最近のトラックバック

にほんブログ村

  • にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
  • にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ

2011年12月オイル

  • 201112_oil09
    オイルの夜のコース

2011年11月ランデブー・デ・ザミ

  • 07_20111106_cake
    休日に楽しんできたランチの写真です。

2010年03月フジハラビル

  • 09一階から二階への階段
    「モルグ街の白昼夢」を見たビルの写真

2010年02月菅原院天満宮

  • 15御産湯の井
    三月歌舞伎座の「菅原伝授手習鑑」の 成功とご無事をお願いに行きました。

2010年02月護王神社等

  • 11土御門内裏跡の碑
    京都散歩での護王神社の写真等

2010年02猫三昧

  • 13造形芸術大学の子
    20日に京都造形芸術大学の階段でモデルになってくれたニャンズ。 ひたすら猫三昧ですな。

2010年02月京都散歩

  • ラルゴのある小道
    雪が降ったり止んだりの京都散歩の写真です。

2010年01月京都文化博物館

  • 13文化会館金庫室
    京都の文化博物館に映画を見に行った時の写真

2010年01月京都ハリスト教会

  • 10鐘
    京都散歩で見つけた京都ハリスト教会の写真

2010年01月オピュームのランチ

  • 08_カフェムース
    オピュームのランチの写真です。 美味しかったです(^^♪

2010年01月国立劇場他

  • 12舞台の上のにらみ鯛
    初春の国立劇場と文楽劇場の写真です。

2009年11月彦根散策

  • 15ひこにゃんの石像
    昨年のクラブSOJAのイベントの時に 彦根をぶらぶらした時の写真です。

2009年07月神輿洗い

  • 16これでお終い
    神輿洗い(終)を偶然に拝見できたので、 暗い写真が多いけど雰囲気だけでも。

2009年07月二条大橋のニャンズ

  • お母さん猫3
    二条大橋のたもとで遊んでたニャンズ。 人懐こくて、遊んでくれたけど、痛かった(+_+) でも、すっごく可愛かったので許す(*^_^*)

2009年06月の上吉さん

  • お皿のアップ
    引っ下げまぐろに釣られて上吉さんでお食事。

2009年06月京都国立博物館

  • 28同じく床の風景
    京都国立博物館へバロックコンサートを聞きに行った時の写真。博物館と帰り道の散歩のときの写真も少し。

2009年06月オピュームで

  • 04オピュームの入口
    オピュームで開かれたリュートの演奏会の写真。 ご出演の井上さんも写ってますよ。

2009年06月銀座ミニ散歩

  • 10_大わらじ
    あまり天気がよくなかったのだけど、 少しばかりの散歩の写真。

2009年05月霊山寺バラ園

  • Rose09
    霊山寺で咲き誇っている薔薇たち。

2009年05月上池院

  • 10お庭の風景
    高野山・上池院ので昼食とお庭

2009年05月高野山

  • 特急「こうや」
    高野山散歩のメモ写真。 雨だったので、あまり良くないが致し方もなし。

2009年04月大阪倶楽部

  • 14大阪倶楽部
    テレマンの演奏会に行った時の 大阪倶楽部の様子を撮ってきた。 紳士の社交倶楽部だからね、 誰かに連れてきてもらわないと 普段は入れない。

2009年04月オードブルと楽しむ山崎

  • 16_デザート
    4月11日「オードブルと楽しむ山崎 2009"春”」のイベントの写真です。工場内も写してきました。

2009年03月造形する猫?

