最近のトラックバック

にほんブログ村

  • にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
  • にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ

2011年12月オイル

  • 201112_oil09
    オイルの夜のコース

2011年11月ランデブー・デ・ザミ

  • 07_20111106_cake
    休日に楽しんできたランチの写真です。

2010年03月フジハラビル

  • 09一階から二階への階段
    「モルグ街の白昼夢」を見たビルの写真

2010年02月菅原院天満宮

  • 15御産湯の井
    三月歌舞伎座の「菅原伝授手習鑑」の 成功とご無事をお願いに行きました。

2010年02月護王神社等

  • 11土御門内裏跡の碑
    京都散歩での護王神社の写真等

2010年02猫三昧

  • 13造形芸術大学の子
    20日に京都造形芸術大学の階段でモデルになってくれたニャンズ。 ひたすら猫三昧ですな。

2010年02月京都散歩

  • ラルゴのある小道
    雪が降ったり止んだりの京都散歩の写真です。

2010年01月京都文化博物館

  • 13文化会館金庫室
    京都の文化博物館に映画を見に行った時の写真

2010年01月京都ハリスト教会

  • 10鐘
    京都散歩で見つけた京都ハリスト教会の写真

2010年01月オピュームのランチ

  • 08_カフェムース
    オピュームのランチの写真です。 美味しかったです(^^♪

2010年01月国立劇場他

  • 12舞台の上のにらみ鯛
    初春の国立劇場と文楽劇場の写真です。

2009年11月彦根散策

  • 15ひこにゃんの石像
    昨年のクラブSOJAのイベントの時に 彦根をぶらぶらした時の写真です。

2009年07月神輿洗い

  • 16これでお終い
    神輿洗い(終)を偶然に拝見できたので、 暗い写真が多いけど雰囲気だけでも。

2009年07月二条大橋のニャンズ

  • お母さん猫3
    二条大橋のたもとで遊んでたニャンズ。 人懐こくて、遊んでくれたけど、痛かった(+_+) でも、すっごく可愛かったので許す(*^_^*)

2009年06月の上吉さん

  • お皿のアップ
    引っ下げまぐろに釣られて上吉さんでお食事。

2009年06月京都国立博物館

  • 28同じく床の風景
    京都国立博物館へバロックコンサートを聞きに行った時の写真。博物館と帰り道の散歩のときの写真も少し。

2009年06月オピュームで

  • 04オピュームの入口
    オピュームで開かれたリュートの演奏会の写真。 ご出演の井上さんも写ってますよ。

2009年06月銀座ミニ散歩

  • 10_大わらじ
    あまり天気がよくなかったのだけど、 少しばかりの散歩の写真。

2009年05月霊山寺バラ園

  • Rose09
    霊山寺で咲き誇っている薔薇たち。

2009年05月上池院

  • 10お庭の風景
    高野山・上池院ので昼食とお庭

2009年05月高野山

  • 特急「こうや」
    高野山散歩のメモ写真。 雨だったので、あまり良くないが致し方もなし。

2009年04月大阪倶楽部

  • 14大阪倶楽部
    テレマンの演奏会に行った時の 大阪倶楽部の様子を撮ってきた。 紳士の社交倶楽部だからね、 誰かに連れてきてもらわないと 普段は入れない。

2009年04月オードブルと楽しむ山崎

  • 16_デザート
    4月11日「オードブルと楽しむ山崎 2009"春”」のイベントの写真です。工場内も写してきました。

2009年03月造形する猫?

