最近のトラックバック

にほんブログ村

  • にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
  • にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ

2011年12月オイル

  • 201112_oil09
    オイルの夜のコース

2011年11月ランデブー・デ・ザミ

  • 07_20111106_cake
    休日に楽しんできたランチの写真です。

2010年03月フジハラビル

  • 09一階から二階への階段
    「モルグ街の白昼夢」を見たビルの写真

2010年02月菅原院天満宮

  • 15御産湯の井
    三月歌舞伎座の「菅原伝授手習鑑」の 成功とご無事をお願いに行きました。

2010年02月護王神社等

  • 11土御門内裏跡の碑
    京都散歩での護王神社の写真等

2010年02猫三昧

  • 13造形芸術大学の子
    20日に京都造形芸術大学の階段でモデルになってくれたニャンズ。 ひたすら猫三昧ですな。

2010年02月京都散歩

  • ラルゴのある小道
    雪が降ったり止んだりの京都散歩の写真です。

2010年01月京都文化博物館

  • 13文化会館金庫室
    京都の文化博物館に映画を見に行った時の写真

2010年01月京都ハリスト教会

  • 10鐘
    京都散歩で見つけた京都ハリスト教会の写真

2010年01月オピュームのランチ

  • 08_カフェムース
    オピュームのランチの写真です。 美味しかったです(^^♪

2010年01月国立劇場他

  • 12舞台の上のにらみ鯛
    初春の国立劇場と文楽劇場の写真です。

2009年11月彦根散策

  • 15ひこにゃんの石像
    昨年のクラブSOJAのイベントの時に 彦根をぶらぶらした時の写真です。

2009年07月神輿洗い

  • 16これでお終い
    神輿洗い(終)を偶然に拝見できたので、 暗い写真が多いけど雰囲気だけでも。

2009年07月二条大橋のニャンズ

  • お母さん猫3
    二条大橋のたもとで遊んでたニャンズ。 人懐こくて、遊んでくれたけど、痛かった(+_+) でも、すっごく可愛かったので許す(*^_^*)

2009年06月の上吉さん

  • お皿のアップ
    引っ下げまぐろに釣られて上吉さんでお食事。

2009年06月京都国立博物館

  • 28同じく床の風景
    京都国立博物館へバロックコンサートを聞きに行った時の写真。博物館と帰り道の散歩のときの写真も少し。

2009年06月オピュームで

  • 04オピュームの入口
    オピュームで開かれたリュートの演奏会の写真。 ご出演の井上さんも写ってますよ。

2009年06月銀座ミニ散歩

  • 10_大わらじ
    あまり天気がよくなかったのだけど、 少しばかりの散歩の写真。

2009年05月霊山寺バラ園

  • Rose09
    霊山寺で咲き誇っている薔薇たち。

2009年05月上池院

  • 10お庭の風景
    高野山・上池院ので昼食とお庭

2009年05月高野山

  • 特急「こうや」
    高野山散歩のメモ写真。 雨だったので、あまり良くないが致し方もなし。

2009年04月大阪倶楽部

  • 14大阪倶楽部
    テレマンの演奏会に行った時の 大阪倶楽部の様子を撮ってきた。 紳士の社交倶楽部だからね、 誰かに連れてきてもらわないと 普段は入れない。

2009年04月オードブルと楽しむ山崎

  • 16_デザート
    4月11日「オードブルと楽しむ山崎 2009"春”」のイベントの写真です。工場内も写してきました。

2009年03月造形する猫?

  • Cat07
     京都造形芸術大学の階段でであった猫たち。 可愛くて、大人しい猫(こ)たちでモデルしてくれた。

2009年02月中央公会堂

  • 04正面から入った所
    この写真はまんぼうショーを見に行った時の 中央公会堂の写真。何度みてもいい建物だ。 今回は内部の写真も載せている。

2009年春の花々

  • 八重山吹
    春の一日に見かけた花々 きれいな花を見ているだけで幸せ気分。 とてもお天気の良かった11日に、出かけて 撮ってきたけど、載せるのが遅くなった。

