最近のトラックバック

にほんブログ村

  • にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
  • にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ

2011年12月オイル

  • 201112_oil09
    オイルの夜のコース

2011年11月ランデブー・デ・ザミ

  • 07_20111106_cake
    休日に楽しんできたランチの写真です。

2010年03月フジハラビル

  • 09一階から二階への階段
    「モルグ街の白昼夢」を見たビルの写真

2010年02月菅原院天満宮

  • 15御産湯の井
    三月歌舞伎座の「菅原伝授手習鑑」の 成功とご無事をお願いに行きました。

2010年02月護王神社等

  • 11土御門内裏跡の碑
    京都散歩での護王神社の写真等

2010年02猫三昧

  • 13造形芸術大学の子
    20日に京都造形芸術大学の階段でモデルになってくれたニャンズ。 ひたすら猫三昧ですな。

2010年02月京都散歩

  • ラルゴのある小道
    雪が降ったり止んだりの京都散歩の写真です。

2010年01月京都文化博物館

  • 13文化会館金庫室
    京都の文化博物館に映画を見に行った時の写真

2010年01月京都ハリスト教会

  • 10鐘
    京都散歩で見つけた京都ハリスト教会の写真

2010年01月オピュームのランチ

  • 08_カフェムース
    オピュームのランチの写真です。 美味しかったです(^^♪

2010年01月国立劇場他

  • 12舞台の上のにらみ鯛
    初春の国立劇場と文楽劇場の写真です。

2009年11月彦根散策

  • 15ひこにゃんの石像
    昨年のクラブSOJAのイベントの時に 彦根をぶらぶらした時の写真です。

2009年07月神輿洗い

  • 16これでお終い
    神輿洗い(終)を偶然に拝見できたので、 暗い写真が多いけど雰囲気だけでも。

2009年07月二条大橋のニャンズ

  • お母さん猫3
    二条大橋のたもとで遊んでたニャンズ。 人懐こくて、遊んでくれたけど、痛かった(+_+) でも、すっごく可愛かったので許す(*^_^*)

2009年06月の上吉さん

  • お皿のアップ
    引っ下げまぐろに釣られて上吉さんでお食事。

2009年06月京都国立博物館

  • 28同じく床の風景
    京都国立博物館へバロックコンサートを聞きに行った時の写真。博物館と帰り道の散歩のときの写真も少し。

2009年06月オピュームで

  • 04オピュームの入口
    オピュームで開かれたリュートの演奏会の写真。 ご出演の井上さんも写ってますよ。

2009年06月銀座ミニ散歩

  • 10_大わらじ
    あまり天気がよくなかったのだけど、 少しばかりの散歩の写真。

2009年05月霊山寺バラ園

  • Rose09
    霊山寺で咲き誇っている薔薇たち。

2009年05月上池院

  • 10お庭の風景
    高野山・上池院ので昼食とお庭

2009年05月高野山

  • 特急「こうや」
    高野山散歩のメモ写真。 雨だったので、あまり良くないが致し方もなし。

2009年04月大阪倶楽部

  • 14大阪倶楽部
    テレマンの演奏会に行った時の 大阪倶楽部の様子を撮ってきた。 紳士の社交倶楽部だからね、 誰かに連れてきてもらわないと 普段は入れない。

2009年04月オードブルと楽しむ山崎

  • 16_デザート
    4月11日「オードブルと楽しむ山崎 2009"春”」のイベントの写真です。工場内も写してきました。

2009年03月造形する猫?

  • Cat07
     京都造形芸術大学の階段でであった猫たち。 可愛くて、大人しい猫(こ)たちでモデルしてくれた。

2009年02月中央公会堂

  • 04正面から入った所
    この写真はまんぼうショーを見に行った時の 中央公会堂の写真。何度みてもいい建物だ。 今回は内部の写真も載せている。

2009年春の花々

  • 八重山吹
    春の一日に見かけた花々 きれいな花を見ているだけで幸せ気分。 とてもお天気の良かった11日に、出かけて 撮ってきたけど、載せるのが遅くなった。

