最近のトラックバック

にほんブログ村

  • にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
  • にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ

2011年12月オイル

  • 201112_oil09
    オイルの夜のコース

2011年11月ランデブー・デ・ザミ

  • 07_20111106_cake
    休日に楽しんできたランチの写真です。

2010年03月フジハラビル

  • 09一階から二階への階段
    「モルグ街の白昼夢」を見たビルの写真

2010年02月菅原院天満宮

  • 15御産湯の井
    三月歌舞伎座の「菅原伝授手習鑑」の 成功とご無事をお願いに行きました。

2010年02月護王神社等

  • 11土御門内裏跡の碑
    京都散歩での護王神社の写真等

2010年02猫三昧

  • 13造形芸術大学の子
    20日に京都造形芸術大学の階段でモデルになってくれたニャンズ。 ひたすら猫三昧ですな。

2010年02月京都散歩

  • ラルゴのある小道
    雪が降ったり止んだりの京都散歩の写真です。

2010年01月京都文化博物館

  • 13文化会館金庫室
    京都の文化博物館に映画を見に行った時の写真

2010年01月京都ハリスト教会

  • 10鐘
    京都散歩で見つけた京都ハリスト教会の写真

2010年01月オピュームのランチ

  • 08_カフェムース
    オピュームのランチの写真です。 美味しかったです(^^♪

2010年01月国立劇場他

  • 12舞台の上のにらみ鯛
    初春の国立劇場と文楽劇場の写真です。

2009年11月彦根散策

  • 15ひこにゃんの石像
    昨年のクラブSOJAのイベントの時に 彦根をぶらぶらした時の写真です。

2009年07月神輿洗い

  • 16これでお終い
    神輿洗い(終)を偶然に拝見できたので、 暗い写真が多いけど雰囲気だけでも。

2009年07月二条大橋のニャンズ

  • お母さん猫3
    二条大橋のたもとで遊んでたニャンズ。 人懐こくて、遊んでくれたけど、痛かった(+_+) でも、すっごく可愛かったので許す(*^_^*)

2009年06月の上吉さん

  • お皿のアップ
    引っ下げまぐろに釣られて上吉さんでお食事。

2009年06月京都国立博物館

  • 28同じく床の風景
    京都国立博物館へバロックコンサートを聞きに行った時の写真。博物館と帰り道の散歩のときの写真も少し。

2009年06月オピュームで

  • 04オピュームの入口
    オピュームで開かれたリュートの演奏会の写真。 ご出演の井上さんも写ってますよ。

2009年06月銀座ミニ散歩

  • 10_大わらじ
    あまり天気がよくなかったのだけど、 少しばかりの散歩の写真。

2009年05月霊山寺バラ園

  • Rose09
    霊山寺で咲き誇っている薔薇たち。

2009年05月上池院

  • 10お庭の風景
    高野山・上池院ので昼食とお庭

2009年05月高野山

  • 特急「こうや」
    高野山散歩のメモ写真。 雨だったので、あまり良くないが致し方もなし。

2009年04月大阪倶楽部

  • 14大阪倶楽部
    テレマンの演奏会に行った時の 大阪倶楽部の様子を撮ってきた。 紳士の社交倶楽部だからね、 誰かに連れてきてもらわないと 普段は入れない。

2009年04月オードブルと楽しむ山崎

  • 16_デザート
    4月11日「オードブルと楽しむ山崎 2009"春”」のイベントの写真です。工場内も写してきました。

2009年03月造形する猫?

  • Cat07
     京都造形芸術大学の階段でであった猫たち。 可愛くて、大人しい猫(こ)たちでモデルしてくれた。

2009年02月中央公会堂

  • 04正面から入った所
    この写真はまんぼうショーを見に行った時の 中央公会堂の写真。何度みてもいい建物だ。 今回は内部の写真も載せている。

2009年春の花々

  • 八重山吹
    春の一日に見かけた花々 きれいな花を見ているだけで幸せ気分。 とてもお天気の良かった11日に、出かけて 撮ってきたけど、載せるのが遅くなった。

2009年02月中之島界隈

  • 10水晶橋
    まんぼうショーを中央公会堂に 見に行った時に写してきたもの。

2009年02月根来寺

  • 寒緋桜
    根来寺に行った時の写真です。 桜は五分咲きといったところ。 雨もよいだったのが残念

2009年01月蛸長と近辺

  • 団栗橋からの眺め
    初詣のお初天神の写真と 蛸長さんの写真を何枚か。 おでんが美味しそうに見えると 良いのだけれど。

2009年01月10日の散歩

  • 01浅草寺風景
    浅草公会堂の近所をぶらぶらした時の写真

2008年12月朽木の風景

  • 07安曇川駅
    なんと暮も押し詰まった30日に 温泉に入りに行ってきたよ。

2008年11月伏見稲荷大社と伏見桃山

  • 杉玉
    伏見稲荷t大社と、伏見桃山を訪れた 時の写真です。壱の峰まで行きましたよ。

2008年11月伏見稲荷で出会った猫達

  • 枯葉が寝床だって
    伏見のお稲荷さんに行った時に 出会った猫達。 いじめられないのでしょうね。 近づいても全然平気でした。

2008年11月光のルネッサンス2008

  • 19三井ビルのツリー
    光のルネッサンをふらふらと めぐって見た時の写真集

2008年11月大ビルのお稲荷様

  • 07壁面のランプ
    近所の大ビルのお稲荷さまとビルの写真

2008年11月一期一会の茶会

  • 芸妓さんの襟
    サントリーの一期一会のお茶会に参加した時の写真です。 お茶会の様子と、祇園閣の見学の様子を載せました 表紙は全然関係ないけど、きれいな実があったので。

2008年10月東京散歩

  • 東京タワー
    連休にぶらぶら歩きした時の写真

2008年05月10Wのクー君

  • カゴの隙間から
    10Wギャラリーでのクーの写真

2008年05月白州と食

  • 本日の献立
    白州蒸留所での「白州と食」というイベントに参加した時の オードブルの写真です。

2008年05月白州のイベント

  • 帰りの上諏訪駅内の足湯
    5月末に山梨の白州蒸留所を訪れたときの写真です。 参加したイベントの写真は「白州と食」に載せてます。

2008年04月サントリーと京料理

  • 替わりチーズ
    4月13日に参加した「サントリーと京料理」のお料理

2008年03月高台寺・夜咄の茶会

  • 香合
    三月八日に参加した高台寺の夜咄の茶会の写真

2008年03月食遊懐石 萬亀楼

  • 部屋の床の花
    食遊懐石の最後、三月のお店である「萬亀楼」さんでのお料理

2007年10月宇和島のうろつ記

  • 春雨亭を別の角度で
    宇和島を少しだけ散歩したときの写真です。

カテゴリー「観劇」の226件の記事

大阪歴史博物館とお花たち

 昨日は緋寒桜だけで終わってしまったけれど、他にもいろんな花が咲いていました。歴博と復元された倉庫の写真も一緒に。

 右の茶色の舟形のビルが大阪歴史博物館で左はNHK大阪
20140321_nhk01

 こちらは復元した倉庫 中を見学できます
20140321_01_2

 梅の花 清楚な美しさだとおもいます。
20140321_01_3

 山茱萸の花 黄色の可愛いはなです。
20140321_01_4

 こちらは特別展や特集展示で興味深いものが多くて、たびたび来ています。4月19日からは「上方の浮世絵-大坂・京都の粋(すい)と技(わざ)-」が始まりますし、特集展示では「幕末大坂の絵師 藪長水」を3月12日(水)~4月14日(月)までやってます。

 NHK大阪のイベントにも出会えるかもしれませんよ。今回行った時には「ごちそうさん」のセットの公開をしてました。混んでいたのでちゃんとは見てませんが、かなり凝ったセットでした。

「古典芸能を未来へと守り、つなぐ」

大阪市中央区の主催のイベント、フォーラム「古典芸能を未来へと守り、つなぐ」を拝見してきました。会場は大槻能楽堂でした。無料なのですが、ハガキでの申込みでの抽選です。  450名キャパに900通以上の応募があったそうで、見ることが出来てラッキーでした。

オープニング
地唄・上方唄・対談 澤千左子さん・森西真弓さん

第1部
対談 大槻文蔵さん(シテ方観世流)・森西真弓さん

第2部
・狂言「清水」
茂山宗彦さん(狂言方大蔵流)
茂山逸平さん(狂言方大蔵流)

・半能「敦盛」
赤松禎英さん(シテ方観世流)
福王知登さん(ワキ方福王流)
斉藤敦さん(笛方森田流)
清水晧祐さん(小鼓方大倉流)
森山泰幸さん(大鼓方観世流)他

 上方唄は「ぐち」と「浪花の四季」の2曲でした。「ぐち」はちょっと色っぽい曲でした。「浪花の四季」は四季折々の情景を少しコミカルに描写している曲でした。

ぐちの歌詞

愚痴じゃなけれど これまあきかしゃんせ たまに逢う夜の楽しけば 逢うて嬉しさ別れのつらさ ええなんのからすがええ意地悪な おまえの袖とわしが袖 合わせて歌の四つの袖 路地の細道駒げたの 胸驚かす明けの鐘

 浪花の四季の歌詞が見つからないです。残念。四季それぞれの終わりにちょっとした台詞のところがあるのですが、それがキュートで、思わずクスリとなりました。

 森西真弓さんとの対談は澤さんも大槻さんもいろいろなお話が伺えて、いい勉強になりました。大槻文蔵さんもお年を召しましたが、矍鑠としていてかっこよかったです。

 狂言「清水」は、宗彦さん、逸平さんご兄弟で演じられました。さすが兄弟だけあって、とても息のあった舞台でした。清水の粗筋は狂言名のリンクから見て下さいね。
 狂言を見るのも久しぶりでしたが、ほんのりした笑いを堪能してきました。

 半能「敦盛」は源平合戦で命を落とした敦盛と打ち取った熊谷直実の物語の後半だけを演じてます。敦盛の舞の美しさに引き込まれて拝見しました。熊谷と敦盛の話しは有名で歌舞伎の「熊谷陣屋」もそうです。そう言えば、「熊谷陣屋」で演じられる部分が「敦盛」の前半部分にあたるかもしれませんね。筋立ては異なっていますけど。

 これも久しぶりの鑑賞で、大鼓、小鼓、笛の音色の美しさ、地謡の迫力を楽しんで舞台を拝見できました。幸せな一日でした。

20140202_01

20140202_02

第22回上方歌舞伎会

 久しぶりに歌舞伎の舞台を拝見してきました。今年で、22回目を迎える上方歌舞伎会に応援している役者さんが「封印切」の忠兵衛でお出になるとのことなので、これは拝見せずばなるまいと出かけました。
 演目や出演の皆さんのことは、リンクでみてくだされ。

 8月11日 16:00時開演 於:国立文楽劇場 8列12番

 少し遅れてしまって、幕開きは見逃しましたが、裏庭での逢瀬から拝見しました。なかなか二枚目の忠兵衛さんに梅川です。封印切は仁左衛門さまの監修です。
 仁三郎さんはお弟子さんなので、当然と言えば当然なんですが、台詞回しやしぐさが仁左衛門さんを思い出させました。ご本人も男ぶりはよろしいので、よくお似合いです。

 若手の公演を見ると、演目の本来の姿がわかるというか、改めてこういう話だったのねと思うことがよくあります。今回もそうでした。
 素直に一生懸命に演じているのを拝見していると、話の筋などがよくわかるのですね。そして、改めて、難しいものなのだと思わせられます。

 各場面の感想を書きたいのですが、手を痛めて、文字を打つのが少々つらいので、簡単に。

 八右衛門がふところから財布をだすのに手間どってなかなか出てこないところを捨て台詞でカバーしていたのが微笑ましかったです。うまくしまっておかないと、とても出しにくいのだそうです。

 最後は恒例の監修者のご挨拶。我當さん、秀太郎さん、仁左衛門さん、山村さんの四人がご挨拶をされました。
 我當さんは新ノ口村の監修、秀太郎さんは女形全般の監修を、山村さんは舞踏の振り付けをなさってました。

 我當さんは相変わらず優しい感じだし、秀太郎さんも物柔らかな感じなんですよね。そして仁左衛門さんのご挨拶は「もうイライラするんですわ」で始まりました(笑)。
 難しい演目ですからね。でも初めて大きなお役を務めるんですからしゃーないんですともね。ちゃんとよく頑張ったとおっしゃってました。

 最後は大阪〆の手拍子でお開き。楽しい会でした。

 この日は観劇のお仲間が各地から来られていて、お目にかかれたのも楽しいことでした。

 

2012年6月の「阿古屋」を拝見

 

20120620_tamasama01
 本当に久しぶりに歌舞伎を拝見してきました。

 玉様の阿古屋を最初に拝見したのは1997年(平成9年)1月の国立劇場での通し狂言の上演の時でした。初日にワクワクしながら少しばかりお洒落をして出かけたのが懐かしいですね。確かこの時は、初日、中日、楽日と見た記憶が・・・。

 それからも何度も拝見していますが、随分としっとりした情が感じられるようになったと思います。楽器も歌もさりげなくて、でも、しっかりと安定していて、恋人を思う遊女の哀れさも感じられました。

 あと、何度、拝見できるだろうかと思いつつ楽しませてもらいました。

 傾城も華やかではありましたが、前の演目とちょっとついた気がして、くどかったかなぁ。

 美の世界も十分に拝見して、お写真も撮ってきました。公開して良いのかどうかわからないので、ここに載せるのは控えておくことにします。

お米とお豆腐(2011)

 お米とお豆腐を見てきました。この落語と狂言の会も12回目だそうで、長く続いてますね。

お米とお豆腐 1月22日(日)14時開演 於:大阪能楽会館

落語:どうらんの幸助
 桂 雀松

狂言:千鳥
 茂山 千五郎、茂山 七五三、茂山 あきら

落言:ごきかぶり
 桂 雀松、茂山 千五郎、茂山 七五三、茂山 あきら

 いつものごとく、開演前から小佐田さんを含めて、いろんなところからだらだらと登場して、おしゃべりをして始まります。今回は、吉朝さんを偲ぶお話で始まりました。演目のごきかぶりも吉朝さんを偲ぶ演目とのこと。
 息子さんが吉朝さんの思い出を集めた本「吉朝庵」を出版されたそうで、その宣伝も抜かりなくされてました。

どうらんの幸助

 これは浄瑠璃にまつわる話で、喧嘩の仲裁が唯一の趣味というお大尽が「帯屋」の段を聞いて、浄瑠璃とは思わずに仲裁に入ろうというお話。軽妙な語り口で楽しませてもらいました。

千鳥

 お酒の好きな主人(七五三)が来客があるので、太郎冠者(千五郎)に酒を買いに行かせますが、酒屋に代金がたまっているので、酒屋の主人(あきら)は代金を渡さないと酒をよこそうとはしません。
 太郎冠者は祭りの好きな酒屋の主人に「尾張の津島祭」の話をして、酒樽を持っていこうといろいろと工夫をする訳ですが、なかなか騙されてくれません。あの手、この手で酒樽を持っていこうとするのが楽しいですよ。

続きを読む "お米とお豆腐(2011)" »

久しぶりに狂言会

久しぶりに狂言会久しぶりに狂言会

23日は久しぶりに茂山さんの狂言会に行きました。

 いろいろとあって、チケットは取っても行けないという悲しい状態が続いていましたが、

久しぶりに狂言会に行ってきました。めったに出ない演目があったからです。

2011年11月23日 17:00開演 於:祇園甲部歌舞練場

茂山狂言・笑の収穫祭

 ・三番三

  三番三・・・・・・・茂山 茂

  面箱・・・・・・・・・井口 竜也

 ・昆布売

  大名・・・・・・・・茂山 あきら

  昆布売・・・・・・茂山 童司

唐相撲

 帝王・・・・・・・・・茂山 千五郎

 日本人・・・・・・・茂山 正邦

 通詞・・・・・・・・・茂山 七五三

 髭掻・・・・・・・・・茂山 あきら

 この「唐相撲」がめったには上演されないのです。なにしろ出演者が25名も必要だという、狂言にあるまじき大規模な演目なのですから。

続きを読む "久しぶりに狂言会" »

天候に恵まれた篝狂言

 昨年の篝狂言は雨で、市民会館になってしまったが、今年は好天に恵まれて、向日神社の石舞台で上演された。詳しい感想は後ほどにさせてもらうが、雰囲気だけでも。

01kagari

神社の森の中で篝火に照らされての狂言会。お振る舞いのかっぽ酒を頂きながら、元気良く笑って拝見しました。

2010年05月春狂言 昼の部

 わぁ、5月はまだ観劇を書いてないわ。まあ2回しか行ってないけどさ。松竹座に行けず、「初めての京劇」も行き損ねてしまったもん(>_<)

 5月1日 春狂言2010 昼の部 大槻能楽堂 14:00開演

・「花争」
 主人・・・・・・あきら
 太郎冠者・・千三郎
 後見・・・・・・井口竜也
・独吟「細雪」
 千之丞
・「貰聟」
 夫・・・・・・・宗彦
 女房・・・・・童司
 舅・・・・・・・千作
・「止動方角」
 主人・・・・・・七五三
 太郎冠者・・逸平
 伯父・・・・・・丸石やすし
 馬・・・・・・・・井口竜也
 後見・・・・・・増田浩紀

 初見の演目は独吟「細雪」。谷崎潤一郎が三世千作の還暦祝いに詞を書き、二世千之丞の作曲、三世千之丞の振り付けで、小歌「ささめ雪」として昭和27年に初演された演目だそうだ。
 今回はそれを千之丞さんの謡で聞くことが出来た。作品の中の平安神宮での花見の様子を描いた雅やかな詞だった。こういうのも良いですね。
 ただ、千之丞さんも足が弱くなられたのか、立つときに後見が支えることが多くなりました。まあ、お年を考えれば、お元気すぎるほどお元気なんだけどね。

続きを読む "2010年05月春狂言 昼の部" »

2010年04月通し狂言妹背山婦女庭訓 第二部

 続きの二部も書いてしまおう。

4月23日 国立文楽劇場
吉田簑助文化功労者顕彰記念
通し狂言
妹背山婦女庭訓
第ニ部
 二段目 鹿殺しの段          16:00~16:05
       掛乞の段            16:05~16:20
       万歳の段            16:20~16:41
       芝六忠義の段      16:41~17:39
 四段目 杉酒屋の段         18:04~18:30
       道行恋苧環         18:35~19:03
      
鱶七上使の段      19:13~19:55
       姫戻りの段          19:55~20:08
       金殿の段            20:08~20:52

時間の都合だろうか、一部で三段目を演じているが、二部でまた二段目を演じている。もしくは、順序どおりに演じると、一部は知っている人がほとんどいない演目ばかりになってしまうし、長い場が続くことになるからかもしれない。

 二段目の続きは帝と釆女がかくまわれている芝六の家での話になる。入鹿を倒すのに必要な爪黒の鹿を殺す、「鹿殺しの段」。「掛乞の段」。帝が雅楽が聞きたいというので、万歳を演じて帝に披露する「万歳の段」。そして、自分の忠義を示そうとして、わが子を手に掛ける「芝六忠義の段」。
 入鹿を倒すためとはいえ、神の使いの鹿を殺し、詮議をさけるために、親の代わりに縛につく義理の息子。そうとは知らずに自分の忠義を示そうと実の子を手に掛ける芝六。時代物にはつきものの子殺しがやりきれない。
 藤原の不比等さんが大きくて公家らしくて良い感じだったけど、処刑のために掘ったところから神器の鏡が出てくるってね。

 杉酒屋の段までがあまり出ない段になるね。ここは橘姫とお三輪の恋の鞘当が可愛らしい。求馬さんも、遊び相手にするならもちっと、考えてもらいたいもんだ。

続きを読む "2010年04月通し狂言妹背山婦女庭訓 第二部" »

2010年04月通し狂言妹背山婦女庭訓 第一部

 体調が悪いとうだうだしているうちに、連休も半ばを過ぎてしまった。い~加減、先月の感想を書いて置かないと忘れてしまいそうだ。大夫と人形はこちらを見てくださいませ。

4月23日 国立文楽劇場
吉田簑助文化功労者顕彰記念
通し狂言
妹背山婦女庭訓
第一部
 初 段  小松原の段    11:00~11:20
       蝦夷子館の段   11:22~12:05
 二段目 猿沢池の段         12:07~12:18
 三段目 太宰館の段         12:28~12:59
       妹山背山の段   13:24~15:20

 歌舞伎でも有名な演目だが、通しでかかることはあまり無い。何しろ長いのだ。今回も覚悟をして行った。特に妹山背山の段は2時間近くの長丁場。名場面ではあるが疲れる。

 ぢつはこの演目を通しで拝見するのは初めてではないかと思う。歌舞伎で見た時は、もうちっと短かった気がするのだ。

 小松原の段は久我之助と雛鳥の馴れ初めの場面で若い二人が初々しいくてかわゆくて。後の悲劇を考えるとかわいそうで。そして久我之助は蝦夷子に睨まれて、逃れようとする釆女に加担することで蝦夷子に睨まれる原因を招きよせてしまうのだ。

 蝦夷子館の段では、親をいさめるため仏道精進しているはずの入鹿の謀が明らかとなり、親までも陥れる入鹿の恐ろしさが描かれる。入鹿の奥方はほんにお気の毒じゃ。

 猿沢池の段では天皇が神器を盗まれたために盲となり、愛妾の釆女の行方もしれぬと嘆いているところへ、入鹿の謀反の知らせが。久我之助の手引きで入鹿の目の届かぬところへと落ちてゆかれる。

 太宰館の段では、入鹿の命で定高が大判事を裁こうとしているが、大判事は定高など歯牙にもかけぬ様子。争っているところへ入鹿が登場し、どちらも忠義に疑わしいところがあるので、大判事には久我之助を奉公させるよう、定高には雛鳥を入内させるように命ずる。断りもできず、かしこまって退出する二人だが。

 ここまでは普段はほとんど上演されない箇所だ。次の妹山背山の段は非常に有名な段だし、哀れな恋人の話しも子を殺さなければならない親の哀しみが切ない。 

続きを読む "2010年04月通し狂言妹背山婦女庭訓 第一部" »

より以前の記事一覧