2009年02月中之島界隈

  • 10水晶橋
    まんぼうショーを中央公会堂に 見に行った時に写してきたもの。

2009年02月根来寺

  • 寒緋桜
    根来寺に行った時の写真です。 桜は五分咲きといったところ。 雨もよいだったのが残念

2009年01月蛸長と近辺

  • 団栗橋からの眺め
    初詣のお初天神の写真と 蛸長さんの写真を何枚か。 おでんが美味しそうに見えると 良いのだけれど。

2009年01月10日の散歩

  • 01浅草寺風景
    浅草公会堂の近所をぶらぶらした時の写真

2008年12月朽木の風景

  • 07安曇川駅
    なんと暮も押し詰まった30日に 温泉に入りに行ってきたよ。

2008年11月伏見稲荷大社と伏見桃山

  • 杉玉
    伏見稲荷t大社と、伏見桃山を訪れた 時の写真です。壱の峰まで行きましたよ。

2008年11月伏見稲荷で出会った猫達

  • 枯葉が寝床だって
    伏見のお稲荷さんに行った時に 出会った猫達。 いじめられないのでしょうね。 近づいても全然平気でした。

2008年11月光のルネッサンス2008

  • 19三井ビルのツリー
    光のルネッサンをふらふらと めぐって見た時の写真集

2008年11月大ビルのお稲荷様

  • 07壁面のランプ
    近所の大ビルのお稲荷さまとビルの写真

2008年11月一期一会の茶会

  • 芸妓さんの襟
    サントリーの一期一会のお茶会に参加した時の写真です。 お茶会の様子と、祇園閣の見学の様子を載せました 表紙は全然関係ないけど、きれいな実があったので。

2008年10月東京散歩

  • 東京タワー
    連休にぶらぶら歩きした時の写真

2008年05月10Wのクー君

  • カゴの隙間から
    10Wギャラリーでのクーの写真

2008年05月白州と食

  • 本日の献立
    白州蒸留所での「白州と食」というイベントに参加した時の オードブルの写真です。

2008年05月白州のイベント

  • 帰りの上諏訪駅内の足湯
    5月末に山梨の白州蒸留所を訪れたときの写真です。 参加したイベントの写真は「白州と食」に載せてます。

2008年04月サントリーと京料理

  • 替わりチーズ
    4月13日に参加した「サントリーと京料理」のお料理

2008年03月高台寺・夜咄の茶会

  • 香合
    三月八日に参加した高台寺の夜咄の茶会の写真

2008年03月食遊懐石 萬亀楼

  • 部屋の床の花
    食遊懐石の最後、三月のお店である「萬亀楼」さんでのお料理

2007年10月宇和島のうろつ記

  • 春雨亭を別の角度で
    宇和島を少しだけ散歩したときの写真です。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

ちょっと憂鬱な気分続き

 また10日ほど更新できませんでした。気分はよくなったり、憂鬱だったりのふり幅が大きいです。せめて写してきた写真の整理くらいはできるようにならないと。

 紫式部の花でも載せておきます。紫が鮮やかな実もいいですが、花も可愛いですよ。

20140611_01

通院は一日一ヶ所にしよう

 今日は肩と手のリハビリに行って、いったん帰宅後に桃山台の内科医に月に一度の通院だった。

 昨日も出かけていて、連続の外出の上に二ヵ所に通院したので、とっても疲れた。ということで今日もこれで休みます。

 京都国立博物館の巨大銀杏の写真だけ載せておきます。

20140615_30

今日はお休みなさい

 昼に出かけていたらかなり疲れたので、今日はお休みにします。満月の写真載せておきます。

20140613_moon01

図書館から借りた本

 前回は「ヴァチカン物語」を借りて読んだのが良かったので、とんぼの本シリーズの「ヴェネツィア物語」を借りてきた。

 あとは「絵で見る十字軍物語」と「ローマ亡き後の地中海世界」の上下巻。「ローマ亡き後の地中海世界」の上巻は読み終えたが、ちょっと消化不良を起こしてる状態。情けないなぁと思いつつ下巻に取り組んでいる。

 塩野さんの著作はほとんど読んだけど、さすがに内容までははっきりと覚えていないので、本文中に何々の本をと書かれていると、なんだっけとなってしまう。引っ越して一年近く経つけど本の荷ほどきは途中までで、すぐに手に取って読めないのも痛い。

 読み終わってから再読することになるかもしれない。読んでいて疲れた時に「絵で見る十字軍物語」を手に取ってみると、ちょうど疲れ休めになる。十字軍の話しはローマ亡き後の地中海世界」でも十字軍の記述は多いので絵で見ることが出来るとイメージが掴みやすい。

