最近のトラックバック

にほんブログ村

  • にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
  • にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ

2011年12月オイル

  • 201112_oil09
    オイルの夜のコース

2011年11月ランデブー・デ・ザミ

  • 07_20111106_cake
    休日に楽しんできたランチの写真です。

2010年03月フジハラビル

  • 09一階から二階への階段
    「モルグ街の白昼夢」を見たビルの写真

2010年02月菅原院天満宮

  • 15御産湯の井
    三月歌舞伎座の「菅原伝授手習鑑」の 成功とご無事をお願いに行きました。

2010年02月護王神社等

  • 11土御門内裏跡の碑
    京都散歩での護王神社の写真等

2010年02猫三昧

  • 13造形芸術大学の子
    20日に京都造形芸術大学の階段でモデルになってくれたニャンズ。 ひたすら猫三昧ですな。

2010年02月京都散歩

  • ラルゴのある小道
    雪が降ったり止んだりの京都散歩の写真です。

2010年01月京都文化博物館

  • 13文化会館金庫室
    京都の文化博物館に映画を見に行った時の写真

2010年01月京都ハリスト教会

  • 10鐘
    京都散歩で見つけた京都ハリスト教会の写真

2010年01月オピュームのランチ

  • 08_カフェムース
    オピュームのランチの写真です。 美味しかったです(^^♪

2010年01月国立劇場他

  • 12舞台の上のにらみ鯛
    初春の国立劇場と文楽劇場の写真です。

2009年11月彦根散策

  • 15ひこにゃんの石像
    昨年のクラブSOJAのイベントの時に 彦根をぶらぶらした時の写真です。

2009年07月神輿洗い

  • 16これでお終い
    神輿洗い(終)を偶然に拝見できたので、 暗い写真が多いけど雰囲気だけでも。

2009年07月二条大橋のニャンズ

  • お母さん猫3
    二条大橋のたもとで遊んでたニャンズ。 人懐こくて、遊んでくれたけど、痛かった(+_+) でも、すっごく可愛かったので許す(*^_^*)

2009年06月の上吉さん

  • お皿のアップ
    引っ下げまぐろに釣られて上吉さんでお食事。

2009年06月京都国立博物館

  • 28同じく床の風景
    京都国立博物館へバロックコンサートを聞きに行った時の写真。博物館と帰り道の散歩のときの写真も少し。

2009年06月オピュームで

  • 04オピュームの入口
    オピュームで開かれたリュートの演奏会の写真。 ご出演の井上さんも写ってますよ。

2009年06月銀座ミニ散歩

  • 10_大わらじ
    あまり天気がよくなかったのだけど、 少しばかりの散歩の写真。

2009年05月霊山寺バラ園

  • Rose09
    霊山寺で咲き誇っている薔薇たち。

2009年05月上池院

  • 10お庭の風景
    高野山・上池院ので昼食とお庭

2009年05月高野山

  • 特急「こうや」
    高野山散歩のメモ写真。 雨だったので、あまり良くないが致し方もなし。

2009年04月大阪倶楽部

  • 14大阪倶楽部
    テレマンの演奏会に行った時の 大阪倶楽部の様子を撮ってきた。 紳士の社交倶楽部だからね、 誰かに連れてきてもらわないと 普段は入れない。

2009年04月オードブルと楽しむ山崎

  • 16_デザート
    4月11日「オードブルと楽しむ山崎 2009"春”」のイベントの写真です。工場内も写してきました。

2009年03月造形する猫?

  • Cat07
     京都造形芸術大学の階段でであった猫たち。 可愛くて、大人しい猫(こ)たちでモデルしてくれた。

2009年02月中央公会堂

  • 04正面から入った所
    この写真はまんぼうショーを見に行った時の 中央公会堂の写真。何度みてもいい建物だ。 今回は内部の写真も載せている。

2009年春の花々

  • 八重山吹
    春の一日に見かけた花々 きれいな花を見ているだけで幸せ気分。 とてもお天気の良かった11日に、出かけて 撮ってきたけど、載せるのが遅くなった。

2009年02月中之島界隈

  • 10水晶橋
    まんぼうショーを中央公会堂に 見に行った時に写してきたもの。

2009年02月根来寺

  • 寒緋桜
    根来寺に行った時の写真です。 桜は五分咲きといったところ。 雨もよいだったのが残念

2009年01月蛸長と近辺

  • 団栗橋からの眺め
    初詣のお初天神の写真と 蛸長さんの写真を何枚か。 おでんが美味しそうに見えると 良いのだけれど。

2009年01月10日の散歩

  • 01浅草寺風景
    浅草公会堂の近所をぶらぶらした時の写真

2008年12月朽木の風景

  • 07安曇川駅
    なんと暮も押し詰まった30日に 温泉に入りに行ってきたよ。

2008年11月伏見稲荷大社と伏見桃山

  • 杉玉
    伏見稲荷t大社と、伏見桃山を訪れた 時の写真です。壱の峰まで行きましたよ。

2008年11月伏見稲荷で出会った猫達

  • 枯葉が寝床だって
    伏見のお稲荷さんに行った時に 出会った猫達。 いじめられないのでしょうね。 近づいても全然平気でした。

2008年11月光のルネッサンス2008

  • 19三井ビルのツリー
    光のルネッサンをふらふらと めぐって見た時の写真集

2008年11月大ビルのお稲荷様

  • 07壁面のランプ
    近所の大ビルのお稲荷さまとビルの写真

2008年11月一期一会の茶会

  • 芸妓さんの襟
    サントリーの一期一会のお茶会に参加した時の写真です。 お茶会の様子と、祇園閣の見学の様子を載せました 表紙は全然関係ないけど、きれいな実があったので。

2008年10月東京散歩

  • 東京タワー
    連休にぶらぶら歩きした時の写真

2008年05月10Wのクー君

  • カゴの隙間から
    10Wギャラリーでのクーの写真

2008年05月白州と食

  • 本日の献立
    白州蒸留所での「白州と食」というイベントに参加した時の オードブルの写真です。

2008年05月白州のイベント

  • 帰りの上諏訪駅内の足湯
    5月末に山梨の白州蒸留所を訪れたときの写真です。 参加したイベントの写真は「白州と食」に載せてます。

2008年04月サントリーと京料理

  • 替わりチーズ
    4月13日に参加した「サントリーと京料理」のお料理

2008年03月高台寺・夜咄の茶会

  • 香合
    三月八日に参加した高台寺の夜咄の茶会の写真

2008年03月食遊懐石 萬亀楼

  • 部屋の床の花
    食遊懐石の最後、三月のお店である「萬亀楼」さんでのお料理

2007年10月宇和島のうろつ記

  • 春雨亭を別の角度で
    宇和島を少しだけ散歩したときの写真です。

カテゴリー「コンサート」の38件の記事

咲くやこの花コレクション&講演会

 中央公会堂に展示室がオープンした記念行事があったので出かけた。

咲くやこの花コレクション&講演会  12月11日(木) 於:大阪市中央公会堂

 詳しいことはリンクで見てもらうことにして、この日は中央公会堂が無料見学ができ、かつコンサートと講演も無料で参加できるという美味しいイベントだった。チラシを見たら畑先生が歌うではないか。これは是非とも聴きに行かねばと思ったしだい。

201412__2

第一部「大大阪時代と貴志康一の歌曲」 17:00~18:00
第二部 チェンバロ演奏 19:45~20:15

一部と二部の間に講演会があった。

 30分くらい前に会場に到着して、席を確保してから、ちょっとだけ、写真を撮って開演を待つことにした。歌う曲目はホワイトボードしかないので、プログラム代わりにパチリ。

20141211_02
 お二人で歌う曲もあるのかと思ったけれど、ソロのみだった。相変わらず畑先生のテノールは素晴らしい。野薔薇が一番素敵だったかな。

 次は小集会室での講演会

 「華麗なる歴史 ―中央公会堂はアートとともに―」 18:30~19:30

 講師の方がプロジェクターを使用して古い写真や記事などを写しながら、中央公会堂とそれにまつわる話を軽妙な語り口で説明して下さった。一時間しかなかったので、駆け足の説明だったけれども、豊富な資料も見られてよかった。