2009年02月中之島界隈

  • 10水晶橋
    まんぼうショーを中央公会堂に 見に行った時に写してきたもの。

2009年02月根来寺

  • 寒緋桜
    根来寺に行った時の写真です。 桜は五分咲きといったところ。 雨もよいだったのが残念

2009年01月蛸長と近辺

  • 団栗橋からの眺め
    初詣のお初天神の写真と 蛸長さんの写真を何枚か。 おでんが美味しそうに見えると 良いのだけれど。

2009年01月10日の散歩

  • 01浅草寺風景
    浅草公会堂の近所をぶらぶらした時の写真

2008年11月伏見稲荷大社と伏見桃山

  • 杉玉
    伏見稲荷t大社と、伏見桃山を訪れた 時の写真です。壱の峰まで行きましたよ。

2008年11月伏見稲荷で出会った猫達

  • 枯葉が寝床だって
    伏見のお稲荷さんに行った時に 出会った猫達。 いじめられないのでしょうね。 近づいても全然平気でした。

2008年11月光のルネッサンス2008

  • 19三井ビルのツリー
    光のルネッサンをふらふらと めぐって見た時の写真集

2008年11月大ビルのお稲荷様

  • 07壁面のランプ
    近所の大ビルのお稲荷さまとビルの写真

2008年11月一期一会の茶会

  • 芸妓さんの襟
    サントリーの一期一会のお茶会に参加した時の写真です。 お茶会の様子と、祇園閣の見学の様子を載せました 表紙は全然関係ないけど、きれいな実があったので。

2008年10月東京散歩

  • 東京タワー
    連休にぶらぶら歩きした時の写真

2008年05月10Wのクー君

  • カゴの隙間から
    10Wギャラリーでのクーの写真

2008年05月白州と食

  • 本日の献立
    白州蒸留所での「白州と食」というイベントに参加した時の オードブルの写真です。

2008年05月白州のイベント

  • 帰りの上諏訪駅内の足湯
    5月末に山梨の白州蒸留所を訪れたときの写真です。 参加したイベントの写真は「白州と食」に載せてます。

2008年04月サントリーと京料理

  • 替わりチーズ
    4月13日に参加した「サントリーと京料理」のお料理

2008年03月高台寺・夜咄の茶会

  • 香合
    三月八日に参加した高台寺の夜咄の茶会の写真

2008年03月食遊懐石 萬亀楼

  • 部屋の床の花
    食遊懐石の最後、三月のお店である「萬亀楼」さんでのお料理

2007年10月宇和島のうろつ記

  • 春雨亭を別の角度で
    宇和島を少しだけ散歩したときの写真です。

« 蝉しぐれ観劇 | トップページ | 愛之助さんがラジオで(明朝まで) »

ハリー・ポッター不死鳥の騎士団

不死鳥の騎士団を見てきた。ハリー達もすっかり大人になってしまっていた。ハーマイオニーはとても綺麗になっていた。この子の綺麗さは好きだな。

ネタばれがあるので、これから見る方はご注意を。

ヴォルデモートが復活して話も佳境に入ってくる。本で読んでも複雑な筋立てで、映画になったらどうかなと思っていた。見てみると、やっぱりかなりわかりにくくなっていると思った。詳細な部分が飛ばされているのは仕方が無いだろう。全部、映像にしていたら何時間かかることやら。

ドローレス・アンブリッジの演技がすごくいい。官僚的で嫌味で独善的な教師の役をうまくこなしている。まあこの女優さんはベネチア映画祭主演女優賞受賞だしね。

最初からわりと衝撃的な画像だ。デス・イーターがハリーを襲う場面から始まる。その襲撃から身を守る魔法を使って、退学を命じられるという始まり方がいいかなと思ったのだけど。

そこから先が少し展開が速くなっていき、ついていくのが大変になる。とくに不死鳥の騎士団の意味が解りにくいのが難点かもしれない。本部に行くときの画像も面白い。

ルーナ・ラブグッド役の女のこも素敵だ。原作ではもっと抜けた子のように感じたけど、美人だし思慮深そうな魅力的な女の子。

ウィーズリー兄弟が肝心袋の緒を切ってしまい、試験の最中に騒ぎを起こすところはとても楽しい。でも、もっと派手にやって欲しかったと思うのもホント。時間が短いので本の中の派手さには及ばない気がする。勿体無いなぁ。面白そうなのに。

ヴォルデモートとの対決の場面でのダンブルドアがカッコいい。今回の出番は少ないと思っていたが最後にいい場面で活躍する。初代のダンブルドアが好きだったのだけど、今回の活躍で評価大だな。

あと、2作残っていたと思ったが、ヴォルデモートかハリーのどちらかが死なないといけないというのが明らかになった以上、どういう風に、戦って勝っていくかが描かれていくのだろう。まさかヴォルデモートが勝つということはないだろうから、結果がわかったようなものだ。でも、また見に行くだろうな。

« 蝉しぐれ観劇 | トップページ | 愛之助さんがラジオで(明朝まで) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッター不死鳥の騎士団:

« 蝉しぐれ観劇 | トップページ | 愛之助さんがラジオで(明朝まで) »