  • Cat07
     京都造形芸術大学の階段でであった猫たち。 可愛くて、大人しい猫(こ)たちでモデルしてくれた。

2009年02月中央公会堂

  • 04正面から入った所
    この写真はまんぼうショーを見に行った時の 中央公会堂の写真。何度みてもいい建物だ。 今回は内部の写真も載せている。

2009年春の花々

  • 八重山吹
    春の一日に見かけた花々 きれいな花を見ているだけで幸せ気分。 とてもお天気の良かった11日に、出かけて 撮ってきたけど、載せるのが遅くなった。

2009年02月中之島界隈

  • 10水晶橋
    まんぼうショーを中央公会堂に 見に行った時に写してきたもの。

2009年02月根来寺

  • 寒緋桜
    根来寺に行った時の写真です。 桜は五分咲きといったところ。 雨もよいだったのが残念

2009年01月蛸長と近辺

  • 団栗橋からの眺め
    初詣のお初天神の写真と 蛸長さんの写真を何枚か。 おでんが美味しそうに見えると 良いのだけれど。

2009年01月10日の散歩

  • 01浅草寺風景
    浅草公会堂の近所をぶらぶらした時の写真

2008年11月伏見稲荷大社と伏見桃山

  • 杉玉
    伏見稲荷t大社と、伏見桃山を訪れた 時の写真です。壱の峰まで行きましたよ。

2008年11月伏見稲荷で出会った猫達

  • 枯葉が寝床だって
    伏見のお稲荷さんに行った時に 出会った猫達。 いじめられないのでしょうね。 近づいても全然平気でした。

2008年11月光のルネッサンス2008

  • 19三井ビルのツリー
    光のルネッサンをふらふらと めぐって見た時の写真集

2008年11月大ビルのお稲荷様

  • 07壁面のランプ
    近所の大ビルのお稲荷さまとビルの写真

2008年11月一期一会の茶会

  • 芸妓さんの襟
    サントリーの一期一会のお茶会に参加した時の写真です。 お茶会の様子と、祇園閣の見学の様子を載せました 表紙は全然関係ないけど、きれいな実があったので。

2008年10月東京散歩

  • 東京タワー
    連休にぶらぶら歩きした時の写真

2008年05月10Wのクー君

  • カゴの隙間から
    10Wギャラリーでのクーの写真

2008年05月白州と食

  • 本日の献立
    白州蒸留所での「白州と食」というイベントに参加した時の オードブルの写真です。

2008年05月白州のイベント

  • 帰りの上諏訪駅内の足湯
    5月末に山梨の白州蒸留所を訪れたときの写真です。 参加したイベントの写真は「白州と食」に載せてます。

2008年04月サントリーと京料理

  • 替わりチーズ
    4月13日に参加した「サントリーと京料理」のお料理

2008年03月高台寺・夜咄の茶会

  • 香合
    三月八日に参加した高台寺の夜咄の茶会の写真

2008年03月食遊懐石 萬亀楼

  • 部屋の床の花
    食遊懐石の最後、三月のお店である「萬亀楼」さんでのお料理

2007年10月宇和島のうろつ記

  • 春雨亭を別の角度で
    宇和島を少しだけ散歩したときの写真です。

« 観劇三昧の遊山もおしまい | トップページ | 浅草のちとびっくり »

プロフェッショナルの玉様

NHKのプロフェッショナル「仕事の流儀」に玉様がご出演ということで楽しみにしていた。見終わって「凄いなぁ」としか言いようがない。

あの美しい舞台はこうやって出来ていくのかと感心することしきり。舞台の間は自宅と劇場の往復だけ。声を守るために友人と電話も控えるって・・

日経ビジネスオンラインには、茂木さんの記事も載っている。放送されなかった部分のお話もあるので、一読されると面白いと思う。長い記事なのだが、本体が読めなくなると惜しいので、続きに引き写させていただく。

玉三郎さんに「学習と発見」の方法を教わる

~歌舞伎役者 坂東玉三郎~

  • 2008年1月15日 火曜日
  • 茂木 健一郎
視点

 今回、お話を伺った歌舞伎役者の坂東玉三郎さんは、女形を演じることを「音楽の演奏」に例えて説明してくださった。女形というのは、女という“音符としての仕草”を通して、音楽を奏でている。それは女優がやっていることも同じで、たまたま男の肉体を持っているか女の肉体を持っているかというだけの差である。女らしさを「演奏している」という意味においては同じである。

