最近のトラックバック

にほんブログ村

  • にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
  • にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ

2011年12月オイル

  • 201112_oil09
    オイルの夜のコース

2011年11月ランデブー・デ・ザミ

  • 07_20111106_cake
    休日に楽しんできたランチの写真です。

2010年03月フジハラビル

  • 09一階から二階への階段
    「モルグ街の白昼夢」を見たビルの写真

2010年02月菅原院天満宮

  • 15御産湯の井
    三月歌舞伎座の「菅原伝授手習鑑」の 成功とご無事をお願いに行きました。

2010年02月護王神社等

  • 11土御門内裏跡の碑
    京都散歩での護王神社の写真等

2010年02猫三昧

  • 13造形芸術大学の子
    20日に京都造形芸術大学の階段でモデルになってくれたニャンズ。 ひたすら猫三昧ですな。

2010年02月京都散歩

  • ラルゴのある小道
    雪が降ったり止んだりの京都散歩の写真です。

2010年01月京都文化博物館

  • 13文化会館金庫室
    京都の文化博物館に映画を見に行った時の写真

2010年01月京都ハリスト教会

  • 10鐘
    京都散歩で見つけた京都ハリスト教会の写真

2010年01月オピュームのランチ

  • 08_カフェムース
    オピュームのランチの写真です。 美味しかったです(^^♪

2010年01月国立劇場他

  • 12舞台の上のにらみ鯛
    初春の国立劇場と文楽劇場の写真です。

2009年11月彦根散策

  • 15ひこにゃんの石像
    昨年のクラブSOJAのイベントの時に 彦根をぶらぶらした時の写真です。

2009年07月神輿洗い

  • 16これでお終い
    神輿洗い(終)を偶然に拝見できたので、 暗い写真が多いけど雰囲気だけでも。

2009年07月二条大橋のニャンズ

  • お母さん猫3
    二条大橋のたもとで遊んでたニャンズ。 人懐こくて、遊んでくれたけど、痛かった(+_+) でも、すっごく可愛かったので許す(*^_^*)

2009年06月の上吉さん

  • お皿のアップ
    引っ下げまぐろに釣られて上吉さんでお食事。

2009年06月京都国立博物館

  • 28同じく床の風景
    京都国立博物館へバロックコンサートを聞きに行った時の写真。博物館と帰り道の散歩のときの写真も少し。

2009年06月オピュームで

  • 04オピュームの入口
    オピュームで開かれたリュートの演奏会の写真。 ご出演の井上さんも写ってますよ。

2009年06月銀座ミニ散歩

  • 10_大わらじ
    あまり天気がよくなかったのだけど、 少しばかりの散歩の写真。

2009年05月霊山寺バラ園

  • Rose09
    霊山寺で咲き誇っている薔薇たち。

2009年05月上池院

  • 10お庭の風景
    高野山・上池院ので昼食とお庭

2009年05月高野山

  • 特急「こうや」
    高野山散歩のメモ写真。 雨だったので、あまり良くないが致し方もなし。

2009年04月大阪倶楽部

  • 14大阪倶楽部
    テレマンの演奏会に行った時の 大阪倶楽部の様子を撮ってきた。 紳士の社交倶楽部だからね、 誰かに連れてきてもらわないと 普段は入れない。

2009年04月オードブルと楽しむ山崎

  • 16_デザート
    4月11日「オードブルと楽しむ山崎 2009"春”」のイベントの写真です。工場内も写してきました。

2009年03月造形する猫?

  • Cat07
     京都造形芸術大学の階段でであった猫たち。 可愛くて、大人しい猫(こ)たちでモデルしてくれた。

2009年02月中央公会堂

  • 04正面から入った所
    この写真はまんぼうショーを見に行った時の 中央公会堂の写真。何度みてもいい建物だ。 今回は内部の写真も載せている。

2009年春の花々

  • 八重山吹
    春の一日に見かけた花々 きれいな花を見ているだけで幸せ気分。 とてもお天気の良かった11日に、出かけて 撮ってきたけど、載せるのが遅くなった。

2009年02月中之島界隈

  • 10水晶橋
    まんぼうショーを中央公会堂に 見に行った時に写してきたもの。

2009年02月根来寺

  • 寒緋桜
    根来寺に行った時の写真です。 桜は五分咲きといったところ。 雨もよいだったのが残念

2009年01月蛸長と近辺

  • 団栗橋からの眺め
    初詣のお初天神の写真と 蛸長さんの写真を何枚か。 おでんが美味しそうに見えると 良いのだけれど。

2009年01月10日の散歩

  • 01浅草寺風景
    浅草公会堂の近所をぶらぶらした時の写真

2008年11月伏見稲荷大社と伏見桃山

  • 杉玉
    伏見稲荷t大社と、伏見桃山を訪れた 時の写真です。壱の峰まで行きましたよ。

2008年11月伏見稲荷で出会った猫達

  • 枯葉が寝床だって
    伏見のお稲荷さんに行った時に 出会った猫達。 いじめられないのでしょうね。 近づいても全然平気でした。

2008年11月光のルネッサンス2008

  • 19三井ビルのツリー
    光のルネッサンをふらふらと めぐって見た時の写真集

2008年11月大ビルのお稲荷様

  • 07壁面のランプ
    近所の大ビルのお稲荷さまとビルの写真

2008年11月一期一会の茶会

  • 芸妓さんの襟
    サントリーの一期一会のお茶会に参加した時の写真です。 お茶会の様子と、祇園閣の見学の様子を載せました 表紙は全然関係ないけど、きれいな実があったので。

2008年10月東京散歩

  • 東京タワー
    連休にぶらぶら歩きした時の写真

2008年05月10Wのクー君

  • カゴの隙間から
    10Wギャラリーでのクーの写真

2008年05月白州と食

  • 本日の献立
    白州蒸留所での「白州と食」というイベントに参加した時の オードブルの写真です。

2008年05月白州のイベント

  • 帰りの上諏訪駅内の足湯
    5月末に山梨の白州蒸留所を訪れたときの写真です。 参加したイベントの写真は「白州と食」に載せてます。

2008年04月サントリーと京料理

  • 替わりチーズ
    4月13日に参加した「サントリーと京料理」のお料理

2008年03月高台寺・夜咄の茶会

  • 香合
    三月八日に参加した高台寺の夜咄の茶会の写真

2008年03月食遊懐石 萬亀楼

  • 部屋の床の花
    食遊懐石の最後、三月のお店である「萬亀楼」さんでのお料理

2007年10月宇和島のうろつ記

  • 春雨亭を別の角度で
    宇和島を少しだけ散歩したときの写真です。

« 南座の昼の部 一 | トップページ | 南座の昼の部の放映が »

南座の昼の部 二

 昨日は疲れて、サボってしまったが、南座の昼の部の観劇の続きを書いておこう。明日はもう夜の部を拝見にいくのだしね。

・梶原平三誉石切
 この演目は何度も見ているはずだが、何だか久しぶりに吉右衛門さんで拝見したような気がする。そのためか、最近の記憶と少々違った印象を受けた。まずお衣装が違うなぁと思った。芝雀さんの梢もめちゃくちゃ久しぶりかもしれない。
 お芝居も全体的に淡々としていたような・・・。俣野があまり憎々しくないしねぇ。石切は舞台に背を向けて切る型でなさっているから、よけいに地味に見えるのかもしれない。舞台の奥に立って、客席に向かってきり、二つに割れたところから飛び出す型を最近は見続けていたからかもしれない。
 でも、さすがは吉右衛門さんで、きっちりとしたお芝居で立派な梶原であった。関西の吉右衛門さんファンは嬉しいだろうね。めったに関西には来られないからね。

・ぢいさんばあさん
 仁左衛門様、玉様のコンビでのぢいさんばあさんは久しぶりに拝見するかな。若々しいご夫婦に見えるところがすごいわ。これだけ仲の良い夫婦のお邪魔虫をしている、下嶋を海老蔵さんが演じている。これが意外にいい感じ。粘着質で悪気はないかもしれないが、しつこいってのがうまく出ている。
 刀を手に入れた嬉しさから、酒宴をしているところに酔っ払っていちゃもんをつけに来るところも、いかにもな雰囲気が出ていて、大ヒットからもしれない。こういう役もちゃんとできるんだぁ(失礼!)なんか、大人になってきたなぁ。
 そして三十年余が経ち、夫婦はやっとまた会えることになるが、その前に甥の夫婦が家の片づけをしている。愛之助さんと孝太郎さんだ。この二人のコンビも多いね。松嶋屋の一家ではこうなるか。ま新しい座布団を二つ並べて、甥夫婦は立ち去って行く。

 ぢいさん、登場!まあ、可愛らしいじいさんだこと。ちょこちょこと家を歩き回り、庭の桜に抱きついて、帰ってきた喜びをあらわにしているところあたりから、ハンカチが必要になってくる。ホントに嬉しそうで、見ている方も嬉しくなってくる。庭の奥の方にじいさんが立ち去ると、ばあさんがご登場。ながらく奥勤めをしていた貫禄のある、上品なばあさまがお駕籠から出てくる。玉様のばあさまは品がいいねぇ。でも以前よりも顔のつくりがばあさんになっている気がする。やはり懐かしそうに家を見て、じいさんがくっつけておいた座布団をさりげなく離す所では客席から笑い声が起きる。ぜっかくじいさんがくっつけておいたのにね。
 じいさんがまた登場するが、はじめは二人とも会釈ををするだけ。あまりに年月がたち過ぎてお互いに解らないのだ。じいさんの鼻をつまむ癖を見て、「だんなさまか」と心元なさそうに聞くばあさんがまた可愛らしい。
 しみじみと語り合う二人を見ていると、良かったなぁまた会えてとこちらも思う。これからを余生ではなく、二人でまた新しい人生を生きていくのだと思うと、その幸せが末長く続くことを思わず祈ってしまう。

 ほのぼのと嬉しい気持ちになって、劇場をあとにすることが出来た。

« 南座の昼の部 一 | トップページ | 南座の昼の部の放映が »

観劇」カテゴリの記事

コメント

>ムンパリ様
 こちらにもコメントをありがとうございます。石切の場面の型では、手水鉢の向こうに立って切り、二つに割れた手水鉢の間から飛び出してくる型があります。仁左衛門様はこちらで演じられますね。この型は客席に向いているし、飛び出してくる動作があるしで、やっぱり派手です。お衣装も仁左様は白に金のものを着ておられることが多いようです。(記憶違いだったらゴメン)そのうちに、こちらの型もご覧になれると思いますよ。
 仁左玉のコンビは孝玉の時代から、あんな感じですよ。間も何とも微妙な雰囲気も。若いときは、顔が赤くなるかと思う時も多々ござんしたね。
 お年を召してからは、ホントの夫婦のような信頼感がなおさらに漂うようになりましたけどね。
 今の團十郎さんと海老玉と言われていた時もありましたが、圧倒的に孝玉に人気が集っていたと記憶します。ここに全部は書けないので、またお目にかかった時にでもゆっくりと。なんぼでも話すことはありまっせ!!

どら猫さん、よかったですね!「ぢいさんばあさん」。
牡丹灯籠でもそうでしたけど、このお二人が夫婦役をやるとどこか可笑しみがあるというか、間とか空気が独特ですね。いつ頃からこんな感じなんでしょうね。
気がついたら、笑わされながら泣かされました。
海老蔵さんはヒール役ができるんですねえ! 私もビックリしました。ほんとに大ヒットだと思います。

梶原平三ですけど、私も手水鉢は後ろ向きしか見た事ないんです。違う型はもっと派手なんでしょうか? 吉右衛門さんの平三はかなり通向きかと思いますが、抑えた感じがいいなと思いました。

>ハヌル様
 コメントありがとうございます。今日は夜の部を見てきました。
 ぢいさんばあさんはとっても素敵だったですよね。お若い頃は、ぢいさんばあさんになってからに少し違和感があるくらいに、お奇麗でしたけど、今ですと、ぢいさんばあさんに情があって良いですね(^^♪
 吉右衛門さんの平三は、温かみが感じられますし、落ち着いた型で演じられますから地味に見えることもあるんですけど、やっぱりいい梶原平三だと思います。

どら猫さま
昨年観た幸四郎さんの平三も手水鉢のシーンは後ろ向きだったので、
違和感は感じなかったのですが、吉右衛門さんの平三は
やっぱり素敵でした~。

「ぢいさんばあさん」は本当に心温まるお話でもう一度観たいです。
仁左衛門さんと玉三郎さんの美しい若夫婦の時のラブラブぶり、
可愛らしい老夫婦になってから姿形は変わっても
心は変わってないというところに泣けました。
ホントに最強のコンビですね!
海老蔵さんの下嶋、一瞬誰?と思ったくらい良かったです(苦笑)
TBさせていただきますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南座の昼の部 二:

» 素敵な素敵な 『ぢいさんばあさん』。 [☆ハヌルのそんな感じやねん☆]
『當る丑歳 吉例顔見世興行』昼の部。 「正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)」 「八陣守護城(はちじんしゅごのほんじょう)」 「藤娘(ふじむすめ)」 「梶原平三誉石切(ふじわらへいぞうほまれのいしきり)」 「ぢいさんばあさん」 昼の部だけでもこれだけあるのだ。  なんとも贅沢で盛りだくさんな演目の数々。 しかし、何故に昼の部最後の演目をタイトルに書く? (まねき右) ... [続きを読む]

« 南座の昼の部 一 | トップページ | 南座の昼の部の放映が »