 最後がチェンバロ演奏

20141211_03

 河野さんの演奏を聴くのは初めてだった。あの美しい中集会室で聞いていると、ヨーロッパのどこかの宮殿の広間で聞いている気がしてくる。

 やさしい音色につつまれて幸せな気分だったので、帰りの足取りは軽かった気がする。

 中央公会堂のHPもリンクしておこう。

JAZZ TERRA26th

 浄願寺での今年ラスト(10月18日)のジャズ・ライブにも行って来た。今回の鬼武みゆきさんはここでは二度目のライブとなる。

鬼武みゆき・・・・・ピアノ
中西俊博・・・・・・・ヴァイオリン
鳥越啓介・・・・・・・ベース

 前回とはメンバー構成が変わっているし、ヴィオリンがメロディ楽器なので前回のイメージとは全然別物になってた気がした。

 今回のベーシストが滅茶苦茶旨い人で、音がキラキラしている感じっていうかな、とても素敵な音だった。途中のトークの時は客席を笑わせていたけどね。

 ヴァイオリンの人は年配の方だったが、とても楽しい雰囲気の人で演奏も素敵だった。

 もちろん鬼武さんのピアノも迫力あって、曲にぐいぐいと引き込まれていく感じが良かったと思う。きれいな人だし(笑)

 あっという間の2時間だった。気持ちが明るくなって帰路についた。

 前回のライブの記事はこちら お寺でライブ!?

 

JAZZ TERRA25th

 ご近所のお寺(浄願寺)のジャズ・ライブの25回目に行って来た。年に数回、ジャズ・ライブがある。近いし演奏の質もよいので、出来る限り行くようにしている。

 今回(9月21日)は「川上さとみ Trio」による演奏だった。

 ピアノ・・・・・川上さとみ
 ドラムス・・・田鹿雅裕
 ベース・・・・小杉敏

 オリジナル曲(ティアラ、クレオパトラの夢、等)やスタンダードなどで2時間の予定が大幅にずれて2時間半くらいだったかな。

 客席は80席くらいなのだが、たいてい満席になる。ファンの人、同業者、近所のおばさん、おじさんとかでバラエティに富んだ客層なのが面白い。CDも良く売れてるみたい。

 浄願寺 こじんまりしたお寺
20140921_01

JAZZ TERRA24th

 近くのお寺・浄願寺でジャズライブ「JAZZ TERRA24th」があり、聴きに行って来た。、「音楽の祭日」の趣旨に賛同してコンサートを開催したとのこと。18時開演で休憩をはさんで約2時間のライブだった。
 以前からジャズなどのライブを開催されており、その24回目。

 出演はBungalowというグループで、すべて4人のオリジナル曲。あ、一曲だけご住職の宿題で「地蔵讃」が演奏されたっけ。
 メンバー
 ●佐藤浩一p 【http://koichisato.com
 ●山本昌広 as.ss 【http://momohiko61.exblog.jp/
 ●池尻洋史 ac.b 【http://www.hiroshiikejiri.com
 ●大村亘 ds 【http://koomuraa.exblog.jp/

 曲名を控えたはずなのに、メモが無くなってしまって、曲名は分かりません(ドジ)

 開始前の本堂の様子 この時点で観客席は満席だった
20140622_01

 演奏中 ピアノ・サックス・ベース・ドラム・タブラ
20140622_02

 休憩時間中はCDの販売タイム
20140622_03

 ドラムとタブラを担当 トークタイム この人のドラム凄かった
20140622_05

 タブラ インドの楽器 演奏されるのも見るのも初めて
20140622_04

 いつも通りの和気あいあいとした雰囲気で2時間もあっという間に過ぎて行った。最後のあいさつに出てこられた住職さん、墨染めの衣だったので、ちょっとびっくりした。今から何かお仕事あるのかしらん。