  • Cat07
     京都造形芸術大学の階段でであった猫たち。 可愛くて、大人しい猫(こ)たちでモデルしてくれた。

2009年02月中央公会堂

  • 04正面から入った所
    この写真はまんぼうショーを見に行った時の 中央公会堂の写真。何度みてもいい建物だ。 今回は内部の写真も載せている。

2009年春の花々

  • 八重山吹
    春の一日に見かけた花々 きれいな花を見ているだけで幸せ気分。 とてもお天気の良かった11日に、出かけて 撮ってきたけど、載せるのが遅くなった。

2009年02月中之島界隈

  • 10水晶橋
    まんぼうショーを中央公会堂に 見に行った時に写してきたもの。

2009年02月根来寺

  • 寒緋桜
    根来寺に行った時の写真です。 桜は五分咲きといったところ。 雨もよいだったのが残念

2009年01月蛸長と近辺

  • 団栗橋からの眺め
    初詣のお初天神の写真と 蛸長さんの写真を何枚か。 おでんが美味しそうに見えると 良いのだけれど。

2009年01月10日の散歩

  • 01浅草寺風景
    浅草公会堂の近所をぶらぶらした時の写真

2008年12月朽木の風景

  • 07安曇川駅
    なんと暮も押し詰まった30日に 温泉に入りに行ってきたよ。

2008年11月伏見稲荷大社と伏見桃山

  • 杉玉
    伏見稲荷t大社と、伏見桃山を訪れた 時の写真です。壱の峰まで行きましたよ。

2008年11月伏見稲荷で出会った猫達

  • 枯葉が寝床だって
    伏見のお稲荷さんに行った時に 出会った猫達。 いじめられないのでしょうね。 近づいても全然平気でした。

2008年11月光のルネッサンス2008

  • 19三井ビルのツリー
    光のルネッサンをふらふらと めぐって見た時の写真集

2008年11月大ビルのお稲荷様

  • 07壁面のランプ
    近所の大ビルのお稲荷さまとビルの写真

2008年11月一期一会の茶会

  • 芸妓さんの襟
    サントリーの一期一会のお茶会に参加した時の写真です。 お茶会の様子と、祇園閣の見学の様子を載せました 表紙は全然関係ないけど、きれいな実があったので。

2008年10月東京散歩

  • 東京タワー
    連休にぶらぶら歩きした時の写真

2008年05月10Wのクー君

  • カゴの隙間から
    10Wギャラリーでのクーの写真

2008年05月白州と食

  • 本日の献立
    白州蒸留所での「白州と食」というイベントに参加した時の オードブルの写真です。

2008年05月白州のイベント

  • 帰りの上諏訪駅内の足湯
    5月末に山梨の白州蒸留所を訪れたときの写真です。 参加したイベントの写真は「白州と食」に載せてます。

2008年04月サントリーと京料理

  • 替わりチーズ
    4月13日に参加した「サントリーと京料理」のお料理

2008年03月高台寺・夜咄の茶会

  • 香合
    三月八日に参加した高台寺の夜咄の茶会の写真

2008年03月食遊懐石 萬亀楼

  • 部屋の床の花
    食遊懐石の最後、三月のお店である「萬亀楼」さんでのお料理

2007年10月宇和島のうろつ記

  • 春雨亭を別の角度で
    宇和島を少しだけ散歩したときの写真です。

カテゴリー「アニメ・コミック」の6件の記事

オルフェウスの窓

 あのベルばらの池田理代子さんの作品。通して読んだことが無いので図書館から借りてきて読んでみた。一言で感想を言えば「暗くて重苦しい」かな。

 最初のうちはそうも感じなかったけれど、読み進むにつれて、「暗いなぁ」と思い始めた。4部にわかれていて、それぞれでテーマが異なるというか、主人公のスポットの当て方が変わっているというか。

 時代設定は第一次世界大戦やロシア革命時代で、興味深いのだが、ストーリー展開がいま一つピンとこない。ユリウスという主人公が好きになれないからかもしれない。
 一つの作品にいろいろと詰め込みすぎている気がした。

 再読すれば感想もかわるかもだが、しばらくは読みかえしたい気にならなそうだ。

 「オルフェウスの窓」ってどんな話?という方はリンクでwikiに飛びます。

続きを読む "オルフェウスの窓" »

