーズの「ヴェネツィア物語」を借りてきた。

 あとは「絵で見る十字軍物語」と「ローマ亡き後の地中海世界」の上下巻。「ローマ亡き後の地中海世界」の上巻は読み終えたが、ちょっと消化不良を起こしてる状態。情けないなぁと思いつつ下巻に取り組んでいる。

 塩野さんの著作はほとんど読んだけど、さすがに内容までははっきりと覚えていないので、本文中に何々の本をと書かれていると、なんだっけとなってしまう。引っ越して一年近く経つけど本の荷ほどきは途中までで、すぐに手に取って読めないのも痛い。

 読み終わってから再読することになるかもしれない。読んでいて疲れた時に「絵で見る十字軍物語」を手に取ってみると、ちょうど疲れ休めになる。十字軍の話しはローマ亡き後の地中海世界」でも十字軍の記述は多いので絵で見ることが出来るとイメージが掴みやすい。

 「ベネツィア物語」は後回しになりそうだ。読書の力もいっぺんには戻らないだろうし、気長に読むことにしよう。

ヴァチカン物語

 図書館のページで塩野七生で検索して見つけた本「ヴァチカン物語」。

新潮社 とんぼの本シリーズ 斜字体は引用
20140531_2

塩野七生/著 石鍋真澄/著 ほか

「ヴァチカンを知らなければヨーロッパは理解できない」塩野七生

ここは世界最小の国家にして、歴代教皇と天才芸術家たちが築き上げた美の殿堂、そして比類なき祈りの空間。「キリスト教とは何か」を厳しく問う塩野七生氏の語りを皮切りに、二千年に及ぶ聖地の歴史ドラマを辿る。イタリア美術の権威によるサン・ピエトロ大聖堂とヴァチカン美術館の詳細ガイド、教皇庁の秘話を明かすコラムも多数収録。

 塩野さんが書いておられるし、ヴァチカンだし、写真が沢山だしと魅力満載なので早速借りてきて読んだ。面白くてあっという間に読んでしまった。

 塩野さんの書かれた「ヴァチカンで考える」はいつもの独特の切り口で、ちょっぴり皮肉ではある文章が語る内容に引き込まれる。長い間の勉強を通じて得た視線にゆとりを感じることが出来る。

 続いての石鍋さんのキリスト教史、サン・ピエトロ大聖堂や四大バジリカ、ヴァチカン美術館の案内も素晴らしい。写真を多用してできるだけその場の雰囲気を伝えようとしてらっしゃるのがよく解る。

 コラムは「藤崎 衛」という方が書かれていて、これまた面白い。タイトルを見ても「エクソシストは実在する!」なんて、ついつい引き込まれると思う。

 西洋史やキリスト教史に興味のある方はもちろん、宗教美術に興味のある方、きれいなものを見るのが好きな方も十分楽しめる内容の本だと思う。

 一度目はざっと通読したので、次は参照ページをちゃんと見て、解りにくいところは調べながら読んでみよう。

 難い本は読めなくなっていたのだけど、少しづつ読めるようになって来たかな。それも嬉しい。

 

福島第一原発事故後の動物たち

 福島第一原発20キロ圏内の記録というサブタイトルで残された動物たちの写真と文章でつづられた本を読んだ。

・のこされた動物たち
・待ちつづける動物たち

 どちらも太田康介著、飛鳥新社発行の本だ。

 被災地の動物を救う目的のボランティア団体があることや、20キロ圏内の家畜を殺処分するということは、TVや新聞で知ったのではない。SNSで知った。
 最近の大手報道陣は政府の顔色を窺うようなニュースしか報道していないと感じる今日この頃、SNSの情報発信は貴重だ。もちろん、ヒステリックに騒いでいるだけのものも沢山あるので、取捨選択は自分で行う必要はある。

 つい最近、これらの本の事をFBの友人から教わった。図書館にあったので、さっそく借り出して読んだ。

 写真を見ていると涙が出てきた。なんと可哀そうな目にあっているのだろう。胸が痛む。言葉ではうまく説明できないけど、さびしそうな表情や、不信感に満ちた警戒する眼、助けてと聞こえてきそうな表情が切ない。

 そして、「のこされた動物たち」ではまだ人間を信頼していた動物たちが、「待ちつづける動物たち」では人には近づくが、触れるところまでは来ない。餌を置いても、人がいる間は近づかないという事。2冊の間は7カ月ほどだ。
 ひたすら飼い主を待っていただろう犬や猫や家畜たち。繋がれていたために、餌を探しに行くことも出来ずに餓死した動物たち。

 ボランティアの方々の努力で救われた動物たちは運が良かった。定期的に給餌されている場所にいた動物たちもなんとか命をつないでいる。
 ここでも公的機関はほとんど何もしなかったようだ。人も大変な時に、ペットまで面倒を見られないとゆうことなのだろうか。
 人への配慮も十分とは言えない現状では、動物たちは放置されて当たり前なのだろうか。

 人の思いはそれぞれ違うのは当たり前だが、ペットも家畜も野良の動物も生きる権利はあるはずだ。

 もうすぐ3年が経過する。それでも復興は遅々として進まない。オリンピックに使う金額を復興に投入すれば、復興のスピードも速まるはずなのに。

Photo

Photo_2

 気が向いたらで良いので、読んでみて欲しいと思う。

キャット・ウォッチング

 図書館の検索で「岩合光昭」と入力したら出てきた本だ。キャット・ウォッチング1,2と出版されている。

 デズモンド・モリス
 岩合光昭=写真
 羽田節子=翻訳

 ・なぜ、猫はあなたを見ると仰向けに転がるのか?
 ・猫に超能力はあるか?

 この本は、可愛い猫の写真集ではないし、猫を飼うためのハウツー本でもない。

モリス氏は動物行動学の研究者で、猫の行動の意味というか、何故そういう行動をとるのかを分かりやすく解説してある。
 本のタイトルも、目次も猫のとる行動の一つを取り上げている。猫の歴史にも触れながら観察に拠った、なぜの答えが簡潔に記述してある。

 猫にはペットとしての猫と自由猫(のら猫)がいて、どちらに属すかで行動の意味も異なってくるのだそうだ。ペットとして飼われている猫は家のなかでは飼い主を代理親としているので、子猫のような行動をとる。しかし、一歩外にでると、大人猫として街を闊歩するのらしい。

 書き方が一つの行動に対しての何故ごとになっているのも読みやすい。目から鱗の内容も多くて、なるほどねと思いつつ楽しく読めた。猫好きな方は読んで見られると良い。

 猫嫌いな方も、一度読んでみてもらいたい。今まで嫌いだった行動の意味を知れば、大目に見てもらえるかもしれない。

 モリス氏の有名な著作に「裸のサル―動物学的人間像」があり、これもユニークな観点から書かれているらしい。面白そうなので、読んでみようかな。

 忘れちゃいけない、この本の写真は岩合さんの撮った写真が使われているので、猫の写真も楽しめるよ。

Photo
 この写真もとっても可愛い。

「利休にたずねよ」読了

 先日見に行った映画「利休にたずねよ」の原作を読み終わりました。

 この原作なら映画の方もああいう作り方にならざるを得ないですね。現在から過去へとエピソードを重ねていき、ラストはまた現在にもどる。

 エピソードは利休と誰かで積み重ねられていますが、映画では主に秀吉とのエピソードが主に取り上げられてます。

 ほとんどラストに近いところで取り上げられている、利休の若いころの出会いと別れが、利休のストイックさのだ大部分を占めているという発想から作られた作品なのだと思います。

 利休はいろんな本やドラマ、映画にと取り上げられていますが、この本は今までの視点と違う視点で描かれている気がします。これでもう一度映画を見に行ければいいのだけど、ちょっと無理そうで残念です。