 次回は9月にある。きっとまた聴きに行くと思う。

第30回スタジオライブ『フルートとピアノで気軽にクラシック~夏~』

 今日は、旭区の芸術創造館でのスタジオライブを聴いてきました。ここは前に花組芝居の公演を見に行ったことがありましたね。

 ワンコイン スタジオライブ vol.30『フルートとピアノで気軽にクラシック~夏~』
 出演者:田畑 裕美/寺嶋 千紘 のお二方でした。

 30名定員の録音スタジオでのライブは初めてです。音の感じがちょっと違っていて、新鮮な経験になりました。
 一時間少し(休憩10分含む)のコンサート。クラシック初心者でも楽しめる構成でした。
 曲目はなじみ深いものも交えて6曲。アンコールは夏の思い出でした。

・モーツァルト・ロンド ニ長調
・ビゼー・「アルルの女」よりメヌエット
・シューベルト・アルペジョーネソナタ より第2第3楽章...
休憩
・エドガー・愛の挨拶
・メンデルスゾーン・歌の翼による幻想曲
・ライネッケ・ソナタ「ウンディーネ」より第1第4楽章

 どの曲も優しい音で、心地よい時間を過ごすことができました。やっぱり生で聴くのがいいですね。また9月にはジャズのスタジオライブがあるので、予約しちゃいました。

 今日は気分が良くてすぐに記事を書けて良かったです。書けたり書けなかったりだけど、読んでくれる人がいるって本当に励みになります。

 

Classic Bank(20140528)

 新人音楽家の発掘と育成のためのコンサート「Classic Bank」が今年も始まりました。今回で16回目になるそうです。

NPO法人ABC音楽振興会・りそな銀行では、「クラシック音楽家の活躍の場を創り、クラシック音楽を身近なものに!」を合言葉に、クラシック音楽コンサートを開催いたします。

 今回はソプラノ独唱とピアノ演奏のお二人が出演されてました。ソプラノの坂井里衣さんは記念すべき第1回にも出演されていたのだとか。そのためか少し落ち着いて折られるようにも思えました。

 今回からは司会の方がいて、タイミングよくインタビューをされたりで、今までのように演奏者が自分で考えて話すよりは全体の進行がスムースで良いでした。

 演目などはリンクを見て頂くとして、ソプラノの酒井さんでは以下の2曲が良かったと思いました。

♪北原白秋 作詞 山田耕筰 作曲 城ヶ島の雨
♪ドヴォルザーク 作曲 オペラ「ルサルカ」より「白銀の月」

 学校などで習う城ケ島の雨とは印象の異なる曲で初めて聴いた。曲はこちら

 白銀の月は人魚が人間の王子に恋をしたことを歌っている抒情的な曲だった。アンデルセンの人魚姫は海が舞台だが、このオペラは湖が舞台となっている。ストーリーはほぼ同じのようです。曲はこちら

 10分の休憩をはさんで、ピアノ独奏が2曲。演奏者の辻琢音(つじ たくと)さんは音楽一家の出だそうで、指揮者の父上がタクトから琢音と名付けられたと話してくれました。

♪リスト 作曲 バラード 第2番 ロ短調

 この曲が印象に残りました。かなり技巧を要する曲を丁寧に弾いていて、好感が持てました。曲も好きですね、低音の出だしが迫力があるし、どんどん変化する主題も心地良いでした。

 次回は7月の予定ですので、また申し込んで行くつもりにしています。6月21日にはABC新人コンサートもシンフォニーホールで開催されます。事前申し込みをハガキで出して、当るといいなあと心待ちにしています。

南山城の古寺巡礼展 開催記念「二胡コンサート」

 昨日は京都国立博物館での二胡のコンサートに行ってきました。平成知新館(新館)講堂で開かれたので、一般公開に先立って新館の様子を見ることができました。

 演奏者の姜 暁艶(ジャン ショウイェン)さんは仏教に深く帰依されているようで、曲と曲の間のトークも仏教に関わるお話がほとんどでした。
 演奏はとても素晴らしかったです。そして、演奏中にあんなに幸せそうに笑っている姿がとても印象的でした。きれいな人でしたよ(笑)

 曲目は以下の通りですが、中国の曲2曲はタイトルが解りませんでした。

・シルクロード幻想曲
・古都巡礼
・千の風になって
・Anniversary
・蓮心
・中国の曲が2曲
・ボレロ ヒロシマ

 最後の「ボレロ ヒロシマ」は宇崎竜童氏が故平山郁夫画伯の「広島生変図」をイメージして姜 暁艶さんのために作曲されたそうです。
 京都博物館のリンク先を見て頂くと解りますが、二胡に篳篥、笙、龍笛などの古典楽器に、ピアノ、シンセサイザー、フルート、クラビオーラも使われていて、響きが不思議な感じを受けました。

 二胡の音色はとても多彩で、二本の絃で表現できるのが不思議な気がしました。今では中国のバイオリンを言われているそうですが、私はチェロの雰囲気に似ていると思いました。

 どんな音か聴いて見たい方は、姜 暁艶さんの動画サイトで聴けます。

 全国でコンサートをしてらっしゃるので、お近くであった時は聴きに行かれてみるのも良いと思います

 大好きな博物館の写真も撮ってきましたが、それはまた次回にでもアップします。肝心な「南山城の古寺巡礼」の展示ですが、平日にゆっくりと拝見しに行きます。

VITO プリマヴェーラコンサート

 土曜日の夜に「〜 VITO プリマヴェーラコンサート 〜」に行ってきました。

20140426_vito

 昨年に喫茶館プロコップさんで「オペラ歌手ライブ」を聴いたご縁で、江口 輝博(VITO)さんのプリマヴェーラコンサートに行ってきました。

20140426_vito02
 当日に頂いたちらし。曲目は手抜きですが、これで見てね(笑)

 ファリャ作曲のスペイン民謡は少しばかり哀しげな音なのだが、歌詞を見るとけっこう世俗的だった。歌詞はここで見られる。1曲目、5曲目、7曲目が今回歌われた。

 メンデルスゾーンの春の歌はほとんどの人が聞いたことがあると思う。チェロの優しい音色がよく似合う曲だと思った。

 シューベルトの子守歌もきっと皆さん知っていると思う。バリトンの豊かな声で聴くと眠くならないけど(笑)

 ここで休憩5分をはさんで、後半の曲のスタートはピアノソロの春に寄すから。この曲はグリークが旅行中にホームシックにかかり、祖国ノルウェーの美しく雄大な自然を讃えるべく作曲したという。派手さはないけれど、春ののどかな風景が思い浮かぶ。

 おお・・春よ!は明るい曲で、春が来た喜びを歌いあげている。

 4月も春が来た喜びと恋を称えている曲。恋人と花咲く野原へ出かけるのはさぞ、幸福に違いない。

 最後の時がやって来たは歌劇メフィストフェレの中の一曲で、もとはゲーテのファウストを歌劇にしている。
 VITOさんの朗々たる声で歌を聞いていると、歌詞の意味がわからなくても、胸に迫ってくるものがある。どういう意味の歌なのか、調べてみたが、あまり適当なサイトがなかった。本屋で探してみようかな。

 この曲はイタリアで勉強している時に、勧められた曲とのことで、歌い終わるまではかなり緊張をしておられたらしい。とても素敵だった。

 春の歌メドレーは「早春賦」、「春が来た」、「花」の3曲。どれもなじみ深い春の歌。

 春の小川の前にベルカントの練習があって、単純なようでも、ちゃんと練習しないと無理だなと。ベルカント唱法はこちらで見つけた。
 軽く練習した後で、VITOさんと会場のお客様とが熱唱したのも楽しかった。

 アンコールは「朝の歌」や「千の風になって」、「オーソレミオ」あと一曲あったけれども忘れちゃった。オーソレミオの時は客席に来られて歌ってくださった。

 VITOさんの暖かい笑顔と素敵な声で、聴いていた方も笑顔がこぼれる幸せなひと時を過ごさせて頂いた。オペラが初めての人にもとっつきやすいコンサートだったけど、あと1曲オペラからのがあると嬉しいかな。