 「ベネツィア物語」は後回しになりそうだ。読書の力もいっぺんには戻らないだろうし、気長に読むことにしよう。

第3回蔵十オフ会

 昨日は「第3回蔵十オフ会」に参加してきました。場所は「うどんらんぷ若蔵」さんでした。蔵十オフなのにと思われるかもですが、こちらのお店は「蔵十」で修業された方が店主なのです。4月に開店されました。

 木曜日はどちらのお店も定休日なんですが、若蔵さんを借り切りで使わせてもらいました。木曜日なら蔵十の店主殿も宴会に参加できますしね。

 趣旨としては「うどんらんぷ若蔵」さんのオープンおめでとうと応援している女優の川嶋杏奈さんが出演している「太秦ライムライト」の成功と今後の活躍を祈るという事でした。

 18時過ぎに到着したので、外観や店内の様子を少し。

20140612_01

20140612_02

 お席の用意は万端 クラッカーまであるんだけどw
20140612_04

 鶏のから揚げ 味がしっかりついていてビールに良く合います
20140612_05

 さあお鍋の材料が並びます きれいなお出汁と野菜もたっぷり
20140612_06

 浅利、鶏肉、シャケもタップリ 
20140612_07

 うどん鍋なのだけど、うどんの写真を撮るのをすっかりと忘れました。おうどんがでてくる頃にはお酒もまわり、おしゃべりも盛り上がっていたのでした。
 きれいで美味しいおうどんでした。師匠の蔵十の店主殿からはダメ出しもとんでましたけどね。

 毎度のことながら、おうどんがでてくるともうシッチャカメッチャカになります。出てきたおうどんをそのままで食べたり、生醤油で食べたり、はたまた釜玉でとか、ゆるかけとか、しゃぶしゃぶにしたりとか。まあ勝手な食べ方をしておりまする(爆笑)

 うどんは食べ放題だったので、まあうどんのお代わりの注文の声があちこちで聞こえます。若ちゃん(若蔵の店主殿)は大忙し。

 大いに盛り上がって3時間の長丁場の宴会になりました。そこから挨拶や写真撮影会やで結局22時くらいまでは騒いでいたような。

 セッティングしてくださった幹事さん、お休みにも関わらずお店を使わせて下さった若蔵の方々、参加しておられた皆さんにホントに感謝です。

 杏奈さんも楽しそうにしていてくれて、周りもハッピー!!

 杏奈さんの今後のご活躍を期待しています。きれいでチャーミングな杏奈さんの写真も一枚のせておきましょう。
20140612_11

紅屋さんでお昼ご飯

 しばらくご無沙汰していた滝井の紅屋さんでお昼を食べてきました。お目当てはやはり売り切れていて残念でしたが、14時半では仕方ないですよね。

 お目当てはこれだ!
20140611_01

 こっちも魅力的なのよね 稲荷ずしも美味しいから(笑)
20140611_02

 ないものは仕方ないので「ちく玉天の醤油」を頂くことにした。前は醤油が無かったような気がしてベニーさん(店主殿です)に聞いて見ると「前からあったけど」とのこと。メニューが変わったので気づいた訳でした。

 「ちく玉天の醤油」が出来上がりました ちくわが大きい!薬味は大根おろしとねぎ
20140611_03

 麺のアップ 麺に胡麻がふってあるのが見えるかな
20140611_04

 まずは麺だけを食べてみる。すこし細い目の麺はくにゅっとした歯ごたえで適度に腰もあって美味しい。このままでも食べられますが、お醤油をかけまわして食べると、これがまたいい感じです。
 ちくわの天ぷらは衣がサクッとしていて、ちくわのお味もいいですね。半分弱たべて、卵をくずしました。

 きれいな半熟卵
20140611_05

 黄味に麺を絡めて食べるとまろやかな味に変身。薬味の大根おろしを入れると、さっぱりとするので、味に変化があって楽しい。最後はお葱も入れて最後まで美味しく頂きました。

 次ははやめに伺って、「香りひやかけ」を食べますから、その時のおうどんもアップすることでしょう。

千里中央の広場にてⅡ

 今日は花の写真位はアップできそうなので、何枚か載せて行こう。

 マリーゴールド こんな感じで寄せ植えになっていた ピンクの花の名前が分からない。オキザリスかとも思うのだが。ご存じの方はコメントで教えて下さいませ
20140605__02

 マリーゴールドのバニラという品種 和名は万寿菊 。「聖母マリアの黄金の花」の意味を持つのだそうだ。花弁がみっしりとしていて、豪華な感じがする。
20140605__01

