最近のトラックバック

にほんブログ村

  • にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
  • にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ

2011年12月オイル

  • 201112_oil09
    オイルの夜のコース

2011年11月ランデブー・デ・ザミ

  • 07_20111106_cake
    休日に楽しんできたランチの写真です。

2010年03月フジハラビル

  • 09一階から二階への階段
    「モルグ街の白昼夢」を見たビルの写真

2010年02月菅原院天満宮

  • 15御産湯の井
    三月歌舞伎座の「菅原伝授手習鑑」の 成功とご無事をお願いに行きました。

2010年02月護王神社等

  • 11土御門内裏跡の碑
    京都散歩での護王神社の写真等

2010年02猫三昧

  • 13造形芸術大学の子
    20日に京都造形芸術大学の階段でモデルになってくれたニャンズ。 ひたすら猫三昧ですな。

2010年02月京都散歩

  • ラルゴのある小道
    雪が降ったり止んだりの京都散歩の写真です。

2010年01月京都文化博物館

  • 13文化会館金庫室
    京都の文化博物館に映画を見に行った時の写真

2010年01月京都ハリスト教会

  • 10鐘
    京都散歩で見つけた京都ハリスト教会の写真

2010年01月オピュームのランチ

  • 08_カフェムース
    オピュームのランチの写真です。 美味しかったです(^^♪

2010年01月国立劇場他

  • 12舞台の上のにらみ鯛
    初春の国立劇場と文楽劇場の写真です。

2009年11月彦根散策

  • 15ひこにゃんの石像
    昨年のクラブSOJAのイベントの時に 彦根をぶらぶらした時の写真です。

2009年07月神輿洗い

  • 16これでお終い
    神輿洗い(終)を偶然に拝見できたので、 暗い写真が多いけど雰囲気だけでも。

2009年07月二条大橋のニャンズ

  • お母さん猫3
    二条大橋のたもとで遊んでたニャンズ。 人懐こくて、遊んでくれたけど、痛かった(+_+) でも、すっごく可愛かったので許す(*^_^*)

2009年06月の上吉さん

  • お皿のアップ
    引っ下げまぐろに釣られて上吉さんでお食事。

2009年06月京都国立博物館

  • 28同じく床の風景
    京都国立博物館へバロックコンサートを聞きに行った時の写真。博物館と帰り道の散歩のときの写真も少し。

2009年06月オピュームで

  • 04オピュームの入口
    オピュームで開かれたリュートの演奏会の写真。 ご出演の井上さんも写ってますよ。

2009年06月銀座ミニ散歩

  • 10_大わらじ
    あまり天気がよくなかったのだけど、 少しばかりの散歩の写真。

2009年05月霊山寺バラ園

  • Rose09
    霊山寺で咲き誇っている薔薇たち。

2009年05月上池院

  • 10お庭の風景
    高野山・上池院ので昼食とお庭

2009年05月高野山

  • 特急「こうや」
    高野山散歩のメモ写真。 雨だったので、あまり良くないが致し方もなし。

2009年04月大阪倶楽部

  • 14大阪倶楽部
    テレマンの演奏会に行った時の 大阪倶楽部の様子を撮ってきた。 紳士の社交倶楽部だからね、 誰かに連れてきてもらわないと 普段は入れない。

2009年04月オードブルと楽しむ山崎

  • 16_デザート
    4月11日「オードブルと楽しむ山崎 2009"春”」のイベントの写真です。工場内も写してきました。

2009年03月造形する猫?

  • Cat07
     京都造形芸術大学の階段でであった猫たち。 可愛くて、大人しい猫(こ)たちでモデルしてくれた。

2009年02月中央公会堂

  • 04正面から入った所
    この写真はまんぼうショーを見に行った時の 中央公会堂の写真。何度みてもいい建物だ。 今回は内部の写真も載せている。

2009年春の花々

  • 八重山吹
    春の一日に見かけた花々 きれいな花を見ているだけで幸せ気分。 とてもお天気の良かった11日に、出かけて 撮ってきたけど、載せるのが遅くなった。

2009年02月中之島界隈

  • 10水晶橋
    まんぼうショーを中央公会堂に 見に行った時に写してきたもの。

2009年02月根来寺

  • 寒緋桜
    根来寺に行った時の写真です。 桜は五分咲きといったところ。 雨もよいだったのが残念

2009年01月蛸長と近辺

  • 団栗橋からの眺め
    初詣のお初天神の写真と 蛸長さんの写真を何枚か。 おでんが美味しそうに見えると 良いのだけれど。

2009年01月10日の散歩

  • 01浅草寺風景
    浅草公会堂の近所をぶらぶらした時の写真

2008年12月朽木の風景

  • 07安曇川駅
    なんと暮も押し詰まった30日に 温泉に入りに行ってきたよ。

2008年11月伏見稲荷大社と伏見桃山

  • 杉玉
    伏見稲荷t大社と、伏見桃山を訪れた 時の写真です。壱の峰まで行きましたよ。

2008年11月伏見稲荷で出会った猫達

  • 枯葉が寝床だって
    伏見のお稲荷さんに行った時に 出会った猫達。 いじめられないのでしょうね。 近づいても全然平気でした。

2008年11月光のルネッサンス2008

  • 19三井ビルのツリー
    光のルネッサンをふらふらと めぐって見た時の写真集

2008年11月大ビルのお稲荷様

  • 07壁面のランプ
    近所の大ビルのお稲荷さまとビルの写真

2008年11月一期一会の茶会

  • 芸妓さんの襟
    サントリーの一期一会のお茶会に参加した時の写真です。 お茶会の様子と、祇園閣の見学の様子を載せました 表紙は全然関係ないけど、きれいな実があったので。

2008年10月東京散歩

  • 東京タワー
    連休にぶらぶら歩きした時の写真

2008年05月10Wのクー君

  • カゴの隙間から
    10Wギャラリーでのクーの写真

2008年05月白州と食

  • 本日の献立
    白州蒸留所での「白州と食」というイベントに参加した時の オードブルの写真です。

2008年05月白州のイベント

  • 帰りの上諏訪駅内の足湯
    5月末に山梨の白州蒸留所を訪れたときの写真です。 参加したイベントの写真は「白州と食」に載せてます。

2008年04月サントリーと京料理

  • 替わりチーズ
    4月13日に参加した「サントリーと京料理」のお料理

2008年03月高台寺・夜咄の茶会

  • 香合
    三月八日に参加した高台寺の夜咄の茶会の写真

2008年03月食遊懐石 萬亀楼

  • 部屋の床の花
    食遊懐石の最後、三月のお店である「萬亀楼」さんでのお料理

2007年10月宇和島のうろつ記

  • 春雨亭を別の角度で
    宇和島を少しだけ散歩したときの写真です。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

くらしの今昔館は夏 Ⅱ

 昨日の続きをば。見立ては他には布袋様があった。

 布袋様 木魚で作られている。
20140429_17

 見立てで作られた飾りはここまで。

 特別展示というのかな、天満宮蔵の「船形山車」があって、迫力があった。何枚か続けて載せることにする。詳細はリンクをみて頂こう。

 街並みの中ほどから見た とても大きい
20140429_12

20140429_13

20140429_14

20140429_15

 装飾がとても手の込んだもので、近くで見ると圧倒的な迫力がある。貴重なものなので、あまり近づけないようになっていたのが、残念と言えば残念。

 四天王寺・住吉大社を描いた屏風 ピントがあまくて解りにくいかな。
20140429_16
 桶や盆にあるのは夏のお菓子 一番手前は葛饅頭

 坂田金時(金太郎)
20140429_11
 童顔&幼児体型であるが、坂田金時として仕えていたのを表現しているようだ。手前にあるのは鉞(まさかり)。歌の通りだね。(鉞かついで金太郎~)

20140429_18

 これはおまけで臥せ籠(ふせご)に入った鶏。展示場が朝になると時を作っているようだ。録音だけどね(笑)

 本当にここは何度来ても面白くていい。土日祝にはいろんなイベントがあるし、そのほとんどが無料、もしくは材料費だけで楽しめる。

 昔の風呂屋のなかで上映される風呂屋シアターも楽しめる。外つ国の観光客だけでなく、日本の人にも見てもらいたいものだ。

 そして次回はくらしの今昔館の特別展示のことなど、書くつもりだ。

「再現!道頓堀の芝居小屋 ―道頓堀開削399年―」

くらしの今昔館は夏 Ⅰ

 今日は一日雨模様ですっきりしないお天気だったけど、気晴らしに大阪くらしの今昔館に行って来た。9Fはもう「夏祭り」の飾りつけになっていた。

 10Fから9Fの街並みを望むとこんな感じ。米朝さんの語りで説明をしているのが好きだな。今回は夜の時間から見たので、最初の方はブレぎみ。

20140429_01

 9Fの展示場の入り口から奥を望んで 天井の白いのは花火
20140429_02
 高張り提灯や幔幕など江戸時代のお祭り風景、見学者も沢山いたので、余計にお祭り気分が盛り上がる。着物(浴衣)のレンタルもあり、観光客の若い女性が浴衣で歩いているのもいい感じだった。ただし、日本語ではなく韓国語が大半だったけどね。

 花火の次は月夜 流星もあったのだが、撮れずで残念。
20140429_03

 ここからはいろんなものを使って、「見立ての趣向」が続く。

 鞍馬の僧正坊 鞍馬天狗の手の上で見栄をきる牛若丸
20140429_04
 これに使われているのは塗り物で、膳、椀、杓文字などだ。

 鶏と雛 
20140429_05
 これは櫛や笄など、女性の髪の飾りで作られている。

 杓子如来
20140429_06

 表に見えているのは全部、杓子だ。光背が妙にらしくて笑ってしまった。

 獅子
20140429_07
 嫁入り道具で作られたもの。大きすぎて全体が撮れなかった。右の端にあるタンスが獅子頭で手鏡が目だそうだ。

 蟷螂
20140429_08
 ご覧になればすぐにわかると思うけど、柄杓や箒で出来ている。

 宝船
20140429_09
 これは帯で宝船を作っている。

 宝船の舳先をアップで
20140429_10

 今回はここまで。この中では蟷螂が可愛くて好きだな。どれもこれも素晴らしい造り物だった。まだある分はまた次回に書くことにする。

 

ベランダ園芸もどき

 2階のベランダで鉢植えの花などを育てている。引っ越しで弱るかなと思ったけれど、なんとか育ってくれて花をつけた。水やりくらいしかしていなのに、生命力あるなぁと感心。

ベゴニア 立木性のようだけど、茎が弱いからそろそろ添え木がいるかな。育て方を見ると、ちゃんと手入れをしないとダメみたいだ。
20140425_01

 キンギアナム 買ってからずいぶんたつ。根が張りすぎたので、植え替えと株分けをして、一時期は枯れるかなと思ったけれど、復活して花をつけてくれた。
20140425_02

 ランの一種 花の形でわかるかな。手入れが簡単なのが良いと言ったら花屋さんがこれを勧めてくれた。結構気に入っている。
20140425_03

 あとはゼラニュームの蕾が膨らんできたのと、芍薬が蕾を付けている。ローズマリーも生き生きとしてるので、時々つんで乾燥したりしてる。

 シャクナゲが早く咲くといいなぁと心待ちにしている。

VITO プリマヴェーラコンサート

 土曜日の夜に「〜 VITO プリマヴェーラコンサート 〜」に行ってきました。

20140426_vito

 昨年に喫茶館プロコップさんで「オペラ歌手ライブ」を聴いたご縁で、江口 輝博(VITO)さんのプリマヴェーラコンサートに行ってきました。

20140426_vito02
 当日に頂いたちらし。曲目は手抜きですが、これで見てね(笑)

 ファリャ作曲のスペイン民謡は少しばかり哀しげな音なのだが、歌詞を見るとけっこう世俗的だった。歌詞はここで見られる。1曲目、5曲目、7曲目が今回歌われた。

 メンデルスゾーンの春の歌はほとんどの人が聞いたことがあると思う。チェロの優しい音色がよく似合う曲だと思った。

 シューベルトの子守歌もきっと皆さん知っていると思う。バリトンの豊かな声で聴くと眠くならないけど(笑)

 ここで休憩5分をはさんで、後半の曲のスタートはピアノソロの春に寄すから。この曲はグリークが旅行中にホームシックにかかり、祖国ノルウェーの美しく雄大な自然を讃えるべく作曲したという。派手さはないけれど、春ののどかな風景が思い浮かぶ。

 おお・・春よ!は明るい曲で、春が来た喜びを歌いあげている。

 4月も春が来た喜びと恋を称えている曲。恋人と花咲く野原へ出かけるのはさぞ、幸福に違いない。

 最後の時がやって来たは歌劇メフィストフェレの中の一曲で、もとはゲーテのファウストを歌劇にしている。
 VITOさんの朗々たる声で歌を聞いていると、歌詞の意味がわからなくても、胸に迫ってくるものがある。どういう意味の歌なのか、調べてみたが、あまり適当なサイトがなかった。本屋で探してみようかな。

 この曲はイタリアで勉強している時に、勧められた曲とのことで、歌い終わるまではかなり緊張をしておられたらしい。とても素敵だった。

 春の歌メドレーは「早春賦」、「春が来た」、「花」の3曲。どれもなじみ深い春の歌。

 春の小川の前にベルカントの練習があって、単純なようでも、ちゃんと練習しないと無理だなと。ベルカント唱法はこちらで見つけた。
 軽く練習した後で、VITOさんと会場のお客様とが熱唱したのも楽しかった。

 アンコールは「朝の歌」や「千の風になって」、「オーソレミオ」あと一曲あったけれども忘れちゃった。オーソレミオの時は客席に来られて歌ってくださった。

 VITOさんの暖かい笑顔と素敵な声で、聴いていた方も笑顔がこぼれる幸せなひと時を過ごさせて頂いた。オペラが初めての人にもとっつきやすいコンサートだったけど、あと1曲オペラからのがあると嬉しいかな。

 こじんまりとしたコンサートだったけれど、本当に楽しく過ごすことが出来た。色々と企画もあるそうで、お小遣いが許す限り、行ってみようと思う。

20140426_vito01
 こんな会場 椅子席で80席 もう少しオオバコの方がいいと思うんだけどね。

額縁ニャンコ?

 いつもの猫のたまり場でいた茶トラ猫がちょうど額縁に見えるところで座っていたのをパチリと撮ってきた。

20140411_01
 機嫌よく日向ぼっこの邪魔をしたかもしれない。

20140411_02
 大あくび

20140411_03
 背中を丸めてのび

20140411_04
 駐車場におりて、体をのばしてた。

20140411_05_2
 次に向かうのは

20140411_06
 爪とぎだった

20140411_09
 そして、ゴロリと横になった

 猫の動きはどれもしなやかで可愛くていいな。だんだんと知り合いの猫さんが増えてきたのも嬉しいこと。植物と猫のブログに成りつつあるな(苦笑)

椿と小手毬

 路地の奥にある質屋さんのところに咲いている椿があまりに大輪なので撮ってきた。あ、別に質屋に用があった訳ではないよ。

20140411_01
 大きな花でしょ、葉と比べるとよくわかると思う

20140411_02
 かなりよって撮ってみた 花びらにフリルがあるのがわかるかな

 呉服屋さんの横の道には小手毬が咲いていた。赤い花も撮るのが難しいけど、白い小さな花も結構難しい。何枚か写してマシそうなのをアップしてるけど、まだまだだな。

20140423_01

20140424_03

 少しはカメラの本でも読んで勉強した方がいいかな。

「京都ゆかりの美術家たち」展

 高島屋東別館で開催されている「京都ゆかりの美術家たち」展を見てきた。この展示は前期と後期に分かれていて、残念ながら前期は見逃してしまった。点数はあまり多くはないけれど、日本画・陶器・掛け軸・扇子・屏風、洋画と多岐にわたっていた。

 展示室内は撮影禁止なので、写真はない、リンク先で見てね。(全部じゃないけど)

 「風神雷神」を描いてある屏風を眺めていると、なんだかどちらの神様も愛嬌のある姿であまり強面じゃないのが面白かった。

 富岡鉄斎の「贈君百扇」は箱にぎっしりと扇が入っていて、その一部が開かれた状態で展示してあった。図柄も文字や狸など多種で、貰った人は楽しかっただろうなと思う。

 出品リストはWebにはないのが残念だけど、ないものは仕方ない。

 年に何度か展示内容を変えているので、また次の展示も見に行くかもしれない。平日の館内はほとんど人がいなくて、ゆっくりと見られるのがいい。入館料は無料なので、日本橋界隈に行くことがあれば、寄り道してみてはどうだろう。休憩用のソファも沢山あるので、足休めもできるしね。

 一時間ほどゆっくりと拝見して、高島屋の歴史を展示してある部屋ものんびりと眺めてきた。また、高島屋の歴史をPVで流していたので、それも全部見てきた。いろいろと画像を眺めていると、「ああそんなことあったなぁ」と記憶が戻ってくる。

 レトロな雰囲気を味わうにもいいかと思う。今回はエレベーターと回廊を撮ってきた。が、エレベーターの階数表示をアップで撮るのを忘れた。

20140424_01

20140424_02

ご近所のお店のことなど

 何度も書いているが、ご近所の路地は入り組んでいて面白い。と思うまでに何度迷ったことか(苦笑)

 前はよく通るけれど、一度も入ったことのない喫茶店「再開」というお店に入ってみた。ドリンクの値段プラス240円でホットケーキが食べられるので、アイスウインナオーレとホットケーキを注文した。

 待っている間に店内をきょろきょろと見ると、なかなか年季の入った雰囲気。奥に広い店で、4人掛けのテーブル席が8つ、二階もあるらしい。軽めのジャズが程よいボリュームで流れている。聞いたところ、60年くらい前に始めたとのことだった。

 先にアイスウインナオーレが来て、しばらく待つと「お待たせしました」とホットケーキも出てきた。

20140417_01
 グラスの形がちょっと面白い。飲んでみるとシロップが少し入ってたけど、甘すぎないので許容範囲。そう言えば、昔はアイスコーヒーにはシロップが入っているものだったよな。

20140417_02
 シンプルなホットケーキ。蜜は別の容器で出してくれる。お味は・・・普通(笑)昔ながらのホットケーキの味がした。ボリュームはそこそこあるので、これだけでお腹はいっぱいになるかな。

 最近はパンケーキのお店が流行でありこちにある。何軒かは行ってみたが、シンプルの真逆でデコラティブなパンケーキが多い気がする。それはそれで、美味しいのだけど、こういうシンプルなのが食べたくなる。
 ただ、千林界隈にしては値段設定が高めかなという気はするので、再訪するかは微妙なところ。他にも長屋カフェとか行ってみたいお店が沢山あるのでね。

 気軽に、でも落ち着いていて、美味しい珈琲とお菓子があって、のんびりできるお店を見つけたい(笑) 飲む量が減った分、お菓子に行ってるかもね。

天王寺公園のニャンズ

 ご多分にもれず、猫がいるとついついカメラを向けてしまう。

 猫のご飯を上げているおばさまの所へ急いでる黒猫
20140416_01

 茂みから現れた白キジ猫
20140416_02

 また別のキジ猫も
20140416_03

 ご飯をくれるおばさま 猫は3匹見えている
20140416_04

 茶トラ猫も現れた
20140416_05

 茂みなどにご飯を置いているのを食べる猫
20140416_06

 見ていると睨まれてしまった
20140416_07

 ゴミ箱の裏でご飯を食べてるキジ猫と最初の黒猫
20140416_09

 ご飯を食べ終わって身づくろい
20140416_10

 ここでおばさまが餌をあげているのはこの4匹みたい。持ってきたお皿に食べ物をいれて、皆が食べ終えるとちゃんとお皿を回収しておられた。こういう方があちこちにいるので、地域猫たちは生き延びている。「がんばれよ」とつぶやいて、次に向かった。

 とっくりやし 根元が膨らんでとっくりみたいだから
20140416_22

 ベゴニア 花と葉
20140416_20

20140416_21

 上は木立性ベゴニアのようだ。下の方はレックスベゴニアだと思う。葉が美しい種類のベゴニア。品種改良で数千ともいわれるほど多彩な品種がある。和名は「秋海棠(しゅうかいどう)」という。

天王寺公園を散歩Ⅱ

 前回に行った時は茶臼山には行かなかったので、そちらの方にも行ってみることにした。

 花水木の下で一輪だけ開いていた椿 赤が目立つ
20140416_11

 振り返ればハルカスがそびえ立っている 圧倒的な高さ
20140416_12

 今を盛りと咲き誇る八重桜
20140416_13

 初々しい桜色がきれいで和む 葉もきれいですよね
20140416_14

 茶臼山に向かう遊歩道から河底池を望む
20140416_15
 新緑がきれい 手前の木は桜なので、もう少し早ければよかったかな。

 茶臼山へ
20140416_16

 途中で咲いていた深紅の八重椿
20140416_17
 なんともボリュームのある花で美しい。沢山の花をつけていたので、すごい迫力だった。しかし、濃い赤の写真が相変わらずヘタクソじゃの。

 頂上からの眺め 周りに木が多くて見晴らしはいまひとつ
20140416_18

 旧黒田藩蔵屋敷長屋門

20140416_19

 やはり樹木の多いところは良い。どの季節に訪れてもそれぞれに豊かな表情があって飽きることがない。

天王寺公園を散歩Ⅰ

 本当は大阪市立美術館の展示を見たかったのだけど、体調的に集中して見られない気がしたので、天王寺公園をぶらぶらすることにした。暖かい日差しを浴びて気持ち良かった。

 公園にはいろいろな動物のオブジェがあるけど、ライオンが可愛い
20140416_01

 植物温室にあった面白い木 オクナ・セルラタ(ミッキーマウスノキ)
20140416_02

20140416_04
 なぜミッキーマウスノキなんだろうと思ったら、実がミッキーマウスに見えることがあるかららしい。今回は見つけられなかった、残念。

 少し高いところから美術館の方を見下ろした風景
20140416_05
 躑躅がきれい。白はまだ咲きはじめだけど、赤やピンクはかなり咲いていた。
20140416_06

20140416_07

 名残りの桜
20140416_08

20140416_09

 花水木の白
20140416_10

 美術館の前までのんびりと歩いてきて、少し休憩していると、猫さんが走って行くのが見えた。そちらを見に行くと、猫おばさんが餌を持ってきてた。ご飯を食べに来てたのね。
 しばらくは猫さんたちを眺めていた。写真も撮ったけど、それはまたの機会にしよう。

 次は茶臼山の方に行った時のことをアップします。

寝屋川市駅周辺

 「うどん らんぷ 若蔵」で美味しいおうどんを頂いての帰り道に少しだけブラブラ歩き。

 花水木が満開だった。白と紅色の2種類。
20140417_01_2

20140417_02_2

20140417_03_2

20140417_04_2
 紅色の花水木を写していると、近くにお住まいらしいおばさまから声を掛けられた。「うちにも花水木が一本あるけど、まだ咲かないの。こちらの方が暖かいのかしら」との仰せに「そうかもしれませんね、日当たりとかも関係すると思います。」とお答えした。そうねとつぶやいて、「お邪魔してごめんなさいね」と去って行かれた。

 写真を撮っているとたまにこうして声を掛けられることがある。まさに一期一会の出会いだと思う。

 たわわに実っている金柑
20140417_01_3
 これだけ実っていると、金柑の甘煮とか作れそうな。

 少し横道を入ったところにあるケーキ屋さん
20140417_01_4

20140417_02_3

 こじんまりした感じの良いお店だったけど、入り口がぴったりと閉めてあるから、ちょっと入りにくい気がする。しばらく入るかどうか悩んだけど、今回はパスした。

 寝屋川市のHPを見ると、歴史のある神社などもあるみたいなので、そのうちに散策に行ってみたいと思う。お昼は多分、うどん らんぷ 若蔵さんでおうどんかな(笑)

ご近所の猫さんたちⅡ

 ご近所の猫さんたちⅠの続きです。ご飯物語と友人に名づけてもらったシリーズ(笑)

 やっぱりカリカリが気になってます
20140402_16

20140402_18

 やっとやって来て、食べてます
20140402_19

 茶トラは欲しいだけ食べたので、別の場所に移動
20140402_20

 何見てるかな?
20140402_21

 きじトラの子の片方もお腹いっぱいなのか、どこかへ行こうとしてる
20140402_22

 最後まで食べていたのは、きじトラの親子
20140402_24
 この猫さんたちもお腹いっぱいに食べて、それぞれに移動して寛いでました。

 今回はこれでお終いですが、まだまだ写真はあるので、また猫記事を書くと思います。

祝!開店 うどん らんぷ 若蔵

 蔵十さんで修業していた若林さん(通称:若ちゃん)がはれて新しくお店をオープンしました。京阪の寝屋川市から歩いて5分くらいの場所です。

 14日に開店だったのですが、その日は行けなくて、17日のお昼の時間に伺いました。寝屋川って全く土地勘がないのですけど、迷うことなくたどり着きました。

 お店の外観
20140417_01

20140417_02

 お品書き
20140417_03

20140417_04

20140417_05
 蔵十さんと似たような構成ですが、オリジナルもいくつかあります。

 お祝いのお花も沢山。店内の様子とともに。
20140417_06

20140417_07

20140417_08

20140417_13

20140417_14
 全部で27席くらいでしょうか。中に二人、ホールに二人でした。

 お酒w 今回は我慢です(笑)
20140417_10

 生醤油うどんとちく天をお願いしました。
20140417_15
 薬味に葱と大根おろし、レモンがついてました。盛り付けは蔵十さんとは違ってますがきれいな盛り付け。

 ぴっかぴかのおうどん。透明感があって期待大
20140417_16

20140417_18
 まずはお醤油もなにもなしで、ちゅるんと頂きました。美味しい。腰もあるし、グミ感もあって、このままでも良いかなぁ。

20140417_19
 生醤油を少しだけかけました。これで十分麺の旨みが味わえました。薬味の大根おろしや葱、レモンなどで味に変化をつけながら、せっせと頂きました。お腹いっぱいです。

 若さんとスタッフの方。ホールの女性は遠慮しましたけど。
20140417_11

20140417_12
 一枚目は私の注文を作ってくれているところ。二枚目は手が空いた時に撮らせてもらいました。
 蔵十にいた頃は木下店主の庇護下にいたのに、こちらではちゃんと店主の顏になってました。これからも時間とともに店主らしい顔になっていくのだろうなと思います。

 お昼の営業が終わりかけにいったのですけど、私のあとからもお客様が来てました。立地条件もいいし、繁盛店になるのではないかなと思います。
 今度は暖かいお出汁のおうどんを食べに行かなくちゃ。

 ご馳走様でした。

続きを読む "祝!開店 うどん らんぷ 若蔵" »

ご近所の猫さんたちⅠ

 相も変わらずの猫写真です。猫好きの私には嬉しくも楽しい写真なので、大目に見てやって下さいまし。いつもの地域猫さんたちです。4月2日に撮影。

 茶トラの猫 片方の目は見えないとお世話をしている方に聞きました。
20140402_01
 駐車場で居ました。
20140402_03
 お世話している方がカリカリをお皿に入れているのを見て、さっそく移動。
20140402_05
 気になるものがあるみたい。

 この猫たちは兄弟猫 お世話してくれる方のおうちのすぐ横にいる。
20140402_07

20140402_08
 カリカリが気になってるけど、様子を見ている

 なぜか、いきなりゴロンと
20140402_10

20140402_11_2
 近くに来過ぎて、はみ出してしまった 何とも可愛いポーズ

 左がお母さん猫 大きいでしょ
20140402_12

 奥の方にいた猫さんも気になって覗いてる
20140402_13

 小走りに出てきたと思ったら・・・
20140402_14

 通り過ぎちゃった。その間に茶トラ猫さんもカリカリ食べている。母さんねこも素早く来てる。右から2番目が母さん猫
20140402_15

 この続きは次の記事で書きますね。

 この道はよく通るので、そのたびに「猫さんいるかな」と楽しみに通ってます。いるとついつい写真を撮ってしまいますね。毎回、表情も動きも面白くて、見飽きないです。

散歩帰りの寄り道ご飯

 城北公園への散歩の帰り道、お腹もすいたし喉も渇いたしで道沿いにあった中華料理店で一休みすることに。美香居というお店。開店後すぐだったので他のお客様はいなかったが、飲食している間に何組か来られた。

 まずはビールを注文。出てきた突出しは枝豆。
20140401_01
 茹で方も塩気もちょうどよくて、良いおつまみになる。

 皮蛋豆腐(ぴーたんどうふ)
20140401_02
 豆腐を細く切ってあるのは珍しい。ちょっと食べにくいが味は良い。

 水餃子 半分だけ(笑)
20140401_03
 焼き餃子と水餃子を頼んだが、写真と撮る前に焼き餃子は完食、水餃子が半分になったところで写真を撮ったのでこんな感じに。
 焼き餃子は野菜たっぷりの上品な味付けで美味、水餃子の餡は焼きと同じで、皮を変えてるようだ。スープ仕立てだが、スープは今一つかな。

 油淋鶏(ユーリンチー)
20140401_04
 ボリュームたっぷりである。かけてある甘酢餡が良いお味でビールが進む君。

 醤油ラーメン
20140401_05
 ごくシンプルな醤油ラーメンだが、トッピングが充実してる。メンマもチャーシューもなかなかに美味しい。麺とスープはごく普通かな。

 ビールとつまみだけのつもりが、そこそこ美味しいのでたくさん食べてしまった。あ、食べたのは二人ですよ、一人じゃ無理。このお味なら、散歩の帰りにまた行くかもしれない。

散歩で見かけた春の花々

 通院のために出かけた桃山台方面。引っ越して一年も経っていないのに懐かしい場所になってしまいました。団地の1ブロックが取り壊されていて、その中で生きてきた植物はどうなったのか気にかかります。

 残念ながら桜は盛りを過ぎていて葉桜になりかけていました。それでも元気に咲いている花々を見ることができて、心和みました。

 黄色のガザニア
20140410_01

 銀杏の花
20140410_01_2
 毎年だけど、この瑞々しい緑は好きです。

 紅花常盤万作
20140410_03

20140410_02

20140410_01_3
 ほぼ満開で、木が燃え立つように見えました。まだ若木なので、大きく育ったら迫力あるでしょうね。

 桜 おそらく大島桜
20140410_01_4

20140410_02_2
 この木がまだ花をつけてましたね。

 雪柳
20140410_02_3

 公園の新緑 一枚目はこならだと思います。
20140410_01_5

20140410_01_6

 家から通院するのは遠いのですが、このあたりの自然を見て楽しめるのでそんなには苦にならずに通えます。今度行ったら、猫と遊ぶ公園にも足を延ばして、ニャンズの様子も見てきたいです。

めん処・むくの周辺

 むくさんで美味しいおうどんとデザートを頂いての帰り道で見つけた花たちと買ってみたかった和菓子屋さん「飛蝶」に行ったことなど。

 カロライナジャスミン
20140410_01

20140410_02

月桂樹の花
20140410_01_2
 葉の乾燥したものはローリエ(ローレル・ベイリーフ)と言い、香辛料として広く親しまれている。生薬としても使われるらしい。また葉を編んで冠にし、勝利と栄光のシンボルとされる。アポロンの聖樹として神聖視されていた樹木。庭木としても用いられている。
 よく見かける樹なのに、花が咲いているのは初めて見た。可愛い花だわ。

 飛蝶さんの店内
20140410_01_3
 左から「天下栗」・「晶子の郷」・「梅花の宴」

 生菓子
20140410_02_3

 沢山の種類のお菓子が並んでいて迷うほど。苺大福や桜餅、柏餅などの季節のお菓子も沢山ある。今回はおはぎとわらび餅を買ってみた。写真は取り忘れ(・・;)

 おはぎもわらび餅も品の良い甘さでお茶うけにぴったりだった。また買ってしまいそ。

 諏訪ノ森商店街にある「美乃や」さんのお菓子も試して見たいし、何かと楽しみのある諏訪ノ森なのであった。

4月のめん処・むく

 今月のめん処・むく さんの営業は10日でした。行ってきましたよ、諏訪ノ森の雰囲気も好きですし、おうどんは楽しみだし。

 最近はお客様も多く見えているようで、お昼を少し過ぎた頃には麺切れになることも多々ある。この日もFBチェックして、あと2人前で麺切れの投稿に、「今、向かってます」とコメントを入れちゃった(爆)

 この入り口が見えるとホッとする。いい雰囲気。
20140410_01

 本日のお品書き
20140410_02
 私が到着してしばらくすると「麺切れ・・・」張り紙が。
今回は解読不明のものはなし。大きな玉ねぎはどう調理されてるか興味深々。

 そして早速に日本酒の誘惑(笑)
20140410_03

20140410_04
 株式会社酒持田本店のお酒

 お酒とおつまみ きゅうりのお漬物と蕗味噌
20140410_05
 飲みやすいけれど、旨みのあるお酒でいい感じ。蕗味噌は手作りだそうで、蕗の苦味が春を感じさせてくれる。

 大きな玉ねぎの下で肉ぶっかけうどん
20140410_06
 確かに玉ねぎがまるごとデーンとのってる。いただく前の口上は「ナイフがあるので、それで玉ねぎを切り分けて食べて下さい。薬味にねぎと生姜と蕗味噌があるので、味が単調に感じたら使って下さい。」
 いつも思うのだが、説明を聞いてから食べるおうどんってどうよ(笑)仰せのとおり玉ねぎを切ろうとしたが、うどんの上にのってる玉ねぎにナイフを入れるの難しいんだけど。何とか切り分けた。

 玉ねぎ分解後
20140410_07
 うーん、分解するとビジュアルはあまり良くないな。

 まずはうどんから、ちゅるっと食べると、前の麺より腰が強くなっているような。聞いて見ると、「麺を太くした」とのこと。なるほどね。

 玉ねぎを一切れ。おうどんの出汁でゆっくりと煮込んだと言ってましたが、これは玉ねぎが足りなくなって、あとから煮込んだ分なので、表面はお出汁の味がするけど、中は玉ねぎ本来の甘みが。美味しい玉ねぎ。蕗味噌を少しつけて食べても美味しかった。
 お肉は薄い味付けにしてあって、ぶっかけの出汁と一緒に食べてちょうど良いくらい。ぶっかけ出汁も品のよい味なので、最後まで美味しく食べられる。

 あとはせっせと食べるだけ。ご馳走様。

 さあ、コーヒーとデザートもお願いしなくては。ケーキは奥方の手作りのパウンドケーキ。

 じゃん こくのあるコーヒーとケーキ
20140410_08

 パウンドケーキアイスクリームとアプリコットジャム添え
20140410_09
 優しい味のケーキ。甘酸っぱいジャムと良く合う。かなり暖かかったからアイスクリームも嬉しい。

 お客様に頂いたお菓子
20140410_10
 名古屋のお菓子だったっけな。中に餡が入ってた。しるこサンドだったかな。記憶があやふやなんで、違っているかも・・・

 庭のシャクナゲと白山吹
20140410_11

20140410_12

 こちらは周りの感じも良いし、庭の花や樹木で季節感もあるし、気持ちがゆったりするのがいい。ただ、少ない小遣いでやりくりしてるから、「麺屋 爽月」にはあまり行けないのが残念かな。

 5月は8日(木)に「めん処・むく」の営業がある。オリジナルメニューも気になるから、行けるといいなと思っている。

ラッピング列車

 大阪市営交通110周年記念「復刻ラッピング列車」なるものを千里中央駅で見かけた。昨年から走っていたらしいが、見たのは初めて。

 電車やバスで、ボディ部一面に広告が描かれているのはよく見かけるが、復刻列車というのは珍しいのかな。ググるとラッピング列車は結構あちこちにあるみたい。

 大阪市交通局で初めて高架部を走行した車両である6000型
20140403_01

20140403_02

 戦後初の新造車である500型(塗色変更後)
20140403_03

20140403_04

 鉄道ファンでは全くないので、車両の色が違うくらいしか解らないが、珍しい気がしたので、写してきた。交通局のHPを見ると、他にもあるので、御堂筋線に乗るときは注意してみようかな。詳細は上のリンクから見られる。

 
 大阪市営交通110周年記念事業のページはこちら。ラッピングバスも走ってるみたいだけど、まだ見ていない。そのうちに見られるといいけど。

お寺でJazz Live

 家の近くの浄願寺というお寺でJazzLiveがあったので行ってきました。
 本堂でのライブは「JAZZTERRA」と銘うたれて23回目を迎えてます。ここは会場を無料で提供されているので、入場料なしです。

 「お釈迦さまの誕生を祝う花まつりのEVE EVE LIVE & CD 「FirstSong」発売記念ライブ第4弾です」というイヴェントでした(笑) 長い!

 ヴォーカリストは「徂徠真弓(そらいまゆみ)」さん。徂徠という性は全国で100名程度ということです。私も初めは読めませんでした。

 メンバー:高岡正人(pf)、石田裕久(wb)、橋本現輝(ds)、徂徠真弓(vo)

 ピアニストの方がリーフと変わってました。予定していた田中武久さん(なんと80歳)が体調を崩されたとのこと。

20140406_

 会場の様子。
20140406_live01

 徂徠真弓さん 美人です(笑)
20140406_live02

20140406_live03

 曲目はスタンダードジャズでした。センチメンタルジャーニーやテネシーワルツなど。全曲は覚えてませーん。きれいな声だし、美人だし、目の保養も出来ました。

 面白かったのは仏教の讃歌をアレンジして歌っていたこと。会場の寺のご住職の課題曲なんだそうです。客席からは笑い声が・・・

 最後のリクエスト曲は「ルート66」。ここでハプニングが起こりました。ご住職のお知り合いの女性ボーカリストが来られていて、一緒に歌うことに。ぶっつけ本番でしたが、さすがプロですね。素敵でしたよ。飛び入りの方の名前を失念したのが残念です。イタリアの伊までは聞こえたのだけどね。

 そしてなんと徂徠真弓さんはお寺の大黒さん(他にも呼び方はあるが、僧侶の妻)でした。自己紹介の時に「奈良のお寺から来ました」と仰ったけれど、「お寺でのライブは初めてです。」とも言われたので、ん?と思ってましたが、これで納得です。

 こちらの方がご住職、楽しい方です。他のLiveを紹介中。
20140406_live04

 入場は無料で、持ち込みのワインなど頂きました。ただし、お志の箱はまわって来ました。ワインも頂いたしちゃんと志は入れてきました。

 本堂の欄間 鳳凰に見えるのだけど違うかな。
20140406_live05

 花まつりの花御堂
20140406_live06
 甘茶も用意されていて、休憩時間にお参りして下さいと仰ってました。

 こちらでの次のLiveは6月22日。第13回音楽の祭日。きっとまた聴きに行きます。

七歳の誕生日です。

 すこし過ぎてしまいましたが、3月31日でこのブログも七歳になりました。途中で長い休みなどもありましたけど、なんとか続けてこられました。

 読んで下さる方がいるというのは励みになります。コメントなどを頂くととても嬉しいです。

 ブログを書くというのも一種のリハになるので、ぼっつらと身の回りのよしな事を綴って行くと思います。今後ともよろしくおねがいします。

20140403_02_2

EBISU(エビス)@針中野初訪問

 FBのお友達のおひざ元の針中野にある「EBISU(エビス」さん。アップされている写真を見るだけでも魅力的なお店だな、いつか行きたいなと思っておりました。

 その願いが叶って伺うことができました!(^^)! 「焼肉で厄落とし宴会」の時にお誘い頂いたのです。嬉しかったですよ。

 当日は地下鉄の駒川中野の駅外で待ち合わせて駒川商店街を通って向かいました。大型の商店街でお値段もお手頃価格のお店がいっぱい。いいですねぇ。

 お喋りしながら歩いてEBISUさんに到着。外観の写真は撮り忘れました。カウンターとテーブルがいくつかあって、にゃんと椅子もありました。テーブルの方へ腰を落ち着けて、まずはエビスビールで乾杯。ここからは、飲み食い優先モードなので、写真もいい加減かも。

 飲み物のメニュー お安い
20140403_ebisu02

 突出し2種 手前はエリンギ 奥がオニオンスライス?
20140403_ebisu01

 トマトチューハイ 焼酎とトマトジュース、グラスは別出し
20140403_ebisu03
 焼酎とトマトジュースを自分で好きな割合で入れて飲みます。マドラーが赤のハートなのが、何ともキュート♡

 しばらくすると遅れての参加の方も見えられて、改めて乾杯。ここからは怒涛のお喋りとお酒とおつまみでカオスの世界に(笑)

 おつまみ4種盛り もひとつ頼んでて、内容は違ってました。
20140403_ebisu04
 ほたるいかの辛子味噌が加減がよくて美味。

 ホルモン炒め
20140403_ebisu05
 嫌味の全くないホルモンで塩加減もよくて、ビールが進みます。

 中トロのお刺身
20140403_ebisu06
 口の中で溶けるような美味しい中トロでした。

 自家製厚揚げ 豆腐をお店で揚げて出てきます。
20140403_ebisu07
 出来立てで熱々。角のしっかりした味はウマーイ。

 ジャンボハイボール でかい
20140403_ebisu08
 ビールの大ジョッキくらいありました(爆)まあ氷も沢山なので・・ね。

 アスパラ炒め シャキッとしてて美味しい。アスパラ大好き。
20140403_ebisu09

 海鮮納豆 お魚の下は納豆 あるお方がすごい勢いで混ぜ混ぜ。
20140403_ebisu10
 関東の寿司屋などで、「バクダン」というメニューで出てますね。混ぜちゃうと見た目はいま三つくらいですが、美味しいですよ。

 シシャモとメザシ
20140403_ebisu11

20140403_ebisu12

 どれだけ飲んで食べたことか。最初からテンション上がっていたので、お店の様子とかをゆっくり観察もせずに、ひたすら飲み食いしてました。

 いやー美味しかった。地下鉄一本で行けるし、また行きたいです。そして・・・

続きを読む "EBISU(エビス)@針中野初訪問" »

淀川べりの堤防からお散歩 Ⅲ

 今回の城北公園のフォト記事はこれでお終いです。桜の写真をドーンとアップします。

 もう、ほぼ満開に近い園路の桜たち
20140401_10

 まだこれから咲く蕾 桜色がほんのり見えるのが可愛い
20140401_11

 菅原城北大橋の傍で咲ている。
20140401_19

 青空に映えて綺麗だった
20140401_20

 桜広場の桜たち 電線が無粋だ
20140401_21

 桜広場の木の下で撮ってみた 日の当たり方で奥行きが出たかな
20140401_22

 こちらは色調が気に入っている
20140401_23

 古木のごつごつした幹にも花が咲いてる
20140401_24

 枝の隙間からの太陽の光
20140401_25

 ざっと2時間程度の散歩だったけれど、川や公園の花々を眺めて楽しい散歩だった。かなり暖かくなってきたし、せっせと散歩に行こうかな。

淀川べりの堤防からお散歩 Ⅱ

 引き続き城北公園の花々。桜は次の記事でアップしますね。

 大池の傍の並木を見上げるとこんな感じ。
20140401_15

 蒲公英(たんぽぽ)が可愛い。
20140401_16
 非常に種類が多いので、これが何かは不明。総称たんぽぽってことで(笑)
用途も多い。葉をサラダにしたり、根を蒲公英コーヒーにしたり、薬草としても使われる。

 ローズマリーの花
20140401_17
 これも使用用途の豊富なハーブ。詳しいことはこちらから。

 ラッパ水仙
20140401_18
 きれいで香りもよいのだが、毒性を持つ植物なので、注意!

 これは何だと思います?
20140401_26
 桜の古木に苔がついていて、その上に別種の苔が育ってます。

 花蔓蕎麦(はなつるそば)
20140401_27
 この花もあちらこちらで見かけます。石垣の隙間でも元気よく咲きます。

 今日はここまででお終い。明日が桜をアップします。

 

淀川べりの堤防からお散歩 Ⅰ

 昨日は風が強く、雨も降ったので、桜は散り始めたかもしれないですね。

 エイプリルフールの4月1日はお天気が良くて絶好のお散歩日和でしたので、ぶらぶらと出かけてきました。淀川べりの堤防から城北公園までの散歩です。

 堤防から見た豊里大橋
20140401_01
 開けた空間の空は眺めていても気持ちがいいです。思わず深呼吸。

 大阪工業大学 体育会航空部のグライダーの調整かな。
20140401_02
 部員たちがワイワイと喋りながら作業をしてました。

 淀川ではエイトの練習をしていた。
20140401_03
 気持ちよさそう。でも水の上では少し寒いかも。

 菅原城北大橋
20140401_04
 この川沿いにスーパー堤防を作ろうとしてるというか工事は始まっている。

 堤防の草原にいた雀
20140401_05
 草の種でも食べているのかな。

 辛夷(こぶし)と雪柳
20140401_12

 大池の畔の木々
20140401_06
 樹形がきれいなんだけど、木の名前がわからない。真ん中より下に白く見えているのは雪柳。今を盛りと咲いてた。

 辛夷こぶし)に桜に連翹(れんぎょう)
20140401_07
 手前の木が辛夷、奥が桜で黄色いのは連翹。春爛漫

 辛夷の花をアップで
20140401_08

 連翹
20140401_09

 雪柳
20140401_13

  今日はここまででお終いにします。次は桜以外の花々でアップします。

焼肉で厄落とし宴会

 「めん処・むく」さんからのあちこちの寄り道を経て、最後のイベント「焼肉で厄落とし宴会」にやっとたどり着きました(笑)場所は住吉公園の桜の広場

 今年、本厄年を迎える「麺屋 爽月」のとんとんさんとお友達の厄落としの宴会だったのよね。昨年も前役の厄落とし宴会があったんで、来年は後厄落とし宴会もあるかもね。

 阪堺電車を住吉公園で降りて、住吉大社の鳥居を背にして向かいます。
20140327_01

 てくてくと公園を歩いていると、聞き覚えのある声が聞こえてくる。まだ桜の広場にも着いてないのに。でっかい声の主がもう来ているらしい。

 ビールに日本酒にワインに焼酎などのお酒の差し入れ多数
20140327_02

 お肉を焼いてる お肉もソーセージも、うしや精肉店のもの。リッチ!
20140327_03

 参加者は総勢30数名なので、お肉も焼けたらすぐに無くなります。でも用意されていたお肉も半端ない量だったので、問題なし。

 こんな感じでわいわいがやがやと飲んで食べておしゃべりをしてたの。
20140327_04

20140327_05

20140327_06

 一応、夜桜も撮ってみたけど、まだ二分咲きくらい
20140327_09

 そばで夜桜バーベキュウーをしていたお嬢さんたちが炭を切らせて、炭をわけて下さいと来られたり。男性陣が喜んでわけて差し上げてた(爆)

 19時から始まった宴会も22時を過ぎて、そろそろお終いに。厄落としメンバーのご挨拶があって、解散となった。
20140327_11

 沢山の人たちが集まっての厄落としって言うのも良いものだな。準備をしてくださった方たちに感謝。ホントに楽しい宴会だった。

堺の老舗

 寄り道の最後の記事です。

 ご存じの方も多いだろうが、は戦国時代から商業、貿易の盛んな地域で自治権も持っていた商人の街。千利休もこの街の出身だし、文化芸術に秀でた人材を輩出している。

 当然、老舗も多いわけで、お茶や和菓子のお店も多い。たまたま通りかかったお店を二軒ほどご紹介。

 和菓子のお店 丸市菓子舗 明治28年創業で新しい方のお店
20140327_01

 この張り紙が・・・呼ばれたような(笑)
20140327_02

20140327_03

20140327_04

 斗々屋茶碗(ととやちゃわん) 利休の愛した茶碗をお菓子に20140327_05

20140327_06

 表のディスプレイ 自分が写りこんでしまった
20140327_07_2

20140327_08

 さくら餅と草餅を買い求めて、店内の写真を撮っても良いかと尋ねたところ、快く許して頂けた。扱っているお菓子の種類も多いので、しっかりと悩めるよ。ご主人の写真も撮らせて頂いたが、それは載せないでとのことだった。福々しい良いお顔だったので残念。

 お店を出ると道路を挟んだお隣には茶舗があって、ちょいと出来すぎ(笑)

 西尾茗香園茶舗 安政元年創業とある。
20140327_09

 表のディスプレイ 茶道具など
20140327_10

 こちらは表から写真だけ。お茶が切れていたら買い物をしたかも。店内に茶室もあるそうで、知っていたらお茶を飲めたのだけど。

 さて、長い寄り道はこれでお終い。阪堺電車で住吉大社に向かいます。

開口神社 Ⅱ

 昨日は母校のくだりがセンチメンタルかも(苦笑) 続きをば書いてしまいませう。

 
 こちらは東側の鳥居を外から写したもの。西側は石ですが、こちらは木です。
20140327_15

 この鳥居をくぐって左手にある豊竹稲荷神社
20140327_14
 お稲荷さんらしく鳥居が続いてます。お狐さんを写すのを忘れました。

 境内神社・三宝荒神
20140327_16

 扇塚
20140327_17

 境内神社・(左)菅原神社、岩室神社(中央)舳松神社、松風神社
(右)白髭神社、 塞神社
20140327_18

 境内神社・薬師社 薬師如来が祭られている
20140327_22

 境内神社・沢山の神様を合祀している
20140327_23

20140327_25

20140327_24

20140327_26

 拝殿と本殿
20140327_21

 拝殿の向かって右側の紅梅
20140327_28

20140327_29

 境内に一時間くらいはいたと思うのだが、あとでHPを見ると見落としていたところもあるみたい。社務所は16:30に閉めていた。おみくじとかお守りなどが欲しい場合は時間にご注意を。

 平日の夕刻のせいか、人もあまりいず、静かにゆっくりと境内を見ることが出来ました。

 堺市にお住いの方の記事に載っていたステーキ屋さんは、東参道の目の前にありました。行列店だそうです。
20140327_30_2

開口神社 Ⅰ

 さて、山之口商店街の途中に西参道のある「開口神社(あぐちじんじゃ)」 にも立ち寄ってみました。そんなに広い境内ではないけれど、見どころはいろいろありました。

 写真の枚数が多いので、2つに分けることにします。

 この神社の由緒などは、HPで見て頂くとして、簡単に書きますね。

御祭神   塩土老翁神(しおつちのおじのかみ)
        素盞嗚神(すさのうのかみ)
        生国魂神(いくたまのかみ)

創 建   神功皇后の勅命による(西暦200年頃か)

社 格   「延喜式」神名帳(記載) 「式内社」

 西側参道の鳥居
20140327_01

鳥居の左横にある社号標
20140327_02_2

 
鳥居の右手にある金龍井の案内版
20140327_03

 金龍井館と井戸
20140327_04

20140327_05

 気づかなかったが、商店街の方にはポンプがあって水が汲めるようです。

20140327_06

 狛犬(阿)は見返り子狛
20140327_07

 狛犬(吽)手つきが招き猫のようで、玉をのせてます。
20140327_08

 吽形の後ろ姿
20140327_09

 こちらの狛犬は阿形、吽形の配置が逆ですね。変わり種の狛犬です。かなり大きな狛犬です。後姿もきれいです。

 三国丘高等学校発祥の地の碑
20140327_10_2

20140327_11

 拝殿
20140327_12

20140327_13

 かなり陽も傾いてきてます。ご近所の方がお賽銭を握ってお参りに来ておられました。毎日、お賽銭をあげて参拝するのが習慣になっているとのこと。ご近所にも親しまれている神社なんだなと微笑ましく思えました。

 大阪府立泉陽高等学校発祥の地の碑
20140327_19

20140327_20

 与謝野晶子の出身校です。じつは私の出身校でもあります。学校のマークが懐かしいです。まだ女子の制服はセーラー服なんですね。制服にあこがれて受験した女子生徒が多かったのだけど、今はどうなんでしょうね。

 っと、横道にそれてしまった。出生も堺市なので、いろいろと懐かしくて、寄り道するのが楽しかったのです。

 神社の残り半分はまた、次のブログの記事でご紹介します。



 
 







 

山之口商店街を散歩

 住吉大社宿院頓宮から向かった先は山之口商店街。こちらも由緒ある商店街ですね。木曜日は定休日のお店が多かったのか、ちょっと寂しい感じがしました。最近はどちらの商店街もシャッター街化してるのでこちらもそうなってる様です

 向かい側の道路から一枚
20140327_01_3

 アーケード内に和歌の垂れ幕があります。与謝野晶子の故郷なので、和歌を使ってるという事です。趣味が良いですね。詳しくは商店街のHPにて。
20140327_02_3

 かなりの距離のある商店街です。
20140327_03_2

 お洒落で可愛いギャラリー「ギャラリーいろはに」 お休みでも、大きなガラスから中の展示を見ることが出来るのがいいですね。
20140327_04_2

 パティスリー ド ボワ(お菓子の森
20140327_05_2

 店内の様子を外から 
20140327_06_2

 この通りを大小路方面に向かうと、右手に開口神社(あぐちじんじゃ)の西側参道の鳥居があります。そちらにもお参りしたのですが、それはまた次に。
 っていつまで続くこの話ですが、あと3回くらいで最後にたどり着きます(爆)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »