最近のトラックバック

にほんブログ村

  • にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
  • にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ

2011年12月オイル

  • 201112_oil09
    オイルの夜のコース

2011年11月ランデブー・デ・ザミ

  • 07_20111106_cake
    休日に楽しんできたランチの写真です。

2010年03月フジハラビル

  • 09一階から二階への階段
    「モルグ街の白昼夢」を見たビルの写真

2010年02月菅原院天満宮

  • 15御産湯の井
    三月歌舞伎座の「菅原伝授手習鑑」の 成功とご無事をお願いに行きました。

2010年02月護王神社等

  • 11土御門内裏跡の碑
    京都散歩での護王神社の写真等

2010年02猫三昧

  • 13造形芸術大学の子
    20日に京都造形芸術大学の階段でモデルになってくれたニャンズ。 ひたすら猫三昧ですな。

2010年02月京都散歩

  • ラルゴのある小道
    雪が降ったり止んだりの京都散歩の写真です。

2010年01月京都文化博物館

  • 13文化会館金庫室
    京都の文化博物館に映画を見に行った時の写真

2010年01月京都ハリスト教会

  • 10鐘
    京都散歩で見つけた京都ハリスト教会の写真

2010年01月オピュームのランチ

  • 08_カフェムース
    オピュームのランチの写真です。 美味しかったです(^^♪

2010年01月国立劇場他

  • 12舞台の上のにらみ鯛
    初春の国立劇場と文楽劇場の写真です。

2009年11月彦根散策

  • 15ひこにゃんの石像
    昨年のクラブSOJAのイベントの時に 彦根をぶらぶらした時の写真です。

2009年07月神輿洗い

  • 16これでお終い
    神輿洗い(終)を偶然に拝見できたので、 暗い写真が多いけど雰囲気だけでも。

2009年07月二条大橋のニャンズ

  • お母さん猫3
    二条大橋のたもとで遊んでたニャンズ。 人懐こくて、遊んでくれたけど、痛かった(+_+) でも、すっごく可愛かったので許す(*^_^*)

2009年06月の上吉さん

  • お皿のアップ
    引っ下げまぐろに釣られて上吉さんでお食事。

2009年06月京都国立博物館

  • 28同じく床の風景
    京都国立博物館へバロックコンサートを聞きに行った時の写真。博物館と帰り道の散歩のときの写真も少し。

2009年06月オピュームで

  • 04オピュームの入口
    オピュームで開かれたリュートの演奏会の写真。 ご出演の井上さんも写ってますよ。

2009年06月銀座ミニ散歩

  • 10_大わらじ
    あまり天気がよくなかったのだけど、 少しばかりの散歩の写真。

2009年05月霊山寺バラ園

  • Rose09
    霊山寺で咲き誇っている薔薇たち。

2009年05月上池院

  • 10お庭の風景
    高野山・上池院ので昼食とお庭

2009年05月高野山

  • 特急「こうや」
    高野山散歩のメモ写真。 雨だったので、あまり良くないが致し方もなし。

2009年04月大阪倶楽部

  • 14大阪倶楽部
    テレマンの演奏会に行った時の 大阪倶楽部の様子を撮ってきた。 紳士の社交倶楽部だからね、 誰かに連れてきてもらわないと 普段は入れない。

2009年04月オードブルと楽しむ山崎

  • 16_デザート
    4月11日「オードブルと楽しむ山崎 2009"春”」のイベントの写真です。工場内も写してきました。

2009年03月造形する猫?

  • Cat07
     京都造形芸術大学の階段でであった猫たち。 可愛くて、大人しい猫(こ)たちでモデルしてくれた。

2009年02月中央公会堂

  • 04正面から入った所
    この写真はまんぼうショーを見に行った時の 中央公会堂の写真。何度みてもいい建物だ。 今回は内部の写真も載せている。

2009年春の花々

  • 八重山吹
    春の一日に見かけた花々 きれいな花を見ているだけで幸せ気分。 とてもお天気の良かった11日に、出かけて 撮ってきたけど、載せるのが遅くなった。

2009年02月中之島界隈

  • 10水晶橋
    まんぼうショーを中央公会堂に 見に行った時に写してきたもの。

2009年02月根来寺

  • 寒緋桜
    根来寺に行った時の写真です。 桜は五分咲きといったところ。 雨もよいだったのが残念

2009年01月蛸長と近辺

  • 団栗橋からの眺め
    初詣のお初天神の写真と 蛸長さんの写真を何枚か。 おでんが美味しそうに見えると 良いのだけれど。

2009年01月10日の散歩

  • 01浅草寺風景
    浅草公会堂の近所をぶらぶらした時の写真

2008年11月伏見稲荷大社と伏見桃山

  • 杉玉
    伏見稲荷t大社と、伏見桃山を訪れた 時の写真です。壱の峰まで行きましたよ。

2008年11月伏見稲荷で出会った猫達

  • 枯葉が寝床だって
    伏見のお稲荷さんに行った時に 出会った猫達。 いじめられないのでしょうね。 近づいても全然平気でした。

2008年11月光のルネッサンス2008

  • 19三井ビルのツリー
    光のルネッサンをふらふらと めぐって見た時の写真集

2008年11月大ビルのお稲荷様

  • 07壁面のランプ
    近所の大ビルのお稲荷さまとビルの写真

2008年11月一期一会の茶会

  • 芸妓さんの襟
    サントリーの一期一会のお茶会に参加した時の写真です。 お茶会の様子と、祇園閣の見学の様子を載せました 表紙は全然関係ないけど、きれいな実があったので。

2008年10月東京散歩

  • 東京タワー
    連休にぶらぶら歩きした時の写真

2008年05月10Wのクー君

  • カゴの隙間から
    10Wギャラリーでのクーの写真

2008年05月白州と食

  • 本日の献立
    白州蒸留所での「白州と食」というイベントに参加した時の オードブルの写真です。

2008年05月白州のイベント

  • 帰りの上諏訪駅内の足湯
    5月末に山梨の白州蒸留所を訪れたときの写真です。 参加したイベントの写真は「白州と食」に載せてます。

2008年04月サントリーと京料理

  • 替わりチーズ
    4月13日に参加した「サントリーと京料理」のお料理

2008年03月高台寺・夜咄の茶会

  • 香合
    三月八日に参加した高台寺の夜咄の茶会の写真

2008年03月食遊懐石 萬亀楼

  • 部屋の床の花
    食遊懐石の最後、三月のお店である「萬亀楼」さんでのお料理

2007年10月宇和島のうろつ記

  • 春雨亭を別の角度で
    宇和島を少しだけ散歩したときの写真です。

« 「歌舞伎役者 片岡仁左衛門」拝見 | トップページ | 京都でも「歌舞伎役者 片岡仁左衛門」 »

「若鮎の巻」

 土曜日の「歌舞伎役者 片岡仁左衛門」の通し拝見という無謀に近いことをしてしまったが、それだけの価値はあった。

 「若鮎の巻」 1時間42分 昭和62年 夏

 京都、嵯峨野の自宅での稽古風景から始まるこの巻は、若手グループの「若鮎の会」の上演の稽古と上演を記録したもの。

 大蔵卿の稽古風景からだ。吉弥さん(当時は片岡千次郎)や比奈三さん(当時は嵐雛三さん)などのお顔が見える。愛之助(当時、千代丸)さんが愛らしい。

 十三代目さんから口移しで教えてもらっている。三味線は十三代目さんが口三味線でなさっている。扇子で拍子をとり、口で三味線を引いて、お稽古をつけてらっしゃるのだ。違うところは何度も繰り返してご自分で台詞をおっしゃっていた。
 大蔵卿の「公家言葉」のニュアンスは確かに難しそうだ。普段は何気に聞いているが発音するのは大変かもしれない。関西人のどら猫には馴染みはあるけどね。

 生演奏でのお稽古になって、我當さんもお稽古を手伝っている。下座音楽の人たちにも細かく注文を出しておられる十三代目さん。お稽古ってホントに大変なんだな。

 そして、いよいよ本番へ。ダイジェストで拝見したが、お稽古の甲斐あって、公家言葉もまあまあこなしていたようだ。

 今の仁左衛門さんが「義太夫を知らないといけない」ということを仰るのはお父上の影響なんだろうな。

 前日の睡眠不足が祟って、眠くなったらど~しよと思っていたが、そんなことは忘れてしまうくらい、迫力満点の映像だった。

 のこりは5本、先は長いぞっと。

« 「歌舞伎役者 片岡仁左衛門」拝見 | トップページ | 京都でも「歌舞伎役者 片岡仁左衛門」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>ムンパリ様
お返事が遅くなりました。妙に忙しいんですよね。
お隣でご一緒できて、どら猫も楽しかったです。三本、ご覧になるだけでも疲れますもんね。(+_+)
それでも6本とも拝見してよかったと思います。
 京都の喰えないお公家さんの発音ができなくっても当たり前ですよ。何度も聞いているとそのうちに言える様になりますが、いつ使いましょうね。「とっとと、いなしゃませ」ってねぇ。うだうだとうるさく言ってくる上司にでも言ってみますか。

どら猫さん、先日はお隣りで嬉しかったです♪
休憩時間にどら猫さんのコメントとか、登仙の意味とかを聞かせて頂き、おトクな私でした。最後までおつきあいしたかったのですが・・・ホントにおつかれさまでした。
疑問点、他の方もおんなじなんですね♪
そうそう、映画を見ているうちに、自分の関西弁のイントネーションに自信がなくなっていきました。ウウッ!

>yae様
 ご丁寧にコメントを有難うございます。ぴかちゅう様のご質問にもお答えいただいて恐縮です。会場でたまたまご一緒になった方にも質問されて、おやめになったことは知っていたのですが、お名前を失念していましたので、助かります。有難うございました。
 十三代目さんには、何とか間に合っていて、舞台のお芝居を拝見できたことは幸せだと思っています。
 「登仙の巻」を拝見していると、まさしく人から仙になられたかと思いました。
 拙いながら、続きの感想も書いていくつもりです。早くしないと、記憶が・・・になってしまいそうですし(ナサケナヤ)

>ぴかちゅう様
 今回の日程では、一日で6本見ないと、全部は見られなかったのです。なので、無謀とおもいつつも拝見しました。
 「若鮎の巻」は確かに興味をもって取り付きやすいかもしれません。
 ご質問にはyae様が答えてくださってますね(^^♪。あの時に写っていて、今もご活躍の方、「いなしゃまった方」といろいろです。
 続きも急いで書かないと、記憶が薄れそうでヤパイかも。

どら猫さん、こんばんは。

『若鮎の巻』・・十三代目さんだけでなく、今もご活躍の役者さんの情熱が伝わってくる映画ですよね。
・・と書きつつここで、僭越ながらぴかちゅうさんのご質問に答えてしまいますが「いなしゃませ」に苦労していた役者さんは嵐徳也さんです。残念ながら2002年に役者は廃業してしまわれて・・この映画がかかる度に古い見物からは「あんた自身がいなしゃまってどうすんねん」と言われております。

どら猫さんの次の感想、私も楽しみにしております。

私は下北沢トリウッドで3本ずつ2日に分けて土日で通いました。6本を一日で通されたとは脱帽ですm(_ _)m
「若鮎の巻」は一番最初に見ると一気に引き込まれ、残る5本もガンバロウという決意が固まる作品でした。
しかし「いなしゃませ」の関西弁のイントネーションに苦労していた若手さんはどなたでしょう。気になってるんですが(^^ゞ
どら猫さんの感想、次も楽しみにしていま~す(^O^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「若鮎の巻」:

» 08/03/08 「歌舞伎役者 十三代目片岡仁左衛門」 1【若鮎の巻】 [ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記]
{/star/} 上の写真は下北沢トリウッドの公式サイトから、記録映画「歌舞伎役者 片岡仁左衛門」6作品上映企画のチラシ画像。 初日に3本続けて観た。そもそも13代目仁左衛門にここまで興味を持ったきっかけは、ご贔屓の愛之助が部屋子になっていた13代目を尊敬を持って語っているのを聞いたり読んだりしたからだ。木挽堂書店で絶版となっている松島まり乃著『歌舞伎修業―片岡愛之助の青春』も手に入れてしっかり読んでいる。松嶋屋の雰囲気もある程度把握していたので初めて観ても合点できることもあって良かったと思った。 ... [続きを読む]

« 「歌舞伎役者 片岡仁左衛門」拝見 | トップページ | 京都でも「歌舞伎役者 片岡仁左衛門」 »