イズァローン伝説

竹宮恵子さんの「イズァローン伝説」を図書館で借りてきて読んだ。竹宮さんの本は結構、読んだのだがこの長編を読むのは初めてだった。

 終末思想の内容だと思うが、竹宮さんがファンタジーを書くのはこれが最初の作品のようだ。最初はぎこちない感じもしたが、読み進めていくと作者がノッテきたのがわかる。

 

 その主人公は、男性でもあり女性でもあるプロトタイプという設定で普通は年頃になると女性か男性かがはっきりするのだが、主人公のアル・ティオキアはプロトタイプのまま。
 それには深い訳があるのだ。古代の魔王の復活のための固体だったからだ。

 ストーリーを紹介するのは止めておこう。主人公とそのいとこにあたる人物の話が錯綜しているので、真剣に読んだ。貸し出し期間の2週間で2度読んだけど、また借りるかも。
 少女マンガではあるが、男性にもいいと思う。

Photo

 左がアル・ティオキア、右がいとこのルキシュ

「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」展Ⅱ

 昨日、大阪歴史博物館に「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」展 を見に行きました。これで2回目の訪問です。前回は情報量の多さと、見る的を絞らなかったために、消化不良のまま、展示会を後にしてしまいました。

 今回は他の展示は横に置いておいて、この展示に集中して見てきました。それでもやはり溢れかえりそうな情報に、気おされてしまいました。何ていえばいいのか、偉大なお二人のパワーと情熱はすごいものだと改めて感じました。

 展示は4部構成になっています。プロローグを含めると5部構成ですね。

プロローグ ここから はじまり
第1部 二人の出会い マンガ誕生
第2部 爆発するマンガ 時代への挑戦
第3部 “ちから”の本質対決
第4部 未来へ生き続ける“ちから” 現代作家によるオマージュ作品集

 「ここからはじまり」では手塚氏石ノ森氏の少年時代の作品や構成ノートなどの展示があります。7歳くらいに書いた手塚氏の作品は仰天ものです。石ノ森氏の出していた同人誌もあったが子供とは思えない作品でした。こういう人たちを天才と呼ぶのねと納得しきり。

 「二人の出会いマンガ誕生」のコーナーでは、ときわ荘が作られており、写真の撮影可になってます。中には両氏の部屋の再現もありました。その当時の8ミリやラーメンなどもありましたね。当時のときわ荘の住人たちもそうそうたる人が沢山。

20140214_01

20140214_02
 唯一の女性マンガ家は水野英子氏 この人の作品も沢山読んだものです。

 ここのコーナーで手塚氏と石ノ森氏との出会いがわかるようになっていました。手塚氏が石ノ森氏にアシスタントを依頼したことや、石ノ森氏が受験のために故郷に帰りながらも、現行はちゃんと送っていたこと、だけど、背景など以外は全部自分の書いたものではなかったことなど。
 石ノ森氏の生原稿は手塚プロで大切に保存されていて、見ることが出来ました。立ち読みコーナーもあり、自分でめくって読めます。

 
 「爆発するまんが 時代への挑戦」は圧倒的な力を感じることが出来ました。紙媒体のマンガから、アニメーション、実写のマンガ?への発展系とまさに爆発した感じがしました。当時の生原稿の迫力もすごいです。知らなかった作品も多々ありました。今からでも読めるなら読んでみたいですね。
 当時のマンガ雑誌も展示されていて、個人蔵となってました。大切に保存されていたのでしょう。経年劣化は仕方ないですが、どれもきれいな状態でした。
 ここのコーナーでジャングル大帝、リボンの騎士などのアニメも少しですが見られました。ジャングル大帝のテーマソング、良かったな。

 「”ちから”の本質対決」のコーナーはテーマ別に両氏の作品を対比して見ることが出来ます。このコーナーでは、手塚氏の「ブラックジャック」、「ブッダ」、「火の鳥」や、石ノ森氏の「サイボーグ009」、「佐武と市捕物控」、「ホテル」などを見ることが出来ます。そうだ、実写の「仮面ライダー」も見られましたよ、初代の分でした。あ、「マグマ大使」も放映されてた。もう、いっぱいありすぎて・・・
 マンガの神様とマンガの王様がお腹いっぱいになるまで楽しめます。

 「未来へ生き続ける“ちから” 現代作家によるオマージュ作品集」は、手塚氏、石ノ森氏の影響を受けた、いろいろなジャンルの方々のオマージュ作品集がいっぱいで、こちらも圧巻のコーナーです。漫画家はもちろん、絵本作家、イラストレーター、デザイナー、ミュージシャンなどなど。

 なんと稚拙な文章だと思いながらも、自分のメモだと思って、アップします。

 3月の10日までの会期なので、見に行ってみてはいかがでしょう。後悔はしないと思います。

「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」展 ←前回の記事です。

「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」展

 大阪歴史博物館で「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」展が開催されています。お2方とも、作品は結構読んでいて好きなので見に行ってきました。

 この展示会は何か所かで写真の撮影が可能でした。最近は美術展などでも記念写真を撮影できるコーナーなどを設けているようです。いい記念になりますよね。

 お気楽に展示を見るつもりが、提供されている情報量が半端なく多いので、途中で疲れてしまい、残念ながら、後半はゆっくりと見ることが出来ませんでした。

 お二人の代表的な作品の「原画」や、アニメ化されたものはアニメの一部をモニターで見ることが出来ます。原画を複写したものを読むこともできます。

 展示物に、その時代の背景などにも触れている箇所もあるので、興味深く見ることができました。

20140129_13
 ここはもう伝説ですよね。ときわ荘を再現したもの。中には石ノ森氏や手塚氏の部屋もありました。マジ狭いですよ(笑)

20140129_14
 リボンの騎士・サファイアとサイボーグ009・フランソワーズ・アルヌール(003)

 ゆっくりと見られなかった後半もちゃんと見たいので、少なくともあと1回は見に行きたいと思ってます。

「ロビン」みっけ

Robinn01  中山星香さんの「妖精国(アルフヘイム)の騎士」が終わってしまい、続編の「バラッド」も4編で終了していたので、寂しい思いをしていた。この話しにははまっていたんだよね。

 で、今日、必要な本があって書店に行ったら、そこで、記憶にある絵柄のコミックが置いてある。えっと思って手に取ると、うわぁ「バラッド」で登場した「ロビン」が主人公の本が出てるぅ。おまけに「ローゼリィ」と「アーサー」の息子も登場してるらしい。

 即、買いましたとも。家に帰る時間も惜しくて、お茶を飲みながらぜ~んぶ読んじゃった。「ローラント」も「シェン」も「シルフィン」も「ファラント」もいるぅ。嬉しい!!
 ローラントとシェンの娘も絶世の美女間違いないしのきれいさで二人もいるし。一巻とあるからには続きがあるんだ。楽しみが出来た。出るのが待ち遠しいコミックっだっ!!

 でも、出版されたのは2009年2月。この手のコミックは次が出るのに時間がかかるんだよねぇ。早くでないかな。

 

王家の紋章

細川智栄子さんの「王家の紋章」の13巻の文庫本が出たので、さっそく買って読んだ。もう31年も続いている連載だという。途切れずに書き続けておられるだけでもすごいが、話も面白い。古代エジプト史が好きな人はきっと嬉しくなるような記述も多いと思う。

主人公のキャロルとメンフィス王の性格には問題を感じることも多々あるが、まあ漫画だしねってことで、許容範囲。歴史ロマンと銘打っている作品は多いけれども、この作品は背景となる歴史はかなり正確な方だと思う。

連載のほうは、メンフィス王の弟を詐称する男とかが出てきているが、文庫では妊娠したキャロルが古代エジプトに戻って、またもやイズミル王子に捕まってしまっている。何やら訳ありげな、新たな人物も登場していて、話の続きが読みたくなる。雑誌は極力、買わない主義なので、楽しみは次の文庫までお預けだ。