 立葵 チャターズダブル(スカーレット) 実際にはもっと目立つし華やか
20140605_01

 見事に華やかでしょ 色はホントに深紅に近いくらい濃い色で目立つ
20140605_02

 枇杷の実 これはご近所の庭で発見 もう少しで食べられそうだ。
20140605_01_2

 次回は何にしようかね~ ネタ探ししないと(苦笑)

すでに夏バテ

 ここしばらく暑いですよね。天候も不安定だし、梅雨だというのに夏の夕立みたいな雨の降り方をするし。

 湿気と暑さに弱いので、すでに夏バテぎみ。食欲ないし、口に冷たいものを食べたいし、体は重いしで辛い。

 四季のはっきりとした美しい日本って、いまはどこにいるのかな。暑いと寒いのどっちかのような気がする。

 体も気分も重いので、今日はこれでお終いにする。美しい花も可愛いニャンコもいるんだけどね。

千里中央の広場にてⅠ

 通院しているところが千里中央なので、月に一度は行くことになる。千中バルの広場になっているところが、いつも季節の花々に彩られているのが楽しい。今回はそこで咲いていた花たちを写してきた。

 名前が分からない花もあったけれど、ちょうど植え替えの作業をしている方たちがいて教えてもらうことができた。

 階段に沿って植えられた錦糸梅(きんしばい) 明るい黄色がいいね。
20140605_01

 花をアップにしてみた 花の形が梅に似てるでしょ
20140605_02

 先日載せたヒペリカムカリシナム 比べると違いが分かりやすい。花弁が細いし、雄蕊の感じも違っている。
20140601_01

 この季節は紫陽花だよね ボリュウムある
20140605_01_2

 花のアップ この薄いブルーが好き
20140605_02_2

 下野(しもつけ) この名前は教えてもらった 栃木で最初に発見されたので、下野という名前になったらしい。
20140605_01_3

 白妙菊 茎や葉が白っぽく見えるのは白い繊毛におおわれているため
20140605_01_4

 他にもあったけれど、また次回に載せることにする。

天王寺公園の薔薇

 今は薔薇の花があちこちで華やかに咲き誇っている。薔薇を愛でに出かけたいのだが、あまり行けていないのが残念。

 美術館に出かけたついでに撮ってきた天王寺公園の薔薇の写真を少し。オクトーバーフェストで人が多すぎてあちこちを撮るのは断念した。

 シャルル ド ゴール 言わずとしれたフランス共和国18代大統領の名前から。この優美な青薔薇に何故この名前と思うが、よく解らなかった。
20140601_11

 マダム高木 高木という方が生み出した薔薇 「マダム高木の薔薇ものがたり」という本も出しておられる。読んでみようかな。
20140601_12

 ピエール ドゥ ロンサール フランスの詩人の名前のつる薔薇
20140601_13

 アンクル ウォーター(アンクル・ウォルター) ウォルター伯父さんの名前だそうだ。こちらは華やかな赤のつる薔薇。初心者にも育てやすいらしい。
20140601_14

 芳純(ほうじゅん) 化粧品メーカーが香水を作るために開発された品種で香りがとてもいい。同名の香水もあったが現在は生産終了になっている。どんな香水だったのかちょっと気になる。
20140601_15

 薔薇もとんでもなく品種があるし、新しい品種も続々と開発されているので、見ただけでは品種など分からない(苦笑) なので、一緒にネームプレートを写してくることにしている。
 花を撮ったら次はプレートという風に撮らないと、後で整理する時に何が何だかになってしまう。

 もう少しは薔薇も盛りなので、ほかの場所のも撮って来たいと思ってる。

天王寺公園の風景

 大阪市立美術館に行った時の天王寺公園の様子を少し。その日はオクトーバーフェストの最終日でそちらにはかなりの人が並んでいた。

 美術館が閉まっているので、17時半くらいかな
20140601_05

 あちこちでビールを楽しんでいた 家族連れも多かったね
20140601_06

 美術館のところから見たハルカス
20140601_03

 林芙美子の「めし」の一節が書かれた碑
20140601_04

 南天の花
20140601_02

 ヒペリカムカリシナム 舌を噛みそうだ(笑)錦糸梅の仲間なので最初は錦糸梅かと思っていたが、花びらの感じが違うので、近づいてネームプレートを見たら、やっぱり別の種類だった。
20140601_01