 利休に興味のある方は一読してもいいかなと思える本でした。

利休にたずねよ 山本兼一著

Photo

続きを読む "「利休にたずねよ」読了" »

タイタニアを読みかけている。

 いつだったかTVアニメで「タイタニア」やっていて、何度か見ていた。原作を読んでみようかなと思いつつ、そのままになっていたのだが、図書館で借りてきて読み始めた。

 しかし、田中芳樹という作家は長編を書くのは良いのだが、スピードが遅いらしい。おまけに図書館だと最新刊はすぐには入らないし、結局は3巻まで読んで、続き待ちになってしまった。次に読むまで、ストーリーを覚えているかどうか怪しい。

 まあ、最終巻まで出てから全部を通して読んだ方がよさそうな気もする。しかし、ちょうど面白くなってきたところでちょん切れるのは、辛いものがあるなぁ。

 ちなみに、この人の本をあと2タイトル程借りているが、どれもこれも途中まで(笑)。

「京都の狂言師」

Kyotono 「京都の狂言師」 
茂山千作著
世界文化社

 2004年の出版の本で少し古いけれど、最近、狂言を見ることが多いし、茂山家のモンスター兄弟が凄いので、図書館で借りてきて読みました。

 この方の舞台はそんなには拝見してないけど、舞台にこの方がいるだけで雰囲気が変わる気がしますね。この前見た「寝音曲」なんてすごかったもの。

 次に拝見するのは、8月だけど楽しみにしてます。この本は当然、狂言のことも書かれているけど、千作さんの子供の頃のお話なども書かれているので、少し前の時代の京都の暮らしぶりなんかも、面白いです。

 このお家の人の本は結構ありますよね。千之丞さんの本とか、千三郎さんの本とか。みんな文章がうまいというか、面白く読めるので好きです。他にもまだあるから借りて読んでみようと思ってます。
 でも、こんなのせっせと読んでいたら、ますます狂言にはまりそうじゃわ。

住大夫「なほになほなほ」

 竹本住大夫さんの「なほになほなほ」を読み終えました。っていうか、3度目を読み終わったのだけどね(^^♪図書館から借りて、あまりに面白いので一気読みをして、あとはぼちぼちと読んでいたら、結局は三度も読んでいました。期限が来て次の予約の方がいるので、一旦は返却しないといけませぬ。

 全部、大阪弁で書かれていて、まるで住大夫さんのお話をその場で伺っているような錯覚におちいりますね。昔の大阪の風景が目に浮かぶような気がします。内容は読んで頂いた方がいいと思うので触れませんが、本当に楽しくて、読む甲斐がありますよぉ。

 他にもご本が出ているようなので、また図書館で探して読んでみようと思います。ますます文楽が好きになりそうだなぁと、ちと怖いような気もしますが・・

 四月の文楽公演も悩んでいたけど、日程をやりくりして見に行きたいと、うずうずしてきましたぁ。

カメ流 読了

 最近というか少し前から気になる役者さんとして「亀治郎」さんがいた。独特の雰囲気があって、女形でも立役でも不思議と似合っているなあと思って拝見していた。

 で、図書館から演劇関係のピックアップニュースで「カメ流」市川亀治郎著というのを見て、予約してたのだった。かなり待って借りることができた。

「カメ流」 市川亀治郎著 角川学芸出版

 写真(舞台と舞台以外とどちらも)が多い本なのであっという間に読めるな。内容は芸談とも言えないし、自伝というには若すぎるだろうしね。今までの自分を振り返らないという「亀治郎」さんの芸に対する考え方とか、影響を受けたこととか、これからこういう風にしたいとかの、いろいろなことが書かれている。ちょっと不思議な雰囲気の理由が少しだけわかったような気になる本であった。

 来月の松竹座の「花形歌舞伎」でまた拝見するのだが、どんな舞台を見せてくれるかが楽しみだ。