 こじんまりとしたコンサートだったけれど、本当に楽しく過ごすことが出来た。色々と企画もあるそうで、お小遣いが許す限り、行ってみようと思う。

20140426_vito01
 こんな会場 椅子席で80席 もう少しオオバコの方がいいと思うんだけどね。

第五回雅楽鑑賞会

 3月21日に大阪歴史博物館にて開催された雅楽の鑑賞会に行ってきました。無料なのですが、事前に往復はがきで申し込む必要があります。一昨年は当選したけれど、昨年は残念ながら、外れちゃいました。そして今年は当選して良かったです。

20140321_01

 演奏して下さったのは「博雅会」の皆さんでした。博雅会のHPには動画もあります。また、博雅会の主催者の方の公式ブログにも雅楽について書いてあります。

 プログラムは下記の通りです。

【第一部】管絃(かんげん)50分

参入音声(まいりおんじょう)
・青海波(せいがいは)

・黄鐘調調子(おうしょうちょうのちょうし)

・蘇合香急(そこうのきゅう)

・西王楽破(さいおうらくのは)

・越殿楽残楽三返(えてんらくのこりがくさんべん)

休憩 10分

雅楽解説 雅楽の楽器について 30分

【第二部】舞楽(ぶがく)20分
・右舞 貴徳(うのまい きとく)

退出音声(まかでおんじょう)10分
・長慶子三度拍子(ちょうげいしさんどびょうし)

 雅楽も舞楽も全然詳しくはないけれど、ゆっくりとしたリズムや独特の音色が好きなんですよね。癒され過ぎて、寝てしまう時もあるけれど(苦笑)

 今回で一番印象に残ったのは舞楽の右舞 貴得でした。今まで見た中では一番動きが激しいと思います。それでも、ゆったりとはしていますけれどね。槍や剣を使っての勇ましい舞でした。

 右舞は舞台に上がるときも、退出する時も右足を先に出すのだそうです。左舞の時には左足を先に出す訳ですね。

 右舞・左舞の説明がウィキに載ってました。

 使われていた楽器は龍笛、笙、篳篥、箏、琵琶、鞨鼓、鉦鼓、太鼓などでした。

 笙はリードに葦が使われていて、鵜殿のヨシ原の葦でないと良いものが出来ないのだそうです。その鵜殿の葦が危機に陥っています。高速道路の建設予定地になっているのです。鵜殿のヨシ原を守るために、活動している団体もあります。

 「SAVE THE 鵜殿ヨシ原~雅楽を未来へつなぐ~」こちらを見てもらえれば、詳しいことが分かります。
 滅ぼすのは簡単ですが、再生は難しいですよね。日本の誇るべき文化を破壊しないで欲しいと切に思います。

 

オペラLiveの模様Ⅱ

 昨年に参加した「喫茶館でオペラ歌手ライブ」の第2部がYouTubeにアップされています。

 江口VITO輝博 大晦日LIVE ~オペラdeディズニー&ジブリ~【第2部】   

 一部から聴きたい方は下記のリンクから聴いてください。

 江口VITO輝博 大晦日LIVE ~オペラdeディズニー&ジブリ~【第1部】

 >江口VITO輝博さんは阪神淡路大震災で、オペラ歌手の道を一旦はあきらめたそうです。でも、歌いたいという夢を叶えるために地味tな努力を積み重ねて、オペラ歌手として成功された方です。

 そして、「夢をあきらめないで」というメッセージを歌で伝えて行きたいと活動をされています。

 そしてその夢を応援している方もどんどん増えている。その成果の一つが喫茶館プロコップさんでのLiveをなさったこと。オペラを聞いたこともない人たちもたくさんお見えだったけど、みんな歌声を聴いて、感動なさってた。

 地域の活性化と人との繋がりを目指して、いろんなイベントを企画なさっているプロコップさんとオペラ歌手の江口さんとの出会いがこのLiveになった。素晴らしいことだと思います。

 是非、江口VITO輝博さんの歌声を聴いてみてください。

より以前の記事一覧