 オクトーバーフェスト(時期がまるで違う)は何度か行ったけれど、飲み物も食べ物も高いなという印象。野外でにぎやかに飲むのはいいけど、CPが悪い。それなら美味しいビールのあるお店で飲むほうがいいな。

大阪市立美術館

 最終日ぎりぎりで見に行った展覧会の時に撮った写真。内部を少し写してきた。内部の詳細は美術館のHPの図書館についての中にフォトギャラリーがあるので、そちらを見てね。

 美術館内部の様子を数枚

 二階への階段の踊り場から正面入り口をのぞむ位置から。正面に見えるアーチ窓にはステンドグラスが使われている。
20140601_01

 シャンデリアのアップ シャンデリアも好きなので(笑)
20140601_02

 アーチ窓のステンドグラス
20140601_03

 二階の回廊から正面の階段をのぞんで
20140601_04

 美術館の正面入り口 ファッサードの上の3つの窓がステンドグラス
20140601_05

 この美術館は昭和11年に開館されている。さほど古い建物とは言えないが、それでも60年は経っている。
 もともとは住友家の本邸だった場所を美術館に使う事というのを条件に庭園(現 慶沢園)を含めて大阪市に寄贈された。

 中ノ島の図書館も住友家の寄付によって竣工している。明治時代のことだ。

 昔の財閥というのは、文化的な街を作るために、寄贈したり、援助したりと余裕があったのだなと思う。財閥自体の良し悪しは色々な思いもあるが、文化・芸術の振興の牽引的な役割をはたしてくれたことには感謝したい。

居酒屋さんで外ご飯

 ご近所にある行きつけの居酒屋さんに夕食兼飲みに時々行く。店主が一人で切り盛りしているこじんまりした飲み屋さん。定番のおつまみ以外に季節のものや日によってかわるメニューが結構ある。食事メニューは大体が3種類あるので、飲まない人も大丈夫なお店。

 ここの料理が美味しいし変化があってなかなか楽しいのよね。5月に食べたものを数種類。

 ミンチとジャガイモのオムレツ ボリューム満点
20140504_01

20140504_02

 野菜のピザ 生地は薄いめ
20140504_03

 トントロと新生姜の醤油漬け和え お酒のお供にぴったり
20140504_04

 他にも食べたけれど、写真は撮り損ねた。ビール小を2杯とかちわりワインの赤を2杯のんだかな。美味しくてお腹いっぱいで満足だった。

 あ、これを一人で食べた訳じゃないよ、何人かでシェアして食べた。こじんまりしているから、常連同志はみんな顔見知り。時々はお料理のおすそ分けもあったりする。
 前の所では近くにはこういうお店がなかった。ひょいと普段着で行けるのも良いところ。 だけど、ちょっと面倒になると行ってしまうので困りものでもある(笑)

 

猫だんご(笑)

 商店街の飲み屋さんの前で、お団子状に丸まって寛いでいる子猫たちを発見した。今年生まれた子猫なのかな、兄弟猫だと思う。

 黒白の猫さん目が開きにくそう、目やにかなぁ。
20140523_01

飲み屋さんの前に置いてあるビールケースの断熱材の上。
20140523_02_2

 そして寝ちゃた
20140523_03

 とても可愛いけど飼い猫さんではなさそう。元気にたくましく生きるのだよ。

山の神仏-吉野・熊野・高野

 「山の神仏-吉野・熊野・高野」を見に行って来た。会期が6月1日までで、ぎりぎりセーフだった。

会期:平成26年4月8日(火)~6月1日(日)
※作品保護のため、会期中、絵画作品を中心に展示替えを行います。
前期展示:4/8(火)~5/6(火)
後期展示:5/8(木)~6/1(日)
時間午前9時30分0午後5時(入館は午後4時30分まで)

 前期・後期を合わせて150点の展示と規模の大きい展覧会だった。最終日なので、混雑しているかと思ったけど、わりと空いていてゆっくり拝見できた。

 展示方法も良くなっていて、ガラスに他のものが反射して見にくいという事もなかった。

 順路は吉野・大峰から始まる。金峯山寺、如意輪寺をはじめとする由緒ある寺や神社から蔵王権現や役行者などの仏像・尊像をはじめ、曼荼羅図、参詣図などがゆったりと配置されている。
 展示物保護のために、照明を落としてあり、薄暗い中にたたずむ神仏は迫力がある。木像に彩色してあるのがほとんどなくなっていても、唇に赤だけが残っている様も妙に生々しくて、はっとさせられる。
 大峰山は現在も厳しい修行の場として、知られている。確かまだ女人禁制だったような。