 しかも人々が感じる魅力は、抽象的な「女らしさ」から受けている。逆に言うと、生身の人間の部分がそれを邪魔をしてはいけない。その向こうに見える、決して届かないような何かが見えたときに感動するのだと、玉三郎さんは言われていた。

 実は今回、玉三郎さんから「女形の仕草」を教えてもらっている時に、いままで感じたことのない妙な感じがした。普通、先生というのは「こうやりなさい」と言って、それと合っているか、違っているかということしか見ていない。しかし玉三郎さんは何か違うものを見ている感じがしていた。

 私が足の角度を変えて、自分の中で何か見つけた時、すかさず「それだ!」と玉三郎さんは言った。相手のことをよく観察していて、相手が自ら発見した時に「それだ!」と指摘してあげる。これは素晴らしいメソッドだ。私も学生や子供に対してさっそく応用しようと思う。

 学習というのは自分で発見するしかない。このことは学習理論として、我々も前から言っていたことだ。自分で発見するしかないのだが、それが経験を積んだ先輩がそこにいて、何か発見のトバ口があった時に「それだ!」と、指摘してくれることによって「学習と発見」が促進される。玉三郎さんのやり方は、非常に理屈が合っている。

 玉三郎さんとお話していて、まず驚いたのは文学的なものはどちらかというと苦手で、数字が好きだということ。何かを作るには感性だけで済む話ではなく、理屈や方法が必要だ。常々そう思っているのだが、玉三郎さんもそうだった。やはり鑑賞者と創造者は違うところがある。

 ただ、その「理詰め」が、「賢い」とかそういうことではなく、「のめり込む」という形になっているのが玉三郎さんの最大の才能なのだと、よく分かった。なかなかあそこまでのめり込めないし、のめり込むとそれだけの見返りがある豊かな世界であり、それが歌舞伎というものが持っている普遍性なのだろう。

 玉三郎さんの舞台が、生き生きとして切なくて、そう感じられていたのは、玉三郎さん自身が自分の芸がもう円熟したとか、超絶の世界へ達したと思っているのではない。「もう踊れなくなるかも知れない」、「できなくなるかもしれない」という、不安や切なさを抱えていたからこそ、新鮮で生き生きとした印象が出ていたのだと、今回、よく分かった。それでさえ、玉三郎さんの本質のごく一部分しか掴めていないのだと思う。

 今回、「グローバリズム」について玉三郎さんがすごくポイントになることをおっしゃっていた。グローバルに通用するエンターテインメントとして、例えばハリウッド映画のように、結果として同じようなものを出すことを求めがちだ。しかし、玉三郎さんは「同じ喜び方をするものであれば、形は違ってもいいじゃないか」と、おっしゃっていた。

 片方は300万人が見て、片方が3000人見るのでもいい。ただそのムラが閉鎖的でなければ、1つのムラだけで喜びを感じているのでもいいとおっしゃっていた。

 例えばアメリカ人はあるものを見て喜んでいる。でも日本人は歌舞伎を見て喜んでいる。日本語も分かるし、文化も伝統も分かっているし、ある喜びを持っている。その喜びはアメリカ人がドメスティックな文化に裏打ちされたものを見て感じている喜びと同じだということだ。

 「喜び」における普遍性というものがあれば、それを引き出している形というものは別に同じである必要はないということを玉三郎さんは言われていた。これから日本人が、どう普遍性を突き詰めていくかを考える上で大事なことだと思う。

« 観劇三昧の遊山もおしまい | トップページ | 浅草のちとびっくり »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>ぴかちゅう様
コメント&TBを有難う御座います。
記事の紹介がお役にたって嬉しいです。長いかなと思ったのですが、内容の濃い記事だったので残しておきたくて。
「踊れなくなったら、何にもなくなってしまう」と仰るくらい踊りが人生そのものになってらっしゃるんだなと感動しました。関西の公演はしっかりと拝見してまた感想を書きたいと思います。
録画した映像はお宝になりますね。

どら猫さん、日経ビジネスオンラインの茂木さんの記事のご紹介、有難いです(なかなか自分ではそこまで見つける余裕がないのです)。
玉三郎丈の舞台をしっかり観るようになってからまだまだ数年といった私なので、今回初めて知ったことも多かったです。貴重な番組でした。ビデオに録画したので噛みしめながら見直してしまいました。
病弱な身体なのに舞台に対する思いがあんなに強いから、ストイックなまでに自分を管理して「明日の舞台のことだけを考える」姿勢になられたんですね。あの奇跡のような美しさは、そういうストイックな姿勢からしか生まれないのだと納得できてしまいました。
これからも東京での舞台はなるべくしっかり観たいと思います。

>みゆみゆ様
コメント&TBを有難う御座います。歌舞伎を見るきっかけが玉様だったのですね。ぢつはどら猫もそれに近いです。美しさと声のあやしさに惹かれました。2月、3月と関西公演が続きますのでとても楽しみです。

本当にすごいなぁとしか言えませんね。
舞台裏を見て、これからもますます玉三郎さんの舞台が楽しみになりました。

>かしまし娘さま
コメント、TB有難うございます。
あのストイックさってすごいですよね。そして芸の話をしているときと、他の話題の時の玉様の落差ってすごいとおもいません?
時々、小さな子供のようなあどけなさが見られるようで、可愛らしく見えることがあります。
舞台では絶対に見られない、すがおの玉様も素敵でした。

どら猫様、まいど!
あのノーブルな横顔に秘められたストイックな生活ぶりに、
ただただヒャ~です。

今までのインタビューでは、あまり見掛けない、
玉三郎の表情が満載っっ。
なんてったって、素顔がとってもチャーミング♪
クラクラっときちゃいました。

昭和の巨匠・歌右衛門とは一線を画する玉三郎の女形。
ここにきて、輝きを増していると感じています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナルの玉様:

» 坂東玉三郎 プロフェッショナル [バリバリかしまし娘〜まいど!]
ノーブルな女神のストイックな生活 [続きを読む]

» プロフェッショナル仕事の流儀 坂東玉三郎 [みゆみゆの徒然日記]
 妥協なき日々に、美は宿る  私が歌舞伎を見ようと思ったきっかけは玉三郎さんを見たいと思ったからです。そして、またそれから何年も経った今も玉三郎さんの舞台を楽しんでいます。初めて玉三郎さんの美しい女形の写真を見た時の衝撃は今も覚えています。  NHKプロフェッショナル仕事の流儀という、さまざまな分野の第一線で活躍する方を取り上げた番組に玉三郎さんが取り上げられました。  九月、十月、十二月の歌舞伎座の舞台裏の密着もありました。いずれも実際に見た舞台の舞台裏でしたので、とても興味深かったです。十月... [続きを読む]

» 08/01/15 NHK「プロフェッショナル」の玉三郎 [ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記]
{/tv/} 娘の成人式の疲れを引きずる1週間ではあったが、翌日のNHK「プロフェッショナル」の玉三郎の回はビデオ録画しながらちゃんと観た。 9・10・12月歌舞伎座での出演演目の稽古の様子や舞台裏、初日の舞台などの映像が続くとぐいぐいと引き込まれてしまう。 玉三郎は小児麻痺にかかり1歳半頃には歩けなかったし、その後遺症で右足が少し短いのだという。衣裳を着る時に足袋の中にフェルトを敷いている映像に驚いた。幼少期にかかった小児麻痺で足が不自由だったので日本舞踊を始めたという話を聞いたことがあるが、今... [続きを読む]

« 観劇三昧の遊山もおしまい | トップページ | 浅草のちとびっくり »