最近のトラックバック

にほんブログ村

  • にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
  • にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ

2011年12月オイル

  • 201112_oil09
    オイルの夜のコース

2011年11月ランデブー・デ・ザミ

  • 07_20111106_cake
    休日に楽しんできたランチの写真です。

2010年03月フジハラビル

  • 09一階から二階への階段
    「モルグ街の白昼夢」を見たビルの写真

2010年02月菅原院天満宮

  • 15御産湯の井
    三月歌舞伎座の「菅原伝授手習鑑」の 成功とご無事をお願いに行きました。

2010年02月護王神社等

  • 11土御門内裏跡の碑
    京都散歩での護王神社の写真等

2010年02猫三昧

  • 13造形芸術大学の子
    20日に京都造形芸術大学の階段でモデルになってくれたニャンズ。 ひたすら猫三昧ですな。

2010年02月京都散歩

  • ラルゴのある小道
    雪が降ったり止んだりの京都散歩の写真です。

2010年01月京都文化博物館

  • 13文化会館金庫室
    京都の文化博物館に映画を見に行った時の写真

2010年01月京都ハリスト教会

  • 10鐘
    京都散歩で見つけた京都ハリスト教会の写真

2010年01月オピュームのランチ

  • 08_カフェムース
    オピュームのランチの写真です。 美味しかったです(^^♪

2010年01月国立劇場他

  • 12舞台の上のにらみ鯛
    初春の国立劇場と文楽劇場の写真です。

2009年11月彦根散策

  • 15ひこにゃんの石像
    昨年のクラブSOJAのイベントの時に 彦根をぶらぶらした時の写真です。

2009年07月神輿洗い

  • 16これでお終い
    神輿洗い(終)を偶然に拝見できたので、 暗い写真が多いけど雰囲気だけでも。

2009年07月二条大橋のニャンズ

  • お母さん猫3
    二条大橋のたもとで遊んでたニャンズ。 人懐こくて、遊んでくれたけど、痛かった(+_+) でも、すっごく可愛かったので許す(*^_^*)

2009年06月の上吉さん

  • お皿のアップ
    引っ下げまぐろに釣られて上吉さんでお食事。

2009年06月京都国立博物館

  • 28同じく床の風景
    京都国立博物館へバロックコンサートを聞きに行った時の写真。博物館と帰り道の散歩のときの写真も少し。

2009年06月オピュームで

  • 04オピュームの入口
    オピュームで開かれたリュートの演奏会の写真。 ご出演の井上さんも写ってますよ。

2009年06月銀座ミニ散歩

  • 10_大わらじ
    あまり天気がよくなかったのだけど、 少しばかりの散歩の写真。

2009年05月霊山寺バラ園

  • Rose09
    霊山寺で咲き誇っている薔薇たち。

2009年05月上池院

  • 10お庭の風景
    高野山・上池院ので昼食とお庭

2009年05月高野山

  • 特急「こうや」
    高野山散歩のメモ写真。 雨だったので、あまり良くないが致し方もなし。

2009年04月大阪倶楽部

  • 14大阪倶楽部
    テレマンの演奏会に行った時の 大阪倶楽部の様子を撮ってきた。 紳士の社交倶楽部だからね、 誰かに連れてきてもらわないと 普段は入れない。

2009年04月オードブルと楽しむ山崎

  • 16_デザート
    4月11日「オードブルと楽しむ山崎 2009"春”」のイベントの写真です。工場内も写してきました。

2009年03月造形する猫?

  • Cat07
     京都造形芸術大学の階段でであった猫たち。 可愛くて、大人しい猫(こ)たちでモデルしてくれた。

2009年02月中央公会堂

  • 04正面から入った所
    この写真はまんぼうショーを見に行った時の 中央公会堂の写真。何度みてもいい建物だ。 今回は内部の写真も載せている。

2009年春の花々

  • 八重山吹
    春の一日に見かけた花々 きれいな花を見ているだけで幸せ気分。 とてもお天気の良かった11日に、出かけて 撮ってきたけど、載せるのが遅くなった。

2009年02月中之島界隈

  • 10水晶橋
    まんぼうショーを中央公会堂に 見に行った時に写してきたもの。

2009年02月根来寺

  • 寒緋桜
    根来寺に行った時の写真です。 桜は五分咲きといったところ。 雨もよいだったのが残念

2009年01月蛸長と近辺

  • 団栗橋からの眺め
    初詣のお初天神の写真と 蛸長さんの写真を何枚か。 おでんが美味しそうに見えると 良いのだけれど。

2009年01月10日の散歩

  • 01浅草寺風景
    浅草公会堂の近所をぶらぶらした時の写真

2008年11月伏見稲荷大社と伏見桃山

  • 杉玉
    伏見稲荷t大社と、伏見桃山を訪れた 時の写真です。壱の峰まで行きましたよ。

2008年11月伏見稲荷で出会った猫達

  • 枯葉が寝床だって
    伏見のお稲荷さんに行った時に 出会った猫達。 いじめられないのでしょうね。 近づいても全然平気でした。

2008年11月光のルネッサンス2008

  • 19三井ビルのツリー
    光のルネッサンをふらふらと めぐって見た時の写真集

2008年11月大ビルのお稲荷様

  • 07壁面のランプ
    近所の大ビルのお稲荷さまとビルの写真

2008年11月一期一会の茶会

  • 芸妓さんの襟
    サントリーの一期一会のお茶会に参加した時の写真です。 お茶会の様子と、祇園閣の見学の様子を載せました 表紙は全然関係ないけど、きれいな実があったので。

2008年10月東京散歩

  • 東京タワー
    連休にぶらぶら歩きした時の写真

2008年05月10Wのクー君

  • カゴの隙間から
    10Wギャラリーでのクーの写真

2008年05月白州と食

  • 本日の献立
    白州蒸留所での「白州と食」というイベントに参加した時の オードブルの写真です。

2008年05月白州のイベント

  • 帰りの上諏訪駅内の足湯
    5月末に山梨の白州蒸留所を訪れたときの写真です。 参加したイベントの写真は「白州と食」に載せてます。

2008年04月サントリーと京料理

  • 替わりチーズ
    4月13日に参加した「サントリーと京料理」のお料理

2008年03月高台寺・夜咄の茶会

  • 香合
    三月八日に参加した高台寺の夜咄の茶会の写真

2008年03月食遊懐石 萬亀楼

  • 部屋の床の花
    食遊懐石の最後、三月のお店である「萬亀楼」さんでのお料理

2007年10月宇和島のうろつ記

  • 春雨亭を別の角度で
    宇和島を少しだけ散歩したときの写真です。

« 「孫右衛門の巻」 | トップページ | 福田総理が辞任する »

「登仙の巻」でお仕舞い

 またもや、土日とブログの更新ができなかった。その理由はまた別エントリで。

「登仙の巻」 2時間38分 88歳から90歳で亡くなるまで

 いよいよ、十三代目さんの最後の日までをつづった「登仙の巻」にたどり着いてしまった。ほっとすると同時に、もう終わってしまうのかという寂しさも感じつつ。

 この巻で拝見できたのは、「桜門五三切」の五右衛門、「荒川の佐吉」の政五郎、「御浜御殿網豊卿」の新井勘解由、「車引」の藤原時平、「寿式三番叟」の翁、「寿曽我対面」の工藤祐経、「鬼一法眼三略巻の奥庭」の鬼一法眼、「湖水御座船」の佐藤清正

 この演目の多さを見ても、いかに十三代目さんが舞台に立つことが好きだったか、大切だったかが良くわかる。もう、視力はほとんどなしで、足元も覚束ないような日常を過ごされながらも、舞台に立たれるとしゃっきりとなさって、感動を与えてくださる。
 たしかに、演出も少しは変わっているし、口跡のあやしい部分もあるだろうが、それでもおおらかな演技でお芝居をなさっていた。

 「菅原伝授手習鑑」で菅丞相をなさっている時は、半分、神様のようであり、時平をなさっている時も、悪でもあくまでも品の良い公家としての悪なのがすごいなと思ってしまう。
 確か、この南座の顔見世は拝見しているはずだ。十三代目、我當、秀太郎、孝夫、進之助と松嶋屋の総出演のような舞台だった。
 端正な松王丸、やさしげな桜丸、力強い梅王丸と堂々たる時平で堪能したものだ。

 「荒川の佐吉」での情のある、政五郎もよかったし、綱豊卿の新井勘解由も立派だったな。確か、「桜門五三切」の五右衛門は初役でなさったと思う。もう、すごいとしか言い様がない。
 久しぶりの芸談をきく会にお出かけになった時にも、楽しそうにお芝居の話をなさって、骨の髄まで歌舞伎役者なんだなぁと。

 嵯峨野のご自宅のショットに、籐椅子だろうか、ゆったりとなさって目を閉じて、風を感じておられたかの様なご様子があった。
 なんだか、もう俗世のわずらわしさは忘れ去ってしまったかのような、静かな落ち着いた表情を拝見していると、「登仙」の言葉はちっとも大げさじゃないなと思えてしまった。

 当代、仁左衛門様がこの巻を一番とお勧めになる理由がわかるような気がした。

 ちなみに、「登仙」とは人が仙人になること。まさしくそんな感じのする最晩年のお姿であった。

 拝見できて、本当によかった。また上映される機会があれば拝見しに出向こう。

a せっかく感動した感想をつづったが、「登仙の巻」の前の休憩時間の出来事をば。そのときは当代、仁左衛門様のビデオレターがかかっていたのだが、次の上映時間になったので、係りの方が、ビデオを切ろうとした時のことだった。
 当代、仁左衛門様のご贔屓で、よくお見かけする方が、「前の休憩の時も途中で終わって、次の休憩に続きをかけると言っていたのに、巻戻しすぎて、我當さんから始まってしまった。仁左衛門さんが見たいのに・・・・」とクレームを付けられた。実はどら猫も仁左衛門さんのをちゃんと拝見していなかったので、内心、うんうんと思っていたら、係りの方が終演後に、仁左衛門さんの分を放送しますと。ラッキー!!終演後に仁左衛門様のビデオレターを最後までしっかりと拝見して帰りました。

« 「孫右衛門の巻」 | トップページ | 福田総理が辞任する »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>ハヌル様
コメント&TBを有難うございます。
本当にこの映画を拝見できて良かったです。嬉しかった。
晩年にしか拝見していないけど、素敵な役者さんでした。
秀太郎さんが「父は晩年になって注目されてきたんです。」と仰っていましたが、芸の奥って深いですよね。80歳を過ぎてから、開花なさるんだから。
また機会があれば絶対に拝見に行こうと心に決めています。

6作品鑑賞お疲れさまでした。 パチパチ~(拍手)
私は今回、3作品を観ることが出来ましたが、どれも素晴らしいものでした。
「孫右衛門の巻」では孝夫さんと雀右衛門さんの忠兵衛・梅川、我當さんの八右衛門のお稽古の様子、十三代目さんの本舞台の様子をたっぷり観られて涙ながらに感動しました。終わったときに会場から自然に拍手が出たのも良かったですね。

全てが集約されているというか、仁左衛門さんの全てがここにあると感じたのは、今年の3月に下北沢のトリウッドで観ることが出来た「登仙の巻」でした。
一番長い映画なのに、ホントにあっという間なんですよね。
もう一回巻き戻して観せて欲しいとさえ思いました。
本当に舞台が好きな方だったんですね。 だからこそ幸せを感じていられるというような、そしてご家族も同様に・・・。
どら猫さんが演目、役柄を書いてくださっているので確認出来て有り難いです。 しかもご覧になっているなんて~!
自然の音だけがする嵯峨野の御自宅にいらっしゃる静かなお姿を観ているだけでなんかとーっても温かくて癒されました。 まさに「登仙」ですね。

>仁左衛門さんが見たいのに・・・・」とクレームを付けられた。
いらっしゃいましたね。 トリウッドでは映画上映の前に当代の仁左衛門さんのビデオレターが回ごとに流れていたので、今回も何度かに分けて上映前にそういう工夫があればなあ、なんてちょっと思いました。 せっかく松嶋屋の皆さまがコメントを残してくださったんですものね。 
でも、大阪でも上映を実現させていただいた方々には、本当に感謝、感謝ですね!
以前にコメントいただいた拙記事を今更ですがTBさせていただきます。 長々とコメント失礼しました(苦笑) 

>ぴかちゅう様
この巻が一番のお勧めというのは、ビデオレターで仰ったんですよ。
「父を嫌いな人はいないと思いますよ」(大阪弁のアクセントで)と仰ったときのお顔も印象的でした。
「好きな人はおおいけど、嫌いな人も多いゆのはよういてはりますけどねぇ」とも。
ご家族みんなに愛され、観客に愛され、家族を愛し、芝居を愛して一生を送られた方なのだと思いました。

全作品の感想アップ、お疲れ様でした!
>「登仙」とは人が仙人になること。まさしくそんな感じのする最晩年のお姿......この最後の巻のタイトルは言い得ていてさすがでした。本当にそんな感じだと思って観ていました。
>当代、仁左衛門様がこの巻を一番とお勧めになる......そうなんですか?!次回観る機会があったら私もこの巻を最優先にさせていただきます。
仁左衛門丈のビデオレター......もしっかりご覧になれてよかったですね。東京の上映会でのビデオレターと内容も違うのでしょうけれど、それも機会があれば拝見したいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「登仙の巻」でお仕舞い:

» 08/03/09 「歌舞伎役者 十三代目片岡仁左衛門」 5・6【孫右衛門の巻】【登仙の巻】 [ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記]
{/cat_1/} 第5部【孫右衛門の巻】(86分) 1989年(平成元年)10月歌舞伎座での「恋飛脚大和往来」の稽古と舞台のドキュメンタリーで独立した1本。歌舞伎座のロビーでの稽古の様子がいい。今は東劇にちゃんとした稽古場ができたらしいが、いつもの歌舞伎座のあのあたりねぇという感じがいい。 13代目は孫右衛門。梅川の4雀右衛門が若々しい。「新口村」でお世話をする場面など、贅沢な顔合わせだ。忠兵衛が孝夫、八右衛門が我當、おえんが我童と松嶋屋勢揃い。孝夫と我當に稽古をつけながら、太夫にも三味線にもい... [続きを読む]

» 片岡仁左衛門という人たち。 [☆ハヌルのそんな感じやねん☆]
名前を継ぐということは、家を守っていくこと。 300年以上も続く名前、片岡仁左衛門。 仁左衛門さんが講師の歌舞伎入門@日本の伝統芸能。 (NHK教育:毎週水曜日午後2時 / 再放送:毎週火曜日午前5時半) 昨日は「十五代目仁左衛門として生きて」と題して、 本名の片岡孝夫で舞台に出ていたときのことから、 10年前に54歳で仁左衛門を襲名してからの心境など語っている。 温故知新。 それが大事だと語る十五代目仁左衛門さん。 ... [続きを読む]

« 「孫右衛門の巻」 | トップページ | 福田総理が辞任する »