 次は熊野三山で、熊野速玉大社、熊野那智大社、熊野本宮大社を中心とした展示になっていた。熊野詣といえば、後白河法皇の参詣や補陀落渡海、熊野古道などを思い浮かべる方もいると思う。
 この地方の展示はやはり神像が多い。そして熊野曼荼羅図がいろんな神社や寺に保存されていて、二十数点展示してあって壮観だった。

 最後は高野山の展示。なんといっても弘法大師の物が多いだろうなと思っていたが、直接の弘法大師像などは少なかった。
 高野山、弘法大師空海といえば真言密教の教えの総本山だ。関西の人だと林間学校とかで訪れた人たちも多いのではないだろうか。
 こちらの展示の不動明王と愛染明王の像は迫力が凄かった。ちょっと怖い感じだった。

 うーん、文章ではうまく表現できないのが悔しいが、力不足は致し方もなし。本物を見てもらうのが一番いいのだけどね。

 神像・仏像ともケースに入っていない展示をしているものも結構あって、普段は見られない後姿や横からの姿も眺めることが出来たのはとても良かった。

 苦情をいうと、最近は前期・後期で展示内容を変更することが非常に多い。展示物保護のためとなっているので、仕方ないが2度見に来いという美術館の策略のような気もする(笑)

 しかし、疲れた。人の思いのこもったものを真剣に眺めると疲れる。癒される気もするのだが、迫ってくるものが多すぎて消化不良を起こしてしまった。次は京都に南山城の古寺巡礼を見に行くのだが、体力と気力を整えておかねば。

 

 

茱萸の実が生ってた

 ご近所のお宅の横に植えてある木に赤いものが見えたので、近づいてよく見ると茱萸(ぐみ)の実が生っていた。なんとも懐かしい。子供の頃に茱萸の実を食べてたのを思い出した。

 きれいな赤のうちはまだ未熟なので美味しくないけど、熟れるとそれなりに美味しかった記憶がある。

 見るたびに実が減っているので、誰かがもいで食べているんだろうか。こんど一声かけて、実を少しわけて貰おうかなどと考えている。

 赤い実の少し奥にまだ青い実が見える
20140530_01

 かなり熟しているのはこちら
20140530_02

 なんとなく、美味しそうに見えないかな。

ヴァチカン物語

 図書館のページで塩野七生で検索して見つけた本「ヴァチカン物語」。

新潮社 とんぼの本シリーズ 斜字体は引用
20140531_2

塩野七生/著 石鍋真澄/著 ほか

「ヴァチカンを知らなければヨーロッパは理解できない」塩野七生

ここは世界最小の国家にして、歴代教皇と天才芸術家たちが築き上げた美の殿堂、そして比類なき祈りの空間。「キリスト教とは何か」を厳しく問う塩野七生氏の語りを皮切りに、二千年に及ぶ聖地の歴史ドラマを辿る。イタリア美術の権威によるサン・ピエトロ大聖堂とヴァチカン美術館の詳細ガイド、教皇庁の秘話を明かすコラムも多数収録。

 塩野さんが書いておられるし、ヴァチカンだし、写真が沢山だしと魅力満載なので早速借りてきて読んだ。面白くてあっという間に読んでしまった。

 塩野さんの書かれた「ヴァチカンで考える」はいつもの独特の切り口で、ちょっぴり皮肉ではある文章が語る内容に引き込まれる。長い間の勉強を通じて得た視線にゆとりを感じることが出来る。

 続いての石鍋さんのキリスト教史、サン・ピエトロ大聖堂や四大バジリカ、ヴァチカン美術館の案内も素晴らしい。写真を多用してできるだけその場の雰囲気を伝えようとしてらっしゃるのがよく解る。

 コラムは「藤崎 衛」という方が書かれていて、これまた面白い。タイトルを見ても「エクソシストは実在する!」なんて、ついつい引き込まれると思う。

 西洋史やキリスト教史に興味のある方はもちろん、宗教美術に興味のある方、きれいなものを見るのが好きな方も十分楽しめる内容の本だと思う。

 一度目はざっと通読したので、次は参照ページをちゃんと見て、解りにくいところは調べながら読んでみよう。

 難い本は読めなくなっていたのだけど、少しづつ読めるようになって来たかな。それも嬉